スマホを中学生が持つとどれくらいの料金がかかる?auの場合

au 3種の通話プラン!中学生にオススメなのは?

・スーパーカケホは通話が多い人向けのプラン
・カケホは通話が長い人向け
・LTEプランはau同士の通話が多い人向け

中学生のお子さんはスマホが必要と考えている子が多いです。

「中学生にスマホなんて速いし贅沢・・・」と思うかもしれませんが、イマドキな
中学生にとっては必需品になりつつあります。

多くの中学生がすでにスマホを持っているのに、自分のお子さんだけスマホを持って
いないと「そろそろ買ってあげないといけないのかな?」と思いますよね?

そこで、auのスマホを中学生が持った場合の月々の費用を調べてみました。
auには3種の通話プランがあります。

〇スーパーカケホ

・24時間国内通話がかけ放題で1回5分まで無料
・5分以上の通話は30秒ごとに20円
・家族間なら5分を超えても無料
・「誰でも割」なら月額1,700円、割引なしなら月額3,200円

〇カケホ

・24時間国内電話かけ放題
・5分以上の通話でも無料
・家族間は通話だけではなくCメールも無料
・「誰でも割」なら月額2,700円、割引なしなら月額4,200円

〇LTEプラン

・1時~21時までのauへの通話は無料
・auへの21時時以降の通話、他社への通話は30秒ごとに20円
・「誰でも割」なら934円、割引なしなら1,868円

このように通話プランによって特徴が違います。
お子さんが良く通話する相手に合わせてプランを選びましょう!

中学生スマホはデータ通信がメイン。auのデータプランはセット加入に注意

・1GB~30GBまで幅広いデータ通信プランがある
・通話プランによって加入できるデータ通信プランが違う
・中学生は容量の少ないデータ通信プランが安心

auには1GB~30GBまで幅広いデータ通信プランがあります。
しかし、選ぶ通話プランによって加入できるプランが違うので注意が必要です。

auのデータ通信プランを一覧にすると、

・データ定額1 1GB 2,900円
・データ定額2 2GB 3,500円
・データ定額3 3GB 4,200円
・データ定額5 5GB 5,000円
・データ定額8 8GB 6,700円
・データ定額10 10GB 8,000円
・データ定額13 13GB 9,800円
・データ定額20 20GB 6,000円
・データ定額30 30GB 8,000円
・LTEフラット 7GB 5,700円

このように多くのデータ通信プランがあります。
しかし、通話プランによって加入できるデータ通信プランが違います。

中学生はネット依存症を予防するためにいちばん通信量が少ない1GBのプランが
いいでしょう。

1GBのプランならどの通話プランでも加入できるので、ややこしくありませんよ!

中学生以上にオススメauのフィルリングアプリ「安心アクセス」は無料!

・レベルを選ぶフィルタリングと、個人設定するフィルタリングがある
・保護者のスマホで子供のスマホヲ遠隔操作できる
・安心アクセスのアプリは無料でインストールできる

中学生以上のお子さんにスマホを持たせるなら、安心アクセスをインストールしましょう。
安心アクセスは無料でインストールできるフィルタリング・アプリです。

フィルタリングの種類は2種類あります。

・レベルを選択してフィルタリングを設定する
・個人設定で細かくフィルタリングする

レベルは小学生、中学生、高校生の3種類あります。
そして、個人設定はLINEはOKだけど、出会い系はダメなど細かく決められます。

お子さんの教育方針に合わせて選べる個人設定の方がいいですね。
また、保護者のスマホから遠隔操作をして、夜はスマホを使えなくすることも可能。

申し込みがいらないので、かんたんに始めることができます。
お子さんにauのスマホを買ってあげたら、すぐインストールしましょう!

学割は?auの料金プラン。 中学生のための組み合わせ

・3つの学割があったけど現在は終了している
・auはよく学割をしているので、チャンスは多い
・安い料金プランにすれば学割なしでもお得

auには3つの学割がありましたが、今は終了しています。
auの学割をまとめてみると、

・25歳まで毎月5GBもらえる
・データ定額が最大1年間、毎月1,000円割引
・auスマートパス・ビデオパスの月額を割引

これらの割引には25位歳以下という条件以外にも、データ定額プランが5GB以上などの
条件があります。

中学生に5GB以上のデータ定額プランは必要ないので、学割を詩手入れも対象にならない
ことが多いです。

学割をしていなくても、通話プランはスーパーカケホ月額1,700円、データ定額1の2,900円の
組み合わせにすることで4,600円前後でお子さんにスマホを持たせることができます。

これでも年間で55,200円くらい。
中学生のスマホ代としては高いという場合は、格安スマホにしましょう。

月額2,000円以下で、お子さんにスマホを持たせることができますよ!

中学生のお子さんと料金のことはしっかり話しておきましょう。
また、端末は0円のものや安いものを選んでください。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









スマホを中学生が持つとどれくらいの料金がかかる?auの場合 はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ