スマホの月額料金はどれくらい?中学生のスマホ料金

中学生のスマホ料金 みんな月額どれくらい払ってる?

・月額6,000円代が平均的な月額
・保護者としてはかなりの負担になる
・本体代のように節約できないのが難点

スマホは中学生が持っても、小学生が持っても、高校生が持っても月額の利用料は
変わりません。

今のスマホの料金プランは定額制なので、寝る時間やスマホを使っている時間に関係
なく料金が発生するからです。

中学生のスマホの月額利用料の平均は、6,000円代。
大人と変わらない料金ですね。

年間で料金が7,2000円代になるスマホを中学生に持たせるのは、保護者としては
辛いですよね?

スマホは古い機種を選んだり、中古端末を買えば本体代は節約できます。
しかし、月額は大手キャリアのごとに決まっているので、節約しようがありません。

これが難点で、中学生のお子さんにスマホを持たせない保護者は多いです。
月額利用料は最安値のものを選んだら、月いくらになるのでしょうか?

大手キャリアごとに最安値月額を計算してみました。

中学生に持たせるなら安心安全がいい!大手キャリアスマホの最安月額料金は?

・ドコモは最安月額料金2,000円
・auは最安月額料金
・ソフトバンクは最安月額料金

ドコモのスマホをお子さんに最安の月額料金で持たせる場合は、

・カケホーダイライトプラン 1,700円
・spモード 300円
・シェアパック5 6,500円
・合計 8,500円

ドコモの場合は、シェアパックは保護者持ちになりますので、事実上2,000円です。
auの場合は、

・スーパーカケホ 1,700円
・データ定額1 1GB 2,900円
・LTE NET 300円
・合計 4,900円

データ定額プランの料金が2,900円なので、かなり高額になってしまいますね。
そして、最後にソフトバンクの最安値プランをみてみると、

・スマ放題ライト 1,700円
・ウェブ使用料 300円
・データ定額ミニ 1GB 2,900円
・合計 4,900円

ソフトバンクもauと同じようにデータ通信プランの月額が最安値でも高いので、
5,000円近い費用になってしまいます。

それでは、平均より1,000円安いだけですね。
大手キャリアの最安値月額を比べてみた結果、ドコモがいちばん安かったです。

中学生用なら機能の十分!格安スマホの最安月額料金は?

・TONEなら月額利用料が基本1,000円
・通信回線の時間制限がない代わりに速度が遅いのであまりネットできない
・本体代は結構高めなので注意

中学生用の格安スマホなら、大手キャリアの3分の1以下の料金で持てます。
TONEという格安スマホは基本月額料金が、なんと1,000円です。

LINEやアプリのインストールなどができて、通話も可能。
中学生が楽しみたい機能が十分そろっています。

TONEの特徴は、通信制限がないこと。
学生向けのスマホはある一定の時間になると使えなくなるものが多いです。

しかし、TONEは通信速度がもともと500kbpsしか出ないので使える機能が限られて
います。

最近は超高速通信を売りにしているスマホが登場しています。
200Mbps以上出るものも多いですが、実はそこまでの速度は必要ないのです。

TONEの500kbpsで、SNS、ネットサーフィン、アプリ、動画再生などたいていのことは
できてしまうからです。

ただ、通信速度がもともと遅いとネットを使う人が増える午後8時~午後11時くらいの
ネットの使い勝手が悪くなります。

しかし、中学生のスマホはこれくらいの方が夜更かし予防になるので、安心です。

TONEで注意した方がいいところは、一つだけ。
本体価格が2万円代など高めなので、スマホを持ち始める月の出費がかかることです。

うちの中学生の子供もスマホが欲しいと言っているので、TONEを買おうか考えています。
最初はスマホに詳しくなかったので大手キャリアのスマホを考えていました。

しかし、料金を計算してみて、一番安い料金でもかなりの金額だったのでやめました。
学生向けの格安スマホは、保護者にも安心なので、親子ともどもメリットがありますよ!

なるべく安く済ませたい!中学生のスマホ月額を抑えるポイント

・データ通信プランは最安値のものを選ぶ
・通話プランは必要ないから加入しない
・本体は古くて安いものにする

中学生のお子さんに持たせるスマホをなるべく安く済ませたいなら、データ通信
プランは一番安いものにしましょう。

いちばん安いものにすることで、お子さんが使えるパケット容量も少量になります。
ネット依存や使い過ぎを予防できて、安心です。

また、中学生はスマホで通話をめったにしないです。
通話するときはLINE電話を使うので、通話プランはいりません。

一番安いデータ通信プランにだけ加入すればいいのです。
これなら大手キャリアのスマホでも、安く持てますね!

また、さらに安く持ちたいなら親のおさがりのスマホに格安SIMを挿して使うと
いう方法もあります。

これなら月額1,000円以下で中学生のお子さんにスマホを持たせることができますよ。
ただ制限アプリなどがないので、親子でルールを作る必要があります。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









スマホの月額料金はどれくらい?中学生のスマホ料金 はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ