本体価格や料金プランは?ドコモのキッズスマホの費用を調査!

ドコモのキッズスマホってどんな機種?本体価格は?

・ドコモから発売されているキッズスマホは1種類
・「スマートフォン for ジュニア SH-03F」は現在は購入できない
・大人向けの安いスマホを購入するか格安スマホにするといい

ドコモから発売されているキッズスマホは1種類しかありません。

「スマートフォン for ジュニア SH-03F」という機種ですが、現在は発売されていない
ようです。

ドコモの公式サイトをみてみると、「販売終了 購入できません」になっています。

ただ、ホワイトだけは「在庫なし」になっています。

「入荷予定」の欄に「キャンセル発生時 入荷」というふうに書かれていますので、
キャンセルが出たら買えるかもしれませんね。

最近は格安スマホにキッズ向けのものが登場して、多くの保護者がそっちを買っている
みたいです。

大手キャリアのキッズスマホは本体価格や月々の料金が高いから、不人気になっています。
「スマートフォン for ジュニア SH-03F」の本体価格は57,024円と高額です。

販売終了しているのは、こうした現状からでしょう。

お子さんが格安スマホではなくドコモのスマホが欲しいと言っている場合は、
大人向けの中古スマホを買ってあげるといいですね。

また、会社にはこだわらないという場合は格安スマホにしましょう!

ドコモのキッズスマホ 本体購入の月々サポートはある?実質負担額は?

・キッズスマホにも月々サポートがある
・実質負担額は648円~で、月々27円~に分割できる
・格安スマホよりも本体価格は安い

ドコモのキッズスマホは現在発売を中止しています。
しかし、キッズスマホにも月々サポートを適用することはできるのです。

「スマートフォン for ジュニア SH-03F」は本体価格が5,7024円ですが、
実質負担額は648円~です。

月24か月間、分割で支払うと月27円~。
かなりお得にキッズスマホを買うことができますね!

格安スマホの場合は、本体価格が2万円代だったり、1万円代だったりします。
格安スマホよりもはるかにお得に買うことができますよ。

でも、月々の料金が高いのです。
このことを考えると、本体価格が高くても格安スマホの方がお得といえます。

ドコモのキッズスマホ 月々の支払いはどれくらいになる?

・ドコモのキッズスマホは月々2,027円~
・平均のスマホ料金は6,000円なのでかなりの節約になる
・本体代はほとんどかからないから安心

ドコモのキッズスマホは月々2,027円~で使うことができます。
詳しく料金を調べてみると、

・カケホーダイライトプラン 1,200円
・spモード 300円
・シェアオプション月額定額料 500円
・本体代 27円~
・合計 2,027円~

中学生のスマホ平均利用料は6,000円と高額なので、かなりの節約になりますね!
本体代がほとんどかからないことが大きなメリットになっています。

うちの子は中学生なのですが、スマホが欲しいとよく言ってきます。

あまり欲しがるので、「次のテストで成績がよかったら買ってあげよう」と考えている
のですが、じっさいにいくらかかるのか知らないで買うのは不安でした。

そこで、本体価格から月々の料金まで調べてみると、意外と安く済むことが分かって
ほっとしました。

うちの子は周りの子に影響されやすいので、友達が持っているものをすぐに欲しがり
ます。

安いものは買ってあげられますが、スマホなどはすぐに買ってあげられません。

子どもにスマホを持たせるのは贅沢だと考えている人が多いことは知っていますが、
イマドキの子どもには、やっぱりスマホが必要なのかなとも思います。

子供には「成績を下げないこと」を条件にスマホを買ってあげる予定です。

ドコモのキッズスマホの初期費用。購入時に必要なのはいくら?

・キッズスマホでも大人向けスマホと同じように初期費用がかかる
・初期費用は3,000円、オプション代もかかるので注意
・初月の利用料金と一緒に請求されるから用意する必要がない

キッズスマホでも、大人向けのスマホと同じように初期費用がかかります。
ドコモの場合は3,000円です。

これに初月の利用料金とオプションの料金が追加されます。
先ほどの料金プランだと、合計で5,000円くらいになります。

この料金は初月の利用料金と一緒に引き落としやコンビニ払いで支払うことになります。
ドコモショップで支払う必要はないので、安心してください。

また、オンラインショップからでもキッズスマホは買えるので、忙しくて時間がない人
でも手軽に買うことができますよ!

お子さんにキッズスマホを持たせる場合は、シェアパックの容量を増やさないようにしま
しょう。

そして、お子さんには通信量を節約しながらスマホをつかってもらってください。

これは通信費の節約にもなりますし、お子さんのスマホ依存予防にもなります。
子供のスマホ依存は通信料が多いプランに加入しているから起こるのです。

スマホの通信量が少ないプランに加入することで、長時間ネットできなくなります。
節約とお子さんの精神的な健康を守るのに、効果がありますよ!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









本体価格や料金プランは?ドコモのキッズスマホの費用を調査! はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ