スマホを持たせている親御さんは中学生の子供と約束した?

Q.png【質問】
中学生にスマホを持たせるとき、何に注意すればいいですか。中学生の子供を持つ母親です。
前から、中学生になったら、スマホを買うことを約束していました。

でも、いろいろと心配があります。
ゲームばかりやって、勉強をしなくなるとか。
LINEで、悪い友達ができるとか。
変なサイトを見て、詐欺に引っかかるとか。
こういう話が、耳に入ってくるのです。

それで、ここで質問させていただきます。

スマホを持たせるときに、約束させておくことはありますか。
なにしろ、始めが肝心ですので。
ちなみに、子供は、これまで携帯電話も持っていません。

それと、どの会社のスマホが、オススメでしょうか?
もちろん、値段が安い方がいいです。
でも、子供が使うのです。
安心第一です。
このオプションは、絶対に付けるべき、というのがありますか?
主人の携帯電話は、ソフトバンクです。
同じソフトバンクで、2台使用割引、とかはないでしょうか?

私としては、スマホより家族の顔を見ている子供に育てたいです。

皆様、どう思われますか?
同年輩の子供がいらっしゃる方々、アドバイスをお願いします。

■アメリカの親子のルールを参考にしましょう!

2015年1月に日本の新聞で取り上げられ、話題となったアメリカの親子の話。

生まれて初めてのスマホを持つ息子に母親が作ったルールが素晴らしいと
とても注目を集めました。

ここでは、そのアメリカの親子のルールをご紹介いたしましょう。
このルールを元にお子さんと話し合い、独自のルールを作ってください。

「1.これは私の携帯です。私が払いました。あなたに貸しているのです」
スマホは親のものであって、子供個人のものではないと最初に明記しています。

「2.パスワードは必ず私に報告すること」
これも1同様、親のものなので、パスワードを教える必要性を強調しています。

「3.これは電話です。鳴ったら必ず出ること。礼儀正しく「こんにちは」と言いなさい」
発信者がだれであっても、礼儀正しく出るという基本を提示しています。

「4.学校がある日は19:30までに携帯を私に返却します。
週末は21:00に返却します。携帯は翌日の朝7:30までオフになります」

事前に夜寝る前に親があずかることで、子供たちを危険から守ることが
できるのです。そして、やはりこれは親のものなのだと子供が自覚するのです。

「5.スマホはあなたと一緒に学校へは行けません。
SNSをする子とは直接話をしなさい。人生のスキルです」

友だちと直接話をすることの大切さを教えています。SNSは直接言えない
ことも言えてしまいます。

しかし、それに頼っていては人としての成長はないということを
子供と確認することが大切です。

「6.万が一トイレや床に落としたり、破損させた場合の修理費用は
自己負担です。家の芝生を刈ったり、お年玉でカバーしてください」

人から借りているものを破損してしまった場合は、しっかり弁償を
するということを子供に教えるよいチャンスでもあります。

また、破損した時にために、事前にお小遣いをためておいたり、
お年玉を溜めておいたりしましょう。

「7.このテクノロジーを使って嘘をついたり、人を馬鹿にしたりしないこと。
人をきずつけるような会話に参加しないこと」

SNSやメールは大人でも悪口に発展しやすいものです。
思春期のお子さんなら尚更でしょう。

ルールとして組み込まれていれば、抑止力になります。

「9.友達の親の前でいえないようなことをSNSやメールでしないこと。
自己規制してください」

これもオンラインでのコミュニケーションをとる上でとても大切なことです。

「12.他の人にあなたの大事なところの写真を送ったり、もらったり
してはいけません。とてもリスキーで、あなたの青春時代や大学時代、
社会人時代を壊してしまう可能性があります」

これはとても大切なルールです。ネット問題を考えた時に、ポルノや
こういった問題はさせて通ることができません。

■親子で話し合い、お互いが納得した上でルールを決めましょう!

スマホのルールを決める上で、まずは、保護者がルールの基盤を作ります。
それをお子さんに見せて、お子さんの意見を取り入れてルールを
完成させるようにしましょう。

この時に大切なのは、お子さんの要求にあまり答えすぎないこと。

保護者が買い与えるスマホは、お子さんが使うものですが、
所有権は保護者にあるのだとしっかり分からせましょう。

■スマホのメリットも教えてあげましょう!

スマホは大量の情報を生活に活用することで、思春期を何倍も
充実しているものに出来ます。

お子さんに気になることは、どんどん検索して、調べる習慣をつけましょう。

そして、YOUTUBEなどで最近の音楽から、昔の音楽まで幅広く
楽しむことができます。音楽は思春期を豊かにしてくれます。

様々な世代の音楽を聞くようにお子さんに勧めましょう。

■親子でのコミュニケーションにも使いましょう!

普段、直接言えないことを親子の間で言いたい時に、メールやLINEを使う親子もいます。

子供の本音はメールなどの方が引き出しやすいという場合もありますので、
親子でメールすることも大切なことです。スマホはとてもリスクが高いものです。

しかし、それをコントロールして、正しくスマホを使えるようになることは、
現代社会に生きる人にとってなくてはならない要素です。

親子でしっかりと話し合いルールを作り、思春期のうちに正しくスマホを
使えるようになっておくことも大事です。

親子でスマホを買う前に約束を決めておくことはとても大切です。

しかし、思春期のお子さんは約束を破ることもあります。
そういった時は、その都度話し合いをし、ルールを改善していきましょう。

何度も話し合いを重ねていけば、お子さんも親御さんの気持ちを
理解してくれることでしょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。