普及率はどれくらい?中学生のスマホを持っている割合は?

周りが持っているから欲しい。中学生のスマホ普及率。

・中学生のスマホ普及率は約76%
・女子は約81%で男子よりも普及率が高い
・ポケモンGO!が発売された今年は普及率が格段に伸びた

では、実際に中学生はどれくらいの子がスマホを持っているのでしょうか?
中学生のスマホ普及率を調べてみました。

その結果、2016年のスマホ普及率は約76%でした。
しかし、女子のみの普及率は約81%です。

個人的に予想をはるかに上回る数値だったので、とても驚きました。
10年前の高校生の携帯普及率波に、中学生にスマホは普及しているようです。

ちなみに高校生になると普及率は約97%。
大人と変わらない割合の人がスマホを持っているようです。

2015年の中学生のスマホ普及率を観てみると、全体は約62%で女子は約70%。
1年前に比べて中学生の普及率が約14%アップしていました。

とくに女子中学生は約12%もアップしているので、かなり猛スピードでスマホが
普及しているのが分かります。

うちの子も2015年までは「スマホは欲しいけど高校生になったらでいい」と言っていた
のですが、2016年になって急に「やっぱりすぐにスマホが欲しい」といい始めました。

この背景には、ポケモンGO!の存在があると推測できます。

ポケモンGO!が発売されたのは2016年7月。
このころポケモンGO!をやるために、スマホの機種変更する人が急増しました。

中学生のスマホ普及率は地域によって違う?学校で禁止のところも。

・神奈川県がいちばん普及率が高い
・鳥取県がいちばん普及率が低い
・地域によって差があるが、全国的に60%以上

中学3年生のスマホ普及率は全国平均が約79%。
地域別にスマホ普及率をみてみると、

・神奈川県 約90%
・東京都 約86%
・大阪府 約86%
・千葉県 約85%
・埼玉県 約83%
・三重県 約83%

このように都市部や関東地方が普及率が高いという結果になりました。
一方、普及率が低いのは、

・鳥取県 約64%
・青森県 約65%
・長野県 約66%
・岩手県 約68%
・秋田県 約68%
・島根県 約69%

このように地方が普及率が低いことがわかりました。

しかし、それでも70%近い普及率なので、全国的にまんべんなく中学生にスマホが
普及していることがわかります。 

また、これだけ普及してきたので学校によってはスマホを持っていくのを禁止している
ところがあります。

これは、地方ごとの差というよりは学校によって違う部分なので、スマホ購入前に
近所の人に聞いて確認しておきましょう!

昔から携帯を持ってくるのは禁止という学校が多いので、今は携帯の代わりにスマホを
持ってくるのは禁止になっています。

中学生のスマホ普及率とトラブル率はイコール?防ぐためのルール。

・架空請求から仲間外れまでさまざまなトラブルがある
・大人から見たら大したことないトラブルでも子供には大問題
・ルールをしっかり作っておけば防ぐことができる

中学生のスマホ普及率が上がれば、自然とトラブル率も高くなります。

「架空請求」などの本格的なネットトラブルから「LINEで仲間外れにされた」などの
中学生ならではのトラブルまでさまざまなものがあるようです。

発生率が高いスマホトラブルは性別によって違います。

中学生の男子は「仲間はずれにされた」というトラブルが約67%。
中学生の女子は「うその噂を流された」というトラブルが約60%。

どちらも誰が流したかわからないし、直接的な会話の中は普段通りなのだそうです。
しかしLINE上でかなりもめているという状態なので、親も気づきにくいのが特徴です。

親子でルールを作ることで、こうしたトラブルを少しでも減らすことができます。

・1日にスマホをいじる時間を決める
・夜9時以降はスマホをいじらない
・直接友達に行けないようなことはLINEにも書かない
・LINE上での人の悪口、いじめ、ケンカにかかわらない
・無料でも会員制のサイトに登録しない

このようなルールを作ることで、トラブルを防げます。
LINE上の会話は文字だけですが、人同士の会話であることに変わりません。

人が傷つくようなことは言わないようにお子さんに話しましょう!

中学生にスマホを持たせるなら、普及率のほかに知っておきたいこと。

・不幸の手紙のようなチェーンメールが出回っている
・SNSで友達の名前をあげてしまう子が多い
・お子さんに事前に話しておくと効果的

それは、「チェーンメール」が今も流行っていること。

昔の携帯でもチェーンメールはありましたが、今も中学生・高校生の間で
流行っているようです。

かわいい画像をみんなに転送するのはいいですが、不幸の手紙のようなものも
あるので、そういったメールは転送しないようにお子さんに言いましょう。

また、SNSなどでネット上にプロフィールをかくとき、名前は書かないものの、
学校名や友達の名前などを書いてしまう子が意外と多いようです。

自分の名前には気を付けるけど、ブログなどを書いているうちについつい普段の
ノリで名前を書いてしまう子が少なくありません。

お子さんに気を付けるように言ってからスマホを買いましょう!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









普及率はどれくらい?中学生のスマホを持っている割合は? はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ