スマホでラインをする中学生の実態を知ってる人いませんか?

Q.png【質問】
中学生の子供にスマホを持たせる予定なのですが、心配です。私は、29歳で、中学生の母親です。
主人は、営業関係の仕事をしていて、忙しい日々です。
子供のことは、私1人が見ています。

子供にせがまれて、スマホを買う約束をしました。

でも心配なのです。
ニュースで、中学生のLINEいじめを見ました。
クラス内で、LINEでグループを作っている。
LINEを通して、仲間はずれをやる。
こうしたニュースを見ると、怖くなります。

私が中学生の頃は、携帯電話を持っている人は少数でした。
高校生になり、やっと携帯電話が持てたのです。
(地方出身だからかも、しれませんが。)

時代が違う、と言われればそれまでです。
でも、やはり、中学生にスマホは早すぎると思います。

それで質問です。
現在の中学生は、みんなスマホを持っているのでしょうか?
LINEで、仲間はずれがありますか?
それがあったとき、どうしたらいいのでしょうか?

主人が当てにならないので、ここでお聞きするのです。
実際に中学生のお子さんをお持ちの方。
あるいは、中学生の事情をご存じの方。
どうか、回答をよろしくお願いします。

■そもそもLINEとは?

中学生のいじめの温床となっているとニュースなどでも取り上げ
られることが多いLINE。

では、そもそもLINEとは、どのようなものなのでしょうか?

まず、LINEは無料でメールのやり取りや音声電話、テレビ電話が
できるオンラインサービスです。

仲のいい友達やインターネット上で知り合った友達とも簡単に連絡を
取れることから人気となっているツールです。

そして、LINEでの機能にはグループと呼ばれるものがあり、好きな
相手だけを対象としてメッセージの交換ができます。

このグループからコミュニケーションをとる対象となっている相手を
外すことを「グループ外し」と呼びますが、これが今問題となっているのです。

「グループ外し」を学校でいつも話している相手にされると
とても不安にあり、実際の人間関係にも悪影響を及ぼします。

そして、最悪の場合学校そのものに行きづらくなってしまうのです。
LINEの「グループ外し」からいじめが始まるケースもあります。

とはいえ、LINEのグループ機能にはメリットも多くあるのです。

■LINEのグループ機能

LINEのグループ機能はクラス、同級生、部活、個人的なグループなど
自分の好きなジャンルに友達を分けてグル―プを作ることができます。

部活友達同士で連絡を取りたい時も便利に使えるので、それが
人気の理由でしょう。

また、新しい人をグループに入れることも簡単にできます。
そして、自分からグループを脱退することもできるのです。

ここまでは、便利で役に立つ機能ですね。しかし、自分でグループに
入れた人を強制でグループから外せる機能もあるのです。

それが、さきほどもお話ししたグループ外しなのです。

LINEアプリを起動し、友達タブをタップして、グループ名をタップします。
参加者のアイコンが表示されますので、「編集」をタップし削除ボタンを
タップします。

このような手段で簡単に外せてしまうのです。LINE側に申請したり
する必要がないため、ちょっとしたことでグループ外しを行う学生は
多くいます。

■中学生のLINE利用率

現在、中学生でLINEを利用している人は47%と半数以下となっています。
そして、YOUTUBEは70%、Twitterは30%という割合です。

クラスの半分以下の人がやっているアプリですので、実生活への
影響もとても大きいものがあります。

子供にスマホを買い与える前に、中学生のLINEの実態を話し、
自分から友達をグループ外ししたりしないように注意をしておきましょう。

■こどもたちのLINEを保護者はどう見ている!?

LINEなどのSNSを保護者はどのように感じているのでしょうか?
ここでは、一部の保護者の意見をご紹介いたしましょう。

「高校に入ったらクラスの連絡網や部活の連絡網がLINEであることが
ほとんどだから中学生のうちから使い方を覚えておいた方がいい」

「ネットを利用するなら、家族と兼用のノートPCの方がトラブルに
巻き込まれなくていいと思う」

「自分で料金を支払えるようになってから、価格と価値を考えて
スマホも購入した方がいい」

など様々な意見があります。必要性を少しは感じているけれど、
まだ早いのではないかという考えのようです。

また、スマホを持っている中学生のお子さんがいる保護者の方に
向けたアンケートで「お子さんの勉強時間は減りましたか?」
という質問に対しては、以下のような返答です。

中学1年生では「増えたが8%、変わらないが56%、減ったが63%」
となっています。

2年生、3年生も同じような割合ですので、お子さんたちはスマホを
持った後も、しっかり勉強しているようですね。

■親子で話し合い、独自のルールを作りましょう

子供たちは人生で初めて持つスマホで、いいことばかりではなく、
当然悪いこともしてしまいます。

それを事前に防ぐためにスマホを持つ際のルールを徹底しておきましょう。

まず、勉強している時は、手の届くところにスマホをおかないこと、
そして、テスト期間はスマホを親に預けること、
更に、ゲームでもLINEでもスマホはリビングで親がいるところで操作すること。

こういった細かいルール作りを事前にしておくことが大切です。

そうスタルールを親子で話し合い、作っておきましょう。

何かトラブルがあれば、その度にルールを変更していきましょう。

高校に入ると部活やクラス連絡網の手段として、LINEが定着している
という現実もありますし、未成年がスマホを持つこと、LINEをすることは
さけて通れない時代になって来ています。

スマホやLINEにはメリットも多くあります。
しっかりと把握して正しい使い方をお子さんに指導していきましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。