スマホとガラケーはどっちが多い?中学生のモバイル事情

イマドキの中学生はスマホ?ガラケー?どっちが多い?

・スマホ普及率は約76%
・ガラケー普及率は約15%
・スマホの方が圧倒的に普及している

最近の中学生はスマホを持っている子がとても多いです。
しかし、中にはガラケーを持っている子もいます。

スマホとガラケーの普及率を比較してみました。

うちの子はクラスの仲がいい子も部活の仲がいい子も、みんなスマホをもっている
といいます。

自分はガラケーさえ持っていないので、友達の会話についていけないそうです。

親からしたら「そんなの気にしなければいいじゃん」といいたくなるようなことなの
ですが、本人にとってはなかなか深刻な問題のようです。

あまりにも毎日のようにスマホの話をしてくるので、「じゃあ、ガラケー買ってあげるよ」
といったら「ガラケーなんて今誰も持ってないよ!」と言われてしまいました。

そこで中学生のスマホとガラケーの普及率を調べてみると、

・中学生のスマホ普及率 約76%
・中学生のガラケー普及率 約15%

スマホ普及率は中学生だけの普及率ですが、ガラケーは29歳以下の普及率です。
中学生限定で考えると。10%前後の可能性があります。

1クラスで5人以下しかガラケーをもっていないことが推測できますね。

お子さんにガラケーを持たせたことが原因でいじめになることはないと思いますが、
周りの友達に対して劣等感を持つことは考えられます。

友人関係がLINE連絡網。中学生が「スマホでよかった」と思うとき。

・LINEができるのがスマホの最大のメリット
・交友関係だけではなく勉強に生かしている子も多い
・きれいな写真が自分で取れるので楽しい

イマドキの中学生が持っている率が圧倒的に高いスマホには、どんなメリットが
あるのかまとめてみました。

・LINEできるから部活の連絡網が楽

スマホはLINEのグループに入れるので、部活やクラスの連絡網が楽です。
友達との遊びの連絡もスムーズにできます。

・勉強しやすい

スマホはネット検索しやすいので、勉強でわからないことがあったときに
すぐに調べることができます。

・写真や動画の画質がキレイ

写真や動画の画質がキレイであることがメリットという子も多いです。

友達と一緒に遊びに行ったところや集合写真をキレイにとれるので思い出作りに
役に立ちます。

そしてスマホは画面が大きく見やすいので、目が悪い子にも向いています。
スマホを持った多くの中学生が「スマホでよかった」と思っているようです。

スマホ依存症にトラブル。中学生が「ガラケーでよかった」と思うとき。

・ガラケーはスマホに比べて圧倒的にネットトラブルが少ない
・依存症になるほとんどの子はスマホ
・ガラケーの最大のメリットは安全性

ガラケーのメリットは、安全であること。
スマホのような便利な機能はありませんが、その分危険性がありません。

スマホは便利で使い勝手がいいですが依存症になったり、ネット・トラブルに
巻き込まれたりすることがあります。

ガラケーでもネットトラブルに巻き込まれることはありますが、スマホの方が
トラブル率が高いです。

ガラケーにすれば、スマホよりはネットする時間が少ないのでトラブルに
巻き込まれる可能性が低いです。

また、スマホよりも画面が小さいガラケーは依存症になりにくいです。

ガラケーを持っている中学生は安心感があることが最大のメリットと感じている子が
多いようです。

また、保護者も小・中学生にスマホは贅沢と考えている人が多いですが、ガラケーなら
いいという人は少なくありません。

私も小学生と中学生の子どもにスマホをねだられていますが、ガラケーをと考えています。

ただ、ガラケーでもLINEができるので、ガラケーにするだけでLINEのトラブルに
巻き込まれなくなるというものではありません。

LINEのトークが自動更新されないというデメリットはありますが、自分のペースで
トークを読めるというメリットでもあります。

また、既読マークがつかないので相手にメッセージをいつ見たかが知られません。
既読になっているのに返信がないと相手が不安になりますよね?

LINEならではのこの不安感がないのは、思春期にとってメリットになります。

スマホは見やすくて使いやすい、ガラケーは使い過ぎやトラブルなどの心配が少ない
というメリットがあります。

どちらにするかは、特徴以外にも料金などをチェックしてから決めましょう!

親が知りたいのはココ!中学生が使うスマホとガラケー 月々の支払額の差は?

・スマホの月額は6,000円前後
・ガラケーの月額は4,000円前後
・安全性と料金から考えてガラケーが中学生には適している

スマホとガラケーは月額に2,000円くらいの差額があります。
スマホは月額6,000円前後、ガラケーは4,000円前後です。

毎月2,000円前後の差額は年間で24,000円前後の差額になります。
かなりの金額なので、中学生にはガラケーがいいと考えます。

スマホやガラケーをお子さんに持たせるのは、家庭環境や親の収入が大きくかかわって
きます。

ついつい親の都合や価値観だけで判断してしまいがちですが、昔と今は環境が違うので
それを理解した上で、スマホやガラケーの必要性を考えてください。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









スマホとガラケーはどっちが多い?中学生のモバイル事情 はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ