安くスマホを使いたい!中学生の子供にスマホを持たせるには?

中学生にスマホを持たせることに。費用を抑えたいなら格安スマホの本体代もチェック!

・楽天モバイルなら本体代も入れて月1,980円
・mineoは本体価格が31,800円や24,000円
・TONEは29,800円、19,800円

中学生になると、「スマホ欲しい」と言い出すお子さんはとても多いです。
うちの子もスマホの話を毎日のようにして来るので困っています。

「スマホが高いからダメだよ」と言ったら「格安スマホがあるじゃん!」と
言われました。

格安スマホという発想がなかったし、自分でスマホのことをいろいろ友達に
聞いている子供を観てそんなに欲しいならあげてもいいかなと思うようになりました。

そこで、格安スマホについて調べてみると意外なことがわかりました。
それは、格安スマホは本体代が安くないということ。

名前からするとスマホの本体代が安いというイメージがありますが、実は本体代
ではなく料金が安いのです!

格安スマホの本体代をまとめてみると、

・mineo 31,800円、24,000円
・TONE 29,800円、19,800円

このように普通のスマホかそれ以上の値段がするようです。

しかし、楽天モバイルのように本体代が分割で月額1,980円というものもあります。
発売している会社によってかなりの違いがあるので、しっかり調べてから買いましょう!

中学生に人気のスマホはやっぱりiphone?安く欲しいなら本体を中古にするという手も。

・iphoneは通販サイトなどで中古が多く発売されている
・バージョンにはこだわらないからiphoneがいいという中学生は多い
・親の前のiphoneを使うという方法もある

中学生が欲しがるスマホでダントツに人気なのはiphoneです。
大人もそうですが、はやりスマホを持つならiphoneがいいですよね?

しかし、本体価格が

・iphone6 16GB 本体価格 70,080円
・iphone6 64GB 本体価格 83,280円
・iphone6 128GB 本体価格 94,080円

こんな値段のスマホを中学生にあげるわけにはいきませんよね?
そこで中古のiphoneを買うと、

・iphone4 16GB 本体価格 3,759円
・iphone4S 16GB 本体価格 3,800円
・iphone5 16GB 本体価格 7,480円

このように1つ、2つのバージョンにするだけで本体価格がかなり安くなります。
通販でも中古のiphoneは買えるので、これを活用して大手キャリアと契約しましょう。

安いスマホ・プランでも快適に!中学生の通信事情とWi-Fi活用のススメ。

・シェアパックのパケット容量を増やさないで子供の契約をする
・通話料と基本料だけになるので月額3,000円で済む
・家の中でWi-Fiを活用すれば通信量が足りなくならない

iphoneを安く買ったら、今後は料金プランの節約を考えましょう。
大手キャリアの中でここではドコモを例として考えていきます。

ドコモのシェアパックには5種類のプランがあります。

・シェアパック5(5GB) 月額6,500円
・シャアパック10(10GB) 月額9,500円
・シェアパック15(15GB) 月額12,500円

夫婦と中学生の子供3人でシェアパックに加入する場合、シェアパック15を
選ぶことが多いのですが、シェアパック5を選びましょう。

スマホの通信量の平均は5GB以下です。
家の中でネットするときはWi-Fiをオンにして、固定回線でネットしましょう!

こうすれば家族みんながスマホからの電波でネットするのは、外出中だけに
なります。

お子さんだけではなく、家族みんなでパケット代を安くすることができます。
固定回線のWi-Fiをフル活用することで、通信費を抑えることができます。

また、お子さんの中古iphoneに格安SIMを差し込んで使うこともできます。

中学生のスマホ 月々の支払いをさらに安く!通信のみSIMで通話する方法

・格安SIMには音声通話つきと通信専用がある
・通信専用は月々1,000円前後
・購入は通販なので手軽

格安SIMには音声通話つきと通信専用があります。
通信専用は月々1,000円前後。

IIJmioは月間3GB使えて、月額900円です。
iphoneの本体代と合わせても、年間14,600円。

年間で15,000円以下なので中学生にも安心してスマホを持たせることができます。

中学生はスマホで通話をすることは少ないようです。
しかし、通話がまったくできないのは困りますよね?

こういう場合はLINEを活用しましょう!
LINEには無料通話があります。

・1 LINEで通話したい相手の名前を選択
・2 受話器のアイコンを押すと無料通話ができる

通信のみのSIMでも、簡単に通話できますよ!
うちの子は中学生になってからずっと、「スマホが欲しい」と言っています。

買ってあげたい気持ちもありますが、費用のことや教育面のことを考えると、
なかなか手が出ません。

しかし、iphoneの中古や通信専用SIMを使えば安く済ませられます。
これを考えると、中学生の子供にもスマホを持たせることができます。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









安くスマホを使いたい!中学生の子供にスマホを持たせるには? はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ