どうして格安スマホは安いの?カラクリは何ですか?

Q.png【質問】
格安スマホが、あんなに安いのは、どうしてですか。私は、都内の大学の経済学部で勉強している大学生です。
実家は、岡山で八百屋をやっています。
将来は、私が後を継ぐ予定です。
大学でしっかりと勉強をする。
会社へ入り、5年間、社会勉強をする。
そして、家へ戻る。
こういう計画です。

現在は、下宿で1人暮らしです。
バイトをして、生活しています。
それなので、スマホの料金が高いのが、応えます。
どこのキャリアも、横並びの、高い料金です。
ところが、最近、格安スマホが出ました。
ほとんど、今までの半額です。
格安スマホに変更するつもりです。

そこで質問です。
これまでのスマホ料金は、なぜ高かったのでしょうか?
どのキャリアも横並び。
これ、カルテルじゃありませんか?

格安スマホは、なぜ安いのでしょうか?
何か、カラクリがあるのでしょうか?

実は、大学の教授に聞きました。
でも、きちんと応えてくれません。
マルクス経済とか近代経済など、理屈だけの頭デッカチなのです。

私も、これから商売をやるつもりの人間です。
実需的なカラクリを、どうしても知りたいのです。

ご存じの方、いらっしゃいませんか?
回答を、お待ちしています。

■格安スマホが安い理由

通常のスマホで通話をする時、ソフトバンクならソフトバンクの、
ドコモだったらNTTの、auだったらauの回線を利用して通話します。

日本全国にそれぞれの会社の電話局があります。それぞれの
会社の電話局がない地域では通話をすることができません。

ですので、ソフトバンクなら繋がるのに、ドコモだと無理という
事態がおきたりするのです。

そして、それはネット回線でも同じことがいえます。
それぞれの会社のネット回線を利用してネットに繋がっているのです。

その電波がこないところだと、とうぜんネットに接続することが
できないのです。

通常のスマホはこのような感じで通話をしたり、通信をしたりしています。
電話やネットを利用する時は、どこかの回線を利用しているのです。

そのため、電波を受信し、発信するのに、ドコモやau、ソフトバンク
などの通信会社のサービスを利用しなければならないのです。

このようなケータイ会社は、自分で通信設備を所有しています。
当然、建築費、維持費、どの他、もろもろがかかっています。

しかし、格安スマホはMVNOという業者を介して通信を行っています。
このMVNOは通信設備を一切持っていません。

通信設備投資にお金も払っていませんし、設備の建設費、維持費
などもかかっていないのです。

では、どのようにして通信しているのでしょうか?
答えは、NTTなどの通信回線をレンタルしているのです。

つまり、MVNOの通信には、通信回線のレンタル代しかかかって
いません。

ですので、破格ともいえる大変安い通信費で通信することが
できるのです。

しかし、NTT側としては、レンタル代しかかからないMVNOに
本家DOCOMOのユーザーを吸収されてしまう危険もあります。

ですので、NTT側はMVNOが使用できる通信速度や回線、
その他のさまざまな制限をしているのです。

格安スマホがとても安く、機能が限られているのはこのためです。

■スマホに入っているSIMカード

SIMカードとは、故人を認識するためのICカードのことをいいます。

ソフトバンクはソフトバンク専用のSIMカード、ドコモならドコモ
専用のSIMカード、auならauのSIMカードがはいっています。

SIMカードをスマホにセットすることで、個人の利用状況を
把握して、各電話回線の識別をして繋がっているのです。

格安SIMカードというモノがありますが、このSIMカードは、
MVNOの業者から販売されているのです。

格安SIMカードを入れれば、利用する電話回線が変わります。
いわば、スマホの司令塔なのです。

同じ端末でもSIMカードが変われば、回線や電話番号、メール
アドレスが変わってしまいます。

■格安スマホも格安SIMも制限がつくのは同じ!

格安スマホも書くアsy酢SIMも通信速度の制限があります。
大手のケータイ会社の通信速度はとても優れています。

しかし、格安スマホと格安SIMカードには、様々な規制があり、
通信速度が遅いのが特徴です。

しかし、普通にメールや電話、SNSをするには、何の問題もない
くらいの通信速度ですので、不便を感じることはほとんどありません。

様々な制限がある格安スマホの中から、自分に合った機種を
じっくり選べば、ストレスを感じないで、格安スマホを使うことができます。

大切なのは、自分がどれくらい普段スマホを使っているのか、
またどのような機能を使っているのかをしっかり把握することです。

■最近は無制限の格安SIMも・・・?!

制限付きというのが、通信回線のレンタル条件だった、格安
SIMですが、最近は無制限の格安SIMも販売されています。

格安SIMなのに、通信速度に制限がないのは、どうしてでしょうか?

この無制限のカラクリは、基本的には、無制限ですが、あまり
にも通信を使いすぎていたり、回線に負担をかけすぎていたら、
警告が来るというモノです。

基本的には無制限ですが、事実上、制限があります。

しかし、よくネットを使う程度の人でしたら、何の問題もなく、
通信を行うことができるのです。

格安スマホは、まだまだ歴史が浅くて、システムなども
不安定な部分もあります。

しかし、これからますますユーザーを伸ばしていくでしょうから、
今のうちから格安スマホに乗り換えておいた方がお得です。

そして、格安スマホには、通常のスマホに必ずある2年縛りや
違約金がない機種が多いのです。

好きなときに解約出来ますので、安心感を持って乗り換えることができます。

以上が格安スマホが安いカラクリです。ただ単に安いというだけでは、不信感を持ってしまいますよね?
しかし、格安なカラクリを理解することで、安心して利用すること
が出来るのです。

今後、どんどんサービスが向上していきそうな格安スマホですので、
最新情報をチェックしておきましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









どうして格安スマホは安いの?カラクリは何ですか? はコメントを受け付けていません。 格安スマホQ&A