スマホを欲しがる中学生の子供。買ってあげるべき?

中学生になった子どもがスマホを欲しがる。「みんな持ってる」って言うけど本当?

・中学生のスマホ普及率は約76%
・スマホを持っていない子はガラケーを持っている時代
・スマホもガラケーも持っていない子はほとんどいない

中学生になったお子さんがスマホを欲しがるのは、今の時代よくあることです。
うちの中学生の子も「スマホ欲しい」と毎日のようにいってきます。

「みんな持ってる」「クラスで持ってない人ほとんどいない」とよく言ってきますが、
本当なのでしょうか?

中学生のスマホ普及率を調べてみると、約76%でした。
今の中学生は4分の3がスマホを持っているのです!

そして、それ以外の子たちはガラケーを持っています。
子供たちの言う「みんな持ってる」は本当みたいですね。

10年前まではガラケーの時代でした。
小学生から高校生までのガラケー普及率は約50%。

クラスの半分の子は、持っていなかったです。
しかし、今は4分の3が持っています。

中学生にとってクラスの4分の3がスマホを持っているのに、自分は持ってない
という状況はとてもつらいのです。

頭ごなしに否定しないで、中学生のお子さんにスマホを買ってあげるのを真剣に
考えてみてはいかがでしょうか?

「よそはよそ」「ダメなものはダメ」ではスマホを欲しがる中学生は納得できない!?

・スマホを持ってないことは中学生にとっては深刻な問題
・親子でスマホについて時間をかけて話し合う必要がある
・友達とのコミュニケーションが足りなくなる可能性がある

中学生になると、お子さんは自分の意見をはっきり主張するようになります。
大人から見ればスマホを持っていないことは大した問題ではありません。

しかし、お子さんにとっては重要な問題なのです。
親子で時間をかけて話し合う必要があります。

まず、親がどうしてスマホを持たせたくないのかをお子さんに話しましょう。

・依存症が怖いから
・有害なサイトを観るのが心配だから
・夜更かしが心配だから
・LINEを使ったいじめや事件などに巻き込まれることが心配だから
・お金がかかるから

このように親は子供のことを心配して、スマホを持たせたくないと考えているのです。
では、反対に中学生のスマホを持ちたい理由をみてみましょう。

・友達とLINEがしたいから
・SNSがやりたいから
・はやりのゲームがしたいから

このように、ネットを使ったサービスを利用したい子が多いみたいです。
夜更かしやネットの使い過ぎの原因になりそうなものが多いですね。

しかも、これらはスマホじゃなくてもパソコンでできます。
まずはお子さんに家のパソコンではどうしてダメなのかを聞いてみましょう!

みんなはどう諦めさせた?スマホを欲しがる中学生を納得させる言葉。

・毎月の利用料を支払うためにお小遣いをなくす
・月に1回スマホをチェックする
・スマホを使っていいのは1日1時間まで

お子さんがスマホを欲しがると、あきらめさせるのが大変ですよね・
中学生は一度言い出すと、なかなかひかないので苦労します。

中学生のお子さんにスマホを諦めさせた人の体験談では、

・毎月のお小遣いをなくしてそれをスマホ代に充てる
・親が買って親が料金を支払ってるんだから月に1回スマホをチェックする
・使い過ぎが嫌だからスマホは1日1時間しか使っちゃダメ

このような言葉でお子さんにスマホを諦めさせたそうです。

お子さんはスマホを買ってもらえれば、自分の好きなように使えると思っています。
その誤解を解かないうちに買ってしまうと、買った後に親子で衝突してしまいます。

その衝突を避けるためにも、買う前にスマホのルールを決めておく必要があります。
厳しいルールを作れば作るほど、お子さんはスマホをあきらめてくれます。

また、細かいルールを作ればお子さんのスマホのことをちゃんと考えるきっかけにも
なります。

でも、これでも納得しない子もいます。
どういうときはどうすればいいのでしょうか?

それでもスマホを欲しがる子には自分でプレゼンさせてみよう!

・どうしてスマホが欲しいのか理由を具体的に10個あげさせる
・スマホを持つことのメリットとデメリットを調べさせる
・スマホの本体代や料金も調べさせる

お子さんがどうしてもスマホを持ちたいという場合、どうしてスマホが持ちたい
のかプレゼンさせましょう。

中学生は自分の意見をしっかり主張できる年齢です。
また、パソコンを使ってスマホのことを調べることもできます。

そこで、

・スマホが欲しい理由を具体的に10個あげさせる
・その理由に関するメリットとデメリットを調べさせる
・スマホを持った場合の年間の費用を計算させる

この3つをやらせて、プレゼンさせましょう。

お子さんがスマホのことを具体的に考えるきっかけになりますし、自分の頭の
中の考えを生理するきっかけにもなります。

また、社会人になったときにプレゼンするとき、役に立ちますよ!

人前が苦手なお子さんが成長するチャンスでもあります。
「そんなにスマホが欲しいなら、プレゼンしてよ!」と言ってみましょう。

親子でスマホのことを具体的に考えるいい機会になります。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









スマホを欲しがる中学生の子供。買ってあげるべき? はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ