高いスマホは中学生には早い!?どんなものならいいの?

「スマホは中学生には早い!」は一昔前のお話!?高い費用、みんなどうしてる?

・中学生の7割はスマホを持っている時代
・キッズスマホは中学生には合わない
・格安スマホを中学生に持たせる親が多い

「中学生にスマホは早い!」と思っている大人は少なくありません。
しかし今の中学生の7割はスマホを持っている時代です。

スマホはもう中学生にとって贅沢品ではなくなってきているのです。
でも、スマホの月額利用料は6,000円くらいしますよね。

こんな高い料金をみんなどうしてるのでしょうか?
ここでは、中学生にスマホを安く持たせる方法を調べてみました。

まず、子どもに安くスマホを持たせる方法で思いつくのはキッズスマホです。
しかし、キッズスマホにはこんな特徴があります。

・デザインが小学生向け
・通話プランは安いけどデータ通信プランは大人と同じ
・流行っているゲームがダウンロードできない

これでは、中学生には不満です。

また、持たせる親としても通話量よりも通信量の方が安くなってほしいので、親子の
要望に合いませんね。

中学生は通話代がもったいないので、家電で通話します。
メインはネットとメール、LINEなのです。

そこで、安くネットやメール、LINEができる格安スマホを持たせる親が多いです。
デザインも大人向けで、はやりのゲームもできるので中学生向きですよ!

安全面が気になる中学生スマホ。持たせるなら大手キャリア?やっぱり高い?

・パケットプランはシェアプランなので一人6,000円くらい
・家族で分け合えるシェアプランは通信料が高い
・スマホ代は中学生でも平均月額7,000円

スマホの通信プランはシェアプランに加入して家族みんなで通信料を分け合える
プランが人気です。

しかし、このプランは通信料に無駄が出ないというだけで家族合計の通信料の
節約にはなりません。

シェアプランの通信量を一人づつに換算すると、月額6,000円くらいになります。
中学生のスマホ平均料金は、月額7,000円。

やはり中学生からお子さんがスマホを持っていると、家計に負担となります。
大手キャリアのスマホでメリットは、ひとつだけ。

サポートやキャンペーンで本体代が大幅に割引になること。
それ以外は、やっぱり費用が高いので避けた方がいいでしょう!

格安スマホはどれくらい安いの?機能面はどう?中学生でも満足できる使い方。

・格安スマホは月額1,000円代で使える
・通話とネット中心のシンプルな機能
・格安スマホの満足度は6割以上

格安スマホは月額1,000円代で使えるので、大手キャリアのスマホに比べてかなり
安いです。

通話とネット中心の機能で、中学生でも満足できる機能が充実しています。
SNS、動画・写メ撮影などができるので、学生生活の楽しい思い出作りに向いて
います。

例えば、mineoで購入できるarrows M03 by FUJITSUには、こんな機能があります。

・おサイフケータイ
・防水
・WI-FIテザリング
・クロッシィ
・au 4G LTE

この基本の機能のほかに、パケットが家族と分け合えるパケットシェアがあります。
また、友達に余ったパケットをあげることができるパケットギフトもありますよ。

090の電話番号も使うことが出来るので、ふつうのスマホと同じような使い勝手です。

中学生の格安スマホの満足度は約6割。
多くの中学生が満足しているようですね。

私の友達もお子さんに格安スマホを持たせています。

ふつうのスマホに比べて機能が少なく通信量も少ないですが、お子さんから
特に不満や「ふつうのスマホに変えてほしい」といわれることはないそう。

中学生はシンプルな機能しか使わないので、格安スマホでも十分みたいですね。

「スマホは高い!」も一昔前のお話!ガラケーと同じくらい費用を抑えるポイント。

・スマホは大手キャリアでもサポートを使えば1,000円以下で買える
・大手キャリアのシェアパックは月間5GBで月額6,500円
・家族一人づつに換算すると月額1,625円

大手キャリアのスマホでも、工夫すれば安くすることができます。
スマホは高いですが料金プランを変えれば、月額を安くできますよ!

今の家庭はほとんどの家に固定回線が引かれています。
ですので、家の中でネットするときはWi-FiWi-Fiを使いましょう。

例えばドコモで家族で加入しているシェアパックを月間5GBにすれば、月間6,500円。
4人家族の場合、一人に換算すると月間1,625円です。

・カケホーダイプラン 基本料 1,700円
・SPモード料金 300円
・シェアパック 一人1,645円
・初めてのスマホ割 -850円
・合計 2,775円

このようにガラケーの平均利用料金である月額3,000円よりも安くなります。
格安スマホではなくても、Wi-Fiを使えばスマホでも安く持てますよ!

この方法は、中学生だけではなく大人でも使える方法。
家族全員の通信量を安くすることができるので、ぜひ試してみてください。

格安スマホでも、大手キャリアのスマホでももう高い時代ではありません。
ですので、中学生にスマホはもう贅沢なものではないのです。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









高いスマホは中学生には早い!?どんなものならいいの? はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ