eメールアドレスや電話番号は格安スマホにすると変わる?

Q.png【質問】
格安スマホについて、易しく教えてください。私は、40代の女性です。
バツイチの独身です。
現在は、家で、パソコンを使って仕事をしています。
OCN光回線で、デルのウインドウズ8.1の機械です。

携帯電話はガラケーを使っています。
スマホは料金が高い、ということで、買いませんでした。
どうせ、メールをするくらいですから。
兄弟に、ほとんど毎日cメール。
友人に、週1くらいでeメール。
そして、たまに、仕事先に電話をする程度です。

ところが、格安スマホが出たことを知りました。
値段が、ガラケーとほとんど同じです。
これなら、買ってもいいかな、と思います。
スマホで仕事が出来るなら、ファミレスなどで使いたいですから。

そこで質問です。
格安スマホでは、検索機能はありますか?
具体的には、英和辞書、国語辞書の辞書機能。
それに、郵便番号の検索などです。

日本語入力は、どうなっているのでしょうか?
今はATOKですが、同じような機能があるのでしょうか?

ガラケーの方の電話番号やメルアドは、どうなりますか?
もちろん、そのまま変更しないで使いたいのです。

動画、音楽、ゲームなどは、やるつもりはありません。

こうした条件が、クリアされるとして。
どれを買えばいいでしょうか?
オススメがあれば、教えてください。

回答を、お願いします。

■格安スマホはMNPが使えます!

格安スマホはMNP番号を使って機種変更することができます。

MNP番号とは、ケータイの電話番号やメールアドレスをそのまま
他の機種へ機種変更する際に必要となる番号のことです。

まず、現在、質問者様が使っているケータイのショップへ行き、
MNP番号を取得します。

その後、これから使いたい格安スマホを購入します。

購入の際にMNP番号を聞かれたり、オンラインでの購入の場合は、
MNP番号を入力する欄がありますので、入力します。

こうすることで、現在の質問者様の電話番号のままで、
格安スマホへ機種変更することができます。

しかし、メールアドレスは、変更となります。
理由は格安スマホ自体にメールアドレスがつかないのです。

格安スマホでメールをする場合は、LINEなどの無料アプリを
ダウンロードするか、Gmailなどの無料のメールサービスを
利用するかです。

意外と簡単にできるので、心配はいりませんよ。

そして、「格安スマホはいつ解約しても違約金がない」という
お話しですが、実は該当する機種としない機種があります。

その辺をしっかり調べた上で購入するようにしましょう。

現在は、さまざまな会社が格安スマホを販売しています。

通常のスマホと同じように、会社や機種によって、その料金
システムや端末料金は違うのです。

どの会社がいいのか、その機種がいいのかしっかりと情報を
把握することが大切です。

また、格安スマホは通信速度が遅いのが最大のデメリットですが、
通常のweb閲覧のみなら問題なく楽しむことができます。

また、SNSの利用もスムーズに行うことができます。

しかし、動画やオンラインゲームなどは利用できません。

機種や格安SIMカードによっては音声電話も利用できないものも
あるのです。

こういった場合は、LINEなどの無料通話アプリを使いましょう。
また、楽天でんわなどの通信料が安いアプリもあります。

そして、月額ですが現在は2,000円前後のものから3,000円代
のものまでさまざまです。

しかし、どの格安スマホにも共通していることですが、ネット
使い放題というサービスはありません。

ビックカメラの格安スマホの中に、ネット制限がない機種があり
ますが、通信速度がとても遅いためストレスを感じてしまいます。

■ビックカメラの格安スマホがおススメ!

ビックカメラの格安スマホは、ドコモと同じ通信エリアを利用して
通信を行います。

ですので、とても広い範囲で安定した通信を行うことができるのです。
ビックカメラの格安スマホには、以下のような機種があります。

ビックカメラ「Ascend G6」 本体価格は32,184円です。
月々1,300円を24回払いで支払うことも出来ます。

一番最初の月だけ2,284円となります。
最低利用期間は1年間です。違約金が10,800円以下となっています。

初期費用は3,240円となっています。
月々の利用料金は3,034円です。

■格安スマホを使うならLINEをダウンロードしましょう!

格安スマホは無料通話サービスがありません。
ですので、LINEなどの無料通話アプリをダウンロードすると
そうしたデメリットを防ぐことができます。

LINEはいま最も人気の無料通話アプリで、無料でメール、
音声電話、テレビ電話を楽しむことができます。

また、かわいいスタンプも多数無料で使うことができますので、
お手軽に楽しむことができます。

■通信速度を測れるアプリで定期的にチェック!

格安スマホは、通信速度が遅いのが大きなデメリットとなります。

そこで、無料でダウンロード出来て、簡単にスマホの通信速度を
測定できるサプリを事前にダウンロードしておきましょう。

自分の今いる場所の通信速度を把握できれば、通信速度が
遅いところでは、電源を切るなどの対処ができます。

スマホは電波が悪いところでは、必死になって電波を拾おうとします。
そのため、とても多くの電力を消費することになります。

そうならないように、電波が悪い、と感じたらすぐに電源を
オフにするようにしてください。

■公共無線LANの設置スポット

格安スマホなどのように、通信速度が遅くなかなかつながり
にくい通信機器は、公共無線LANを活用しましょう。

公共無線LANとは、主に、ファストフード店やショッピングモール、
駅構内などに設置されている無料で使える通信スポットのことです。

そこへ行けば、安定した通信環境でSNSをチェックしたり、
メールを受診したりできます。

他にも、街中には、スマホをより一層便利に使うサービスが
多く設置されています。

様々なサービスを利用してより一層、快適に格安スマホを
どんどん利用するようにしましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









eメールアドレスや電話番号は格安スマホにすると変わる? はコメントを受け付けていません。 格安スマホQ&A