スマホのネットを制限したい!中学生の子供はLINE使える?

Q.png【質問】
スマホを、出来るだけ安く使う方法を、教えてください。私は、30代の主婦です。
パートをして、家計の助けをしています。
主人は、普通の会社員で、経理をやっています。
子供は、中学生の息子が1人います。子供が、スマホを持ちたいと言っています。
LINEをやりたい、と言うのです。
友達はみんな持っているから、スマホがどうしても欲しい、とのこと。
それについて、質問があります。

現在、息子には、ドコモの携帯電話を持たせています。
現在の契約は。
家族間通話とメールが無料となるプランです。
これで、ほとんど基本料金だけ、の金額になっています。

これをスマホにすると、かなり高くなります。
今と同じくらいの金額に抑えたいのです。
それには、どうすればいいのでしょうか?

パート先で話題に出したら、次のアドバイスをもらいました。
スマホは、通話とメールだけに限ること。
ネットやアプリは、Wi-Fiを使うこと。こうすれば安くなる、とのことです。

そうなのでしょうか?
Wi-Fiは、子供でも扱えますでしょうか?
ちなみに、主人は、文系なので、この種のことは、なにも分かりません。
(会社の数字は分かるのですが、Wi-Fiとかは無理です。)

この方面に詳しい方、どうか回答をお願いします。

■WI-FIを使ってスマホをネットに繋ぐことは出来ます!

質問者様がお考えのWI-FI経由でのスマホのネット接続はもちろん
可能ですし、多くの方が実践しています。

スマホにはパケット放題がありますが、そちらは月々5,000円程度
の費用がかかってしまいます。

ですので、WI-FI通信でスマホをネット接続する方法の方が遥かにお得です。

また、お子さんはDOCOMOのガラケーからスマホに買えたら
LINEを使いたいと言っているようですので、LINEのご説明もしましょう。

■そもそもLINEとは?

LINEとは、いつでもどこでも友達に無料でメールや音声電話、
テレビ電話が出来るスマホアプリです。

また、10,000種類の可愛いスタンプと絵文字があります。

中には無料で使えるスタンプや絵文字もありますので、
中学生にも、大人にも楽しいサービスとなっています。

友だちをグル―プごとに分けることも出来ますので、クラス、部活、
仲良しグループなどに分けましょう。

最近の高校はクラスや部活の連絡網がLINEというところも増えています。
中学生から利用頻度に注意してLINEを使うことを覚えるのはいいことかもしれません。

LINE電話は電話料はかかりませんが、パケット代は発生してしまいます。
しかし、WI-FI環境があるのなら、定額以上に上がることはありません。

スマホのユーザーの多くがLINE電話を利用し、WI-FI環境を整えて
出来る限り安くスマホを利用しているのです。

スマホの平均の利用料はいくらくらいなのでしょうか?
一緒に見ていきましょう。

■スマホの平均の利用料

全体的なスマホの平均の利用料は月額6,514円です。
通常の電話番号以外で通話サービスを使っている割合は全体で58%です。

その中で75%の人がLINEを使っています。
やはり無料ではパケット代しかかからないLINEは人気です。

そして、小中学生の携帯スマホ料金の平均月額は4,190円です。

スマホを持っている割合は、中学1年生は45,2%、中学2年生は55,5%、
中学3年生は69%となっています。

そして、その中の7割以上がスマホとは別におこずかいも
もらっているのです。

お子さんとこのことについて話をしましょう。

■簡単に出来る!スマホ節約術!

では、ここからは少しでもすまほの電力を節約するために簡単に
出来る節約術をご紹介いたしましょう。

スマホを使っている時に、さまざまなアプリケーションを起動していると思います。
その際に、必要のないアプリケーションを閉じておきましょう。

メイン画面では、閉じていることになっていても、実際には起動して
いることもありますので、しっかり閉じたことを確認しましょう。

また、スマホによって閉じ方が違いますので、事前にしっかり把握しておきましょう。

そして、スマホは電波が悪いところでは、とても多くの電力を
使って電波をキャッチしようとしています。

そのため、ただ電波が悪いところにいるというだけで、電力を
消耗してしまうのです。

電波の悪いところにいる時は、スマホの電源を切っておくようにしましょう。

また、スマホの明るさとサウンドの設定は、必要最低限にしておきましょう。

明るさとサウンドを自動設定にしていると、センターが部屋の明るさを
感知してちょうどいい明るさにするので、センターのはたらきの分、
電力を多く消耗してしまいます。

また、サウンドも周囲のノイズなどを測定して音量を決めています。
手間がかかってしまいますが、明るさもサウンドも自分で低めに設定しておきましょう。

また、スマホを長時間利用しない時は、スリープモードにしましょう。
スマホの機能を休めることができますので、消耗しないでいられます。

寝る前や、お子さんが学校に行くときなどにスリープモードにする
習慣つけましょう。

■大量のデータを管理したいなら

写真や動画などをたくさん撮っておきたいなら、クラウドサービスを
利用しましょう。

大量のデータをスマホに入れっぱなしにしているとそれだけで、
電力を消耗してしまうのです。

ですので、クラウドサービスを利用してオンラインで大量のデータは
管理しましょう。

そうすることでスマホの電力の消耗にも負担をかけずに済みますし、
データのバックアップをとっていることにもなります。

万が一の時のために、利用するしましょう。

このようにスマホの節約方法は簡単に出来るものだけでもさまざまな
方法があります。

出来るだけ多く節約方法を行い、工夫してすまほの金銭的な負担を
減らすようにお子さんに指導していきましょう。

また、親子で話し合いルールを作ることでお子さんのLINEの
し過ぎなどを防止することができます。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。