最安の格安スマホを教えて!中学生に持たせるのに向いているのは?

中学生からスマホが欲しい!最安はどこ?通信のみSIMの注意点。

・最安の格安スマホは意外と本体代が安い
・月額料金だけではなく本体代をチェックする必要がある
・通信のみSIMはLINEの年齢認証できないので注意

格安スマホは月額2,000円以下の料金でスマホが持てます。
かなりお得ですが、意外と本体代が高いです。

例えば、月額の利用料金が安い格安スマホTONEの本体代を調べてみると、

・TONE m15 本体価格29,800円
・TONE m14 本体価格19,800円

このように大手キャリアのスマホと同じくらいの値段がしますね。
しかし、最安の格安スマホの本体価格をみてみると、

・AuBee smartphone「elm.」 本体価格6,800円

「elm.」はOCNモバイルONEの音声通話対応SIMパッケージとセットで発売されて
います。

しかし、SIMカードと別で購入することも可能。
OCNモバイルONEのデータ通信専用SIMカードなら、月間5GBを月額1,450円で使えます。

ただ、このデータ通信専用SIMカードには注意点があります。
それは「LINEで年齢認証できないこと」。

データ通信専用SIMカードは、キャリアの年齢判定サービスに対応していません。
LINEのID検索を有効に活用できません。

しかし、LINEのID検索ができなくてもLINE自体は使うことができます。

学校に行っている間はスマホは使わない!どう使うのが一番安い?Wi-Fiを活用しよう!

・家にいる間は家のWi-Fiでネットしよう
・格安スマホでネットするのは遊びにいくときだけ
・月間1GBのプランでも十分ネットできる

中学生に格安スマホを持たせる時は、月間のデータ通信量がいちばん安いプランにしましょう。

月間0.5GBや1GBなどのプランが適しています。
月間0.5GBというと、500MB。

この通信量は画質が480pの動画を1時間観ると、ほとんど消費されてしまいます。

しかし、今はほとんどの家に固定回線が引かれているので、家のWi-Fiを活用してネットを使え
ますよね?

格安スマホの設定メニューからWi-Fiをオンにすれば、格安スマホの電波ではなく、家の固定
回線の電波でネットができます。

格安スマホは学校に持っていないもの。
使うのは主に家なので、格安スマホの電波でネットするのは外出時だけでOK。

月間0.5GBや1GBでも十分、ネットを楽しめますよ!

格安スマホを中学生のお子さんに買ってあげるときは、一番安い通信量のプランを選びましょう。

私の友達のお子さんが格安スマホを持っているのですが、買ったばかりのころは一番通信量が
少ないプランだとすぐに使い切ってしまっていました。

しかし、設定を変更して常にWi-Fiをオンにしていたら、料金プランを替えてないのに通信量を
使い切ることがなくなったそうです。

Wi-FIを活用することで、毎月5,000円以上払っている固定回線を活用することになるので、
通信費の無駄がなくせますよ!

格安スマホにも家族割・学割はあるの?中学生スマホはこの割引をチェック

・格安スマホにも家族でシャアできるプランがある
・家族間の通話が割引になるものも登場している
・家族全員で持てば家族間の通話が無料になる

格安スマホには家族割や学割がありません。
しかし、大手のキャリアよりもかなり安い料金でシェアできるプランがあります。

大手キャリアのシェアパックは、月間10GBで月額9,500円です。
一方格安スマホはDMMモバイルだと、月間10GBで月額3,000円。

SIMカードが3枚まで使えるので、3人家族に向いています。
大手キャリアの3分の1以下の料金で、データ通信量をシェアできるのです。

また、家族間の通話が割引になったり、家族全員で同じ格安スマホにすれば家族間の通話が
無料になったりします。

お子さんが格安スマホを持ったきっかけで家族で格安スマホに変えて、年間の通信量を10万円
以上節約できたという家庭は少なくありません。

ズバリ!中学生にオススメできる格安スマホはこれだ!

・月額1,000円のTONEが中学生向き
・有料アプリがダウンロードできないようになっている
・位置情報を親のスマホに送ることもできる

中学生が格安スマホをもつなら、TONEがぴったりです!

TONEはTSUTAYAから発売されている格安スマホで月額1,000円で使えます。
優良なアプリは親のパスワードを入力しないとダウンロードできません。

また、お子さんの位置情報を親のスマホに送ることもできます。
安く格安スマホを使いながら、お子さんの安全も守れるのです!

中学生にはちょうどいい格安スマホですね。

TONEはスマホマナーが身につくように歩きスマホ防止機能もついています。
振動を感知するので、歩きながらスマホを使っていると通知が届きます。

この通知を保護者のメールアドレスに届くようにできるので、お子さんと離れている時でも
スマホマナーを知ることができますよ。

安くて、安全でマナーも身につくので、中学生にはTONEが適しています!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









最安の格安スマホを教えて!中学生に持たせるのに向いているのは? はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ