500円でスマホが使える!?中学生にぴったりのスマホが登場!

中学生のスマホ料金を500円に抑える?それが出来るスマホ会社はここ!

・MVNOというネットのプロバイダのような会社のスマホなら月額500円
・ドコモ回線を使っているMVNOが多いので、通信エリアは広い
・初期費用は3,150円なので注意

スマホ料金が月額500円なんて夢のようですが、実際に今現在発売されています。
それは、MVNOという種類の会社のスマホサービスです。

MVNOとは、ネットのプロバイダのようなもので通信回線をレンタルして通信環境を
契約者に提供するスタイルの会社です。

ドコモ回線をレンタルしているMVNOが多いので、通信エリアが広く、安定した通信が
出来るのが特徴です。

大手キャリアのように自社の通信回線を持っていないので、工事費や維持費がかかりません。
これが料金に還元されて、月額500円でスマホが使えるのです。

中学生にスマホなんて贅沢と考えている人は、本当に多いですよね?

実際に中学生のお子さんにスマホを持たせている保護者でさえ、そう思っている人はたくさん
います。

ただ、「塾の帰りの時間が遅くなるから心配」とか「家族が家を空けることが多いから心配」と
いう理由で必要性を感じて、お子さんにスマホを持たせている家庭が多いです。

また「テストを頑張って成績がよかったから持たせ始めた」というようにお子さんの頑張りに
対して評価する意味で持たせている家庭もあります。

そんなスマホは中学生でも平均月額は6,000円代。
これでは家計を圧迫します。

月額500円のスマホなら、中学生にも抵抗なく持たせられますよね?
ただ、初期費用が3,150円とふつうのスマホと同じくらいかかるので注意してください。

月額500円プラン 気になる通信面は?中学生スマホに必要な通信量と通信速度の目安

・MVNOは通信速度が100kbps~200kbpsくらいと低速
・低画質な動画を観るのに必要な速度は約240kbps
・中学生がよくするSNSは問題なし、ネットサーフィンは時間がかかる

月額500円のMVNOのプランだと通信速度はどれくらいなのでしょうか?
調査してみると、100kbps~200kbpsという結果でした。

低画質の動画を観るときに必要になるのが約240kbps。
YOUTUBEで一番画質が悪い動画を観ることはできるようです。

しかし、MVNOの通信速度は大手キャリアで通信制限をされた時の速度128bpsと
同じくらいの遅さ。

大手キャリアで速度制限された人の体験談をみてみると、LINEやメールなどは問題
なくできますが、動画再生、ネットサーフィンはかなり時間がかかります。

YOUTUBEに関してはそもそもつながらないことも多いようです。
大人からしたら、かなり不便な速度ですが中学生には問題ありません。

それは、中学生のスマホのメインの使い道はLINEだから。
LINEで通話もスムーズにできるので、月額500円でも快適なのではないでしょうか?

中学生スマホは500円にプラスでもっと安定。バースト機能にも注目。

・バースト機能とは高速データ通信量の追加をしなくても一定時間高速通信できる機能のこと
・バースト機能は無料で使えるので経済的
・DMMならバースト機能アリで月間1GBが480円

バースト機能は、高速データ通信量の追加をしなくても一定時間高速通信できる機能のこと。
無料で使えるので、低速の料金プランの人にぴったりです。

DMMならバースト機能が使えるプランで、月間1GBのものは月額480円。
中学生のお子さんに手軽にスマホを持たせることができますね!

また、DMMのバースト機能は本当に便利で申し込みの必要がありません。
低速通信のときに自動的にバースト機能が作動するようになっているからです。

ただ、DMMは3日当たりの通信量が366MBを超えたら通信制限にひっかかります。
通信量には気を付けて通信をするようにしてください。

スマホ料金を500円に抑えるなら通信のみSIM。通話する方法と注意点。

・DMMでも通話ありだと月間1GBでも月額1,260円かかる
・通話するにはLINEアプリやskypeを使う
・通話の質が良くないので聞き取りにくいこともある

DMM mobileは格安SIMの中でも月額料金が安い会社です。

しかし、月額500円以下なのは月間1GBで通信のみSIMだけ。
同じ月間1GBでも音声通話があると月額1,260円になります。

節約のためには通信のみSIMを選んだ方がいいですよね?
でも、通話ができないと不便です。

そこで、LINEの通話機能を使いましょう。
LINEをインストールして通話したい人の名前を選びます。

そして受話器マークをタップすれば、電話がかけられます。
無料ですし、とても簡単です。

LINEのほかにはskypeなどもあります。
ただ、注意してほしいのは普通のスマホの通話よりも音の質が悪いということ。

途中で切れてしまうようなことはありませんが、耳によくありませんので音の質は
良くないので長電話したり、周りがうるさいところでは電話しない方がいいです。

通信のみSIM特有の注意点をお子さんに、しっかり伝えてから使わせましょう!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









500円でスマホが使える!?中学生にぴったりのスマホが登場! はコメントを受け付けていません。 中学生とスマホ