格安スマホは中学生に向いてる?キッズスマホはかわいそう…

中学生にキッズ用スマホはかわいそう!?格安スマホという選択肢!

・キッズ用スマホはデザインが子どもっぽい
・料金は大人用スマホと大差ないので節約にはならない
・格安スマホなら大人っぽいデザインで中学生向き

ドコモなどから発売されているキッズ用スマホは、小学生が持つことを
前提に作られています。

だから、デザインがかわいらしいものがほとんど。

小学生のお子さんにはちょうどいいんのですが、おしゃれに敏感な中学生には
ちょっと子供っぽいですよね?

キッズ用スマホはフィルタリング機能や使う時間を制限できる機能が初めから
ついているので、保護者にとっては便利なもの。

しかし、実際にそのスマホを使うのはお子さんなので、お子さんが持ちたいと
思うデザインであることは、大切な条件です。

また、キッズ用スマホは大人用スマホと同じくらいの月額利用料がかかって
しまうので、通信費が意外とかかります。

そこで、格安スマホはどうでしょうか?

格安スマホは大人でも使うものなので、シンプルで使いやすいデザインです。
大人っぽいものが好きな中学生にも抵抗なく持てるデザインですよ!

格安スマホは中学生にとても人気となっています。

中学生に格安スマホが選ばれる理由は?ズバリ料金!

・スマホの平均月額は6,000円前後
・キッズ用スマホでも4,000円前後かかってしまう
・格安スマホは基本利用料は1,000円!

格安スマホが中学生に人気なのは、料金が安いからです。

中学生も便利で機能的なスマホよりも、安くて親に買ってもらいやすいものを
求めているのです。

全世代のスマホ平均利用料を調べえてみると、6,000円前後でした。

小学生・中学生のスマホ平均月額は4,000円前後なので、キッズ用スマホでも、
これくらいの料金はかかってしまいます。

格安スマホの基本月額利用料は1,000円です。

これに通話代、パケット代がかかりますが、通信量が少ない1GBのプランを
選べば、300円くらいで済みます。

合計月額利用料は月1,400円前後です。
キッズ用スマホに比べると、月2,600円、年間で31,200円安いです。

これなら保護者としても安心してお子さんにスマホを持たせることができますし、
お子さんも親に申し訳なさを感じずに済みます。

この料金の安さが格安スマホが選ばれる理由です。

初期費用は3,000円で、端末代は20,000円~30,000円なのでキャリアのスマホ
よりも費用がかかってしまいます。

しかし、料金を考えれば、お子さんに安くスマホを持たせることができますね!

中学生が安全にスマホを使うには?フィルタリング・制限はこうする!

・格安スマホのオプションに加入する
・無料アプリをインストールする
・どちらも無料でできる

中学生に格安スマホを持たせる時に心配なのは有害サイトを見てしまうこと。
そこで、有害サイトをブロックする方法を知っておきましょう。

格安スマホの場合は、小学生・中学生が使うことも考えて作られているので
無料で加入できる利用制限を管理できるオプションがあります。

また、もしそうした制限オプションが有料でも無料でインストールできる
制限アプリがあります。

この2種類の方法でお子さんの格安スマホの利用時間やみられるサイトを制限
することができるのです。

ただ、格安スマホのオプションには制限だけではなくお子さんが今どこにいるかを
保護者が確認できたり、歩きスマホを警告する機能などがあります。

無料アプリにはこうした機能がありません。
かわりにネットを正しく使う方法を学べる機能などがあります。

どちらを選ぶかは、親子で話し合って決めてくださいね。

ここは注意!中学生が格安スマホを持つにあたって覚えておきたいポイント!

・通信量がいちばん少ないプランに加入すると使いすぎない
・スマホを自室に持ち込むのは禁止にする
・格安スマホをもって成績が下がったら没収する

中学生に格安スマホを持たせる時に、ネット依存症が心配です。
しかし、事前に対策を打っておけば問題ありません。

「スマホを子供に持たせるとネット依存になる」こうしたマイナスなイメージを
追っている人は少なくありません。

ネット依存が心配なら通信量がいちばん少ない1GBのプランに加入しましょう。

お子さんに「1か月間にネットを使える通信量が少ない」と伝えておけばネット依存を
防ぐことができます。

そして、格安スマホを自室に持っていくのを禁止にしましょう。

リビングに家族全員のスマホを置くスペースを作れば、自室に持って行ったか
どうかがすぐにわかります。

また、お子さんに格安スマホを持たせて成績が下がったら没収するという
システムを作っておけば、お子さんがネットやSNSに没頭するのを防げます。

制限アプリやオプションだけに頼らないで、こうしたルールを家族で作ることが
とても大切です。

我が家も小学生と中学生の子供に格安スマホを持たせることを考えていますが、
ルールを先につくろうと妻と話しています。

お子さんがどれくらい格安スマホをつかっていいと思っているかは家庭によって
違います。

他の家庭のルールも参考にしながら、決めてくださいね。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









格安スマホは中学生に向いてる?キッズスマホはかわいそう… はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ