ワイモバイルのスマホは中学生向き?特徴や料金などを調査

中学生のスマホにY!mobile(ワイモバイル) どんな機種が選べる?

・ワイモバイルには13種類のスマホがある
・iphoneの取り扱いもある
・ワイモバイルのSIMカードもあるので安くスマホが使える

ワイモバイルは猫のCMで注目されている会社です。
月額利用料がとても安い格安スマホを発売しているので、若者を中心に人気。

親にねだりやすい探している中学生にも人気となっています。
そんなワイモバイルで買えるスマホは、どんな機種があるのでしょうか?

ワイモバイルで取り扱っているスマホの機種を調べてみました。

・507SH Android One
・Nevus 6P
・DIGNO E
・AQUOS CRYSTAL Y2
・AQUOS Xx-Y
・Nexus 5X
・LUMIERE
・AQUOS CRYSTAL Y
・DIGNO C
・Spray
・Nexus 6
・DIGNO T
・Nexus 5

このように大手キャリア並みに取り扱っている機種が多いので、お子さんが気にいる
機種もきっと見つかりますよ!

また、iphone 5sの取り扱いもあるので、iphoneを欲しがっているお子さんにも向いて
います。

そして、親のスマホを活用したいと考えている親子にはSIMカードがあります。
USIMカードといって、他社の携帯やスマホを使ってワイモバイルの料金プランが使えます。

ワイモバイル 安いプランはデータ量が少ない?中学生のデータ通信を考える

・ワイモバイルのプランはスマホプランS、M、L
・Sは月間1GBのデータ量で月額2,980円
・中学生は月間1GBのデータ量でも問題ない

ワイモバイルのスマホは機種の種類が豊富で、選び甲斐があります。
そして、料金プランもお得なので安心して中学生にスマホを持たせることができます。

ワイモバイルのスマホ料金プランは、スマホプランS、M、L。
スマホプランSは月間で使える通信量は1GBで月額2,980円。

通話料は0円で、誰にでもお得に電話がかけられます。
通話は安心ですが、月間1GBのデータ量は少ないですよね?

しかし、中学生のデータ通信を考えてみると、学校へスマホをもっていけないので、
自宅でネットすることが圧倒的に多いです。

自宅でネットするときは、親が契約している固定回線を使えます。
ワイモバイルのデータ通信を使わないで、固定回線で通信すればお得にネットできますよ!

方法は簡単、スマホの設定メニューでWi-FIをONにするだけ。

常にONにしておけば、自宅では固定回線、外出先ではワイモバイル回線と自動で切り替わり
ます。

ワイモバイルは中学生に持たせても安全?無料フィルタリングと有料オプション

・ワイモバイルには無料フィルタリングがあるので安心
・有料オプションでは「スマホ安心サービス」があり月額300円
・申し込みが必要だけど、原則として適用される

ワイモバイルには無料で使えるフィルタリングサービスがあります。
有害サイトにアクセスできないようにブロックされます。

ただワイモバイルのスマホでこのサービスが受けられるのは、以下の機種だけ。

・iphone 5s
・507SH
・Nexus 5X
・Nevus 6
・Nexus 5

これらの機種なら無料のフィルタリングサービスを使えます。
これ以外の機種は月額300円のスマホ安心サービスに加入することになります。

「子供に少しでも安くスマホを持たせたいし、うちの子はまじめだからスマホ安心
サービスはいいか」と考える保護者もいるかもしれません。

しかし、未成年がスマホを使う場合このフィルタリングサービスやスマホ安心サービス
などに加入することは法律で義務付けられています。

申し込みが必要ですが原則として適用されるので、無料のフィルタリングサービスの対象
機種を買いましょう!

月々300円を最低利用期間2年間払い続けると、7,200円。
かなりの出費になってしまいます。

ワイモバイル 月々の料金は?中学生に安く持たせたいならキャンペーンをチェック!

・スマホプランSは月額2,980円、Mは月額3,980円、Lは月額5,980円
・データ容量が2倍になるキャンペーンがある
・加入した翌月から12か月間基本料が1,000円割引になるキャンペーンも実施中

ワイモバイルを中学生のお子さんに持たせた場合、毎月どれくらいの料金がかかるのか
事前に知っておきたいですよね?

そこで、ワイモバイルのスマホ料金プランをまとめてみました。

・スマホプランS データ通信量1GB 月額2,980円
・スマホプランM データ通信量3GB 月額3,980円
・スマホプランL データ通信量7GB 月額5,980円

さらに今ならこんなキャンペーンを行っています。

・「ワンキュッパ割」 月額の利用料から1,000円を割引
・「データ容量2倍キャンペーン」 毎月データ通信量が無料で追加してもらえる

データ通信量を追加する「データ容量2倍キャンペーン」は、プランごとに追加される
データ量が違います。

・スマホプランS 500MB×2回
・スマホプランM 500MB×6回
・スマホプランL 500MB×14回

こうしたお得なキャンペーンをしている時期にお子さんのスマホを買いましょう!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









ワイモバイルのスマホは中学生向き?特徴や料金などを調査 はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ