エリアメールが使える最近の格安スマホはどんな機種?

Q.png【質問】
エリアメールを使える格安スマホを、教えてください。私は、28歳の女性です。
独身で1人暮らしです。
介護福祉士の資格を持っていて、都内の介護施設で働いています。
仕事はきつく、給料は、それほどよくありません。

賃貸のマンションに住んでいるのですが。
ぎりぎり貯金が出来るくらいです。
前に一度、スマートフォンを買おうと思ったことがあります。
でも、かなり高いので、止めました。
古い携帯電話を使い続けているのです。

ところが、最近、格安スマホのことを知りました。
これなら、携帯電話と同じくらいの料金です。
格安スマホに移行するつもりで、計画しています。

それで質問なのですが。
携帯スマホは、普通のスマホと同じ機能があるのでしょうね?
動画が遅くなる、とかの制約があるのですか?

現在の携帯電話の電話番号や、メルアドは、そのまま移行できますか?
エリアメールは、格安スマホで使えますか?
特に、電話番号の移行とエリアメール使用可は、絶対条件です。
これらが出来る格安スマホを教えてください。
もし複数あるのなら。
その中でのオススメは、どれですか?
具体的な機種名を教えてください。

どうか、回答をお願いします。

■エリアメールを受けられる格安スマホは?

格安スマホの中には、エリアメールなどの禁中地震速報を
受けられない機種もあります。

まず、DOCOMOの格安スマホは全ての格安スマホでエリア
メールを受けることができます。

また、DOCOMOの通信エリアを利用できるイオンの格安スマホ、
BIGカメラの格安スマホもエリアメールを受けられます。

ですので、通信エリアがDOCOMOかどうかを基準に格安スマホを
選びましょう。

DOCOMOの通信エリアを利用できる格安スマホなら、日本全国
ほとんどのエリアでも通信することができます。

そして、全国の大学でも通信することができますし、日本の主な
空港でも通信することが可能です。

しかし、SIMフリーの海外スマホは、エリアメールに対応して
いません。

エリアメールは日本独自のものですので、海外スマホは
対応できないのです。

エリアメールを受けられる格安スマホかどうかを判断する基準は、
以下のとおりです。

・DOCOMOの通信エリアの格安スマホ
・海外スマホではない

以上のポイントを押さえている格安スマホであれば、
基本的にエリアメールを受けることができます。

■災害用伝言板は繋がるの?

エリアメールはDOCOMOの通信エリアの格安スマホであれば
受けることができます。

では、災害用伝言板はどうなのでしょうか?

まず、災害時は電波がとても混みあいます。
通話がしづらくなったり、ネットに繋がりにくくなったりするのです。

格安スマホでは、DOCOMOなど大手のケータイ会社が運営
している災害伝言板には登録することができません。

格安スマホやタブレットからでも繋がる災害用伝言板が
ありますので、そちらに自分の情報を登録しておきましょう。

災害用伝言板は「web171」というサイトです。

そして、気象情報を提供しているサイトは、格安スマホでも
問題なくみることができます。

イザという時に慌てないように、それぞれの非常事態には、
どういったサイトをチェックすればいいのか、事前に把握しておきましょう。

■おすすめの格安スマホ

では、ここからは、エリアメールに対応している格安スマホを
ご紹介いたしましょう。

イオン「ALCATEL(アルカテル)」 本体価格 34,464円
本体価格は月1,436円の24回払いで支払うことも出来ます。

最低利用期間は規制がありません。違約金なしとなっています。
初期費用は3,240円となっています。

月額3,218円~となっています。
契約期間中、公共WIFIを無料で使うことができます。

格安スマホは通信速度が遅いので、通信しづらい時は活用しましょう。

ヨドバシカメラ「freetel XM」 本体価格 34,585円
月1,441円は24回払いとなっています。

最低利用期間は5か月間となっています。
違約金は8,640円と本体価格の残金です。

初期費用は端末価格に含まれており、月々の料金の一部として
生産されていきます。

月額3,579円~となっています。

以上の格安スマホは、ネットワークがDOCOMOです。
エリアメールを受けることができます。

■格安スマホのデメリットを考える

格安スマホはとても安くスマホを利用できるとして、現在大変な
人気があります。

しかし、その安さゆえ、いくつものデメリットがあるのです。

まず、格安スマホの最大のデメリットは通信速度が遅いということです。

しかし、イオンなどの格安スマホには、公共無線LANを無料で
使えば通信速度が速くなります。

また、動画やゲームをするには不向きな通信速度ですが、動画や
ゲームはタブレットやノートPCですれば問題ありません。

そして、無料の音声電話がない格安スマホなのですが、
こちらはLINEや楽天電話などの無料アプリを活用すればOKです。

また、格安スマホの本体がデザインがすこし古い型が多いのですが、
スマホのデザイン自体、あまり変化がないので見るからに古いと
いう感じは出ません。

さまざまなデメリットがある格安スマホは、このように工夫をすれば、
簡単にフォローできるのです。

また、ネットは家のパソコンでしかしない方や、もともと電話を
ほとんどしない方にはうってつけのスマホといえます。

■格安SIMカードを使って利用料を安くすることも出来ます!

今使っているスマホがSIMフリーのスマホであれば、SIMカードを
変更するだけで、月々の利用料金が安くなります。

また、家のネット環境をモバイルWIFIにして、家中でネット料金を
安くするという方法もあります。

ネットをどれくらい使うのか、スマホの機能のどれが必要なのか、
それによって、あっているネット環境、スマホの機種は違ってくるのです。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









エリアメールが使える最近の格安スマホはどんな機種? はコメントを受け付けていません。 格安スマホQ&A