本体価格と料金プランを調査!auのキッズスマホはいくら?

auキッズスマホ「miraie(ミライエ)」 本体価格と機種の特徴

・「miraie(ミライエ)」の本体価格は38,880円
・アプリ制限やカメラ機能つき防犯ブザーなどがある
・メールで子供が汚い言葉などを使えないようになっている

「miraie(ミライエ)」は、auから発売されているキッズスマホです。
しかし、現在はauのオンラインショップで取り扱っていないようです。

ネットで本体価格を調べてみると、口コミでは「38,880円」とのこと。
月々の料金を支払うときに分割で払えるようになっています。

キッズスマホですが、ふつうに大人向けのスマホと同じような値段がしますね。

そして、「miraie(ミライエ)」の肝心の機能ですが、とても便利な機能が充実して
います。

・アプリのインストールを制限する機能
・カメラ機能つき防犯ブザー
・良くない言葉を使うのを制限できる機能
・電話帳に登録してある人に連絡を取るときに、保護者のスマホにお知らせする機能
・不審な着信があったら知らせる機能
・スマホを使う時間を制限できる機能 など

このようにお子さんが安全にスマホをつかうために必要な機能がそろっています。
これなら、安心してお子さんにスマホを持たせることができますね!

auキッズスマホ向け料金プラン、注目ポイントはココ!

・ジュニアスマートフォンプランというキッズスマホ用プランがある
・月間データ通信量が0.5GBのプランがある
・21時以降の通話は有料になっている

auのキッズスマホ向けの料金プランは、ジュニアスマートフォンプランといいます。
「誰でも割」を適用すると、月額3,620円になります。

ジュニアスマートフォンプランの注目ポイントは、

・21時からの通話は有料
・0.5GB分のデータ通信通話料は基本プランに入っている
・au同士の通話は無料

1時~21時までの通話はは無料なので、友達や家族と好きなだけ通話できます。
しかし、21時以降は有料になっているので、夜更かしできないようになっているのです。

さらに、追加料金なしで0,5GBのデータ通信量をもらえます。
お子さんにスマホは持たせたいけど、ネットはあまり使ってほしくない保護者向けですね。

さらにau同士は通話が無料なので、家族でauにすると通話し放題になります。
家族のコミュニケーションをしっかりとるのに適していますね!

auのキッズスマホ 月額はいくらになる?どんな割引があるの?

・ジュニアスマートフォンプランとLTENETで月額3,920円
・「誰でも割」と「auスマートバリュー」で料金がお得に!
・「auスマートバリュー」には対象条件があるので注意

auでキッズスマホを買うと、ジュニアスマートフォンプランとLTENETで月額3,920円に
なります。

このジュニアスマートフォンプランは「誰でも割」を適用しているときの料金です。
LTENETとはauのスマホでネットにつながるときにかかる費用のことです。

お子さんのスマホに舞い居つき4,000円ちかい料金は、支払うのがつらいですよね?
そこで、もっとお得になる割引はないのか探してみました。

すると、「auスマートバリュー」に加入すると月々934円の割引になるみたいです。
これなら、毎月2,986円でお子さんがスマホを使えます。

でも、この「auスマ―トバリュー」は加入するのに条件があります。

・ジュニアスマートフォンを購入していること
・auひかりなどの固定通信サービスに加入していること

これらの条件を満たしていないと、この割引は使えません。
auのキッズスマホは基本的に4,000円くらいかかると思っておきましょう!

auのキッズスマホの初期費用は?購入時にはいくら用意すればいいの?

・契約事務手数料が3,000円
・キッズスマホの本体代もかかる
・初月の利用料と一緒に請求されるので用意する必要はない

auのキッズスマホを契約するときは、契約事務手数料として3,000円かかります。
そして、キッズスマホ本体代もかかります。

キッズスマホ「miraie(ミライエ)」は本体代が38,880円なので、24ヶ月分割で支払うと
月々1,620円になります。

契約事務手数料3,000円と合わせると、4,620円になります。

しかし、この費用は初月の利用料金と一緒に請求されますので、契約するときに用意
してなくても大丈夫ですよ!

初月の利用料金は3,920円なので、合計6.920円になりますね。

うちの子もスマホが欲しいと言っているのですが、この初期費用を考えるとやっぱり
子供にスマホは贅沢なんだなと思ってしまいます。

子供が友達と楽しい思い出を作れるように、買ってあげたい気持ちはありますが、
スマホに頼らなくてもいい思い出は作れると思います。

うちの子には、大手キャリアのスマホではなく格安スマホを買ってあげる予定ですが、
それでも本体代が高いです。

子供にもこのことをしっかり説明してから、買ってあげるようにしたいです。
また、「成績が落ちたらスマホは没収する」などのルールをつくった方がいいですね。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









本体価格と料金プランを調査!auのキッズスマホはいくら? はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ