中学生にゲオのスマホはどう?料金や機能はどうなってる?

中学生でもゲオでスマホは買える?ネット通販は?

・ゲオは中古のスマホやゲームなどを取り扱っているお店
・中古スマホは中学生でも買えるけど、格安SIMは買えない
・ゲオのオンラインストアは2018円11月に閉店

ゲオは中古のスマホやゲームなどを買い取り・販売しているお店。
日本全国に店舗があります。

ゲオの特徴はレンタルビデオ店なので、DVDやCDの品ぞろえがとてもいいことです。

しかし、中古のスマホを求めていく人も多いので、中古スマホの品ぞろえも充実して
います。

そんなゲオでは中学生でも中古のスマホが買えるのでしょうか?

調べてみると、ゲオで中古のスマホと格安SIMをセットで買えるということはわかり
ましたが、それ以上のことはわかりませんでした。

しかし、他のリサイクルショップでの中古スマホを買い方を調べてみると、中古スマホ
自体は中学生でも買えることがわかりました。

ですが、格安SIMは20歳以上じゃないと契約できません。
ゲオで中古スマホと格安SIMを購入するときは保護者が一緒に行く必要があります。

また、ゲオのオンラインストアが以前楽天にありましたが、2016年11月で閉店しました。
中古のスマホをゲオで通販で買うのは無理ですね。

実店舗は独自のルールに注意!中学生は保護者の同伴が必要な場合も

・ゲオは店舗ごとに中古スマホを買うときのルールが違う
・保護者がいなくても買える店舗もあれば買えない店舗もある
・中古スマホの下見を兼ねて一度足を運んでみよう

他のリサイクルショップでは中古スマホは中学生でも買えます。
しかし、ゲオは店舗ごとにルールが少しづつ違います。

ある店舗では中学生だけでも中古スマホは買えるけど、別の店舗では買えない。
通販と違い、実店舗はお店によって独自のルールができているのです。

そこで、どんな中古スマホがあるのか下見もかねて近くのゲオに保護者と行って
みましょう。

ゲオのお店の中には、DVDとCD、ゲームだけで他のものは扱っていないところもあり
ます。

近くのゲオに中古スマホそのものがない可能性もあるので、事前の下見は大切です。
下見の際に中古スマホを買うときのルールを店員さんに聞いてみましょう!

同じ店舗でも、店長が変わるとルールが変わることはめずらしくありません。

ゲオモバイルで中学生でもスマホ本体が買えた!でも白ロム赤ロムってなに?

・中古スマホと格安SIMのセット購入をゲオモバイルという
・白ロムとはSIMカードを抜いた状態のスマホ
・赤ロムとは

ゲオで行っている店舗にある中古スマホの中から好きなものを選び、格安SIMと
セットで買うというサービス。

これをゲオモバイルといいます。
実店舗によっては、このゲオモバイルで中学生でも中古スマホが買えることもあります。

しかし、変えたとしても中古スマホのことをまったくわかっていなかったら使えない
ですよね?

そこで、ここからは中古スマホの基本的な情報をまとめていきます。
中古スマホには、白ロムと赤ロムというものがあります。

・白ロム SIMカードを抜いた状態の誰かが使った中古スマホ
・赤ロム 前使っていた人の支払いが滞って使えなくなっている中古スマホ

白ロムか赤ロムかは見ただけではわかりませんし、ゲオ側も判断できません。

ゲオに買い取ってもらったときは順調に料金を払っていて使える状態でも、
買取後、支払わないといけない料金を支払っていないので使えなくなるのです。

買取後に赤ロムになってしまうから、ゲオも赤ロムを売っているという自覚がありま
せん。

赤ロムを買ってしまっても、買ってすぐのころはふつうに使えるけどすぐに使えなくなって
きます。

中古スマホにはこういう危険性があるのです。
中古スマホが欲しいなら親のお古のスマホを使うのがいちばん安心ですよ。

ゲオモバイルが提携しているSIMはこれ!中学生でも契約できる?

・ゲオが提携しているのはOCN、UQモバイル、楽天モバイル
・どの格安SIMも未成年の契約に関する記述がない
・格安SIMで18歳以下が契約できるものはほとんどない

ゲオモバイルが提携している格安SIMはOCN、UQモバイル、楽天モバイルの3つです。
UQモバイルはモバイルwifiや格安スマホのイメージがありますが、格安SIMカードもあります。

3つの公式サイトを見てみましたが、未成年が契約できるかどうかに関しての記述がありま
せんでした。

ただ、OCNや楽天モバイルで契約しようとした未成年の体験談によると、19歳でも保護者の
同意書が必要だそうです。

また、保護者の同意書があっても契約できるのは18歳からというところがほとんど。
中学生が契約できる格安SIMはなさそうですね。

ゲオに保護者と一緒に行って、保護者に契約してもらいましょう!

親名義の格安SIMに抵抗を感じるかもしれませんが、月々の利用料を支払うのは親です。
本人名義であっても、親が料金を支払っている以上親のものということになります。

親名義であれば、「親のおかげでスマホを使えている」ということを忘れないので、
使い過ぎやスマホトラブルの防止になっていいですよ!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









中学生にゲオのスマホはどう?料金や機能はどうなってる? はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ