wifiできる?ドコモのキッズスマホの機能を調査してみた!

ドコモのキッズスマホは制限が多いけどwifiできる?

・ドコモのキッズスマホ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」はwifi対応
・固定回線の電波でネットできるからパケットパックの容量は少なめでOK
・子供はほとんど家でスマホを使うので、契約が必要ない場合もある

ドコモのキッズスマホ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」はアプリのインストールの
制限や有害サイトの制限が厳しくなっています。

お子さんがアプリで課金してしまわないためと、ネットで良くない情報をみないために
とても有効です。

でも、ふつうにネットするときにこの制限がジャマにならないか心配ですよね?
そこで、ドコモのキッズスマホはwifiに対応しているのか調査してみました。

すると、ドコモのキッズスマホ「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」はwifiに対応して
いました。

ドコモのキッズスマホでも、固定回線の電波を使ってネットできますね!
家族でシェアするパケットパックの容量は少なめでも問題ありませんよ。

ただ、「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」は発売終了しているので、手に入れるには
通販サイトやリサイクルショップで中古を買う必要があります。

ドコモのキッズスマホでできないことはなに?買う前に知っておこう

・有害サイトへのアクセス、自由な通話やメール、アプリのインストールができない
・子供にとって有害なサービスが使えないだけなので不便なところはない
・ツムツムができないなどの子供には重大なデメリットもある

ドコモのキッズスマホはできることとできないことがあります。
ここでは、「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」でできないことをまとめてみました。

・有害サイトへのアクセス
・保護者が指定した人以外の人と通話とメール
・GooglePlayからアプリのインスト―ル
・深夜時間帯のキッズスマホの利用

このように、ドコモのキッズスマホで出来ないことは子供にとって有害なことです。
通話やメール、アラームなどの子供にとって必要な機能はそろっています。

子どもが欲しい機能でできないものはツムツムなどの人気ゲームくらい。

でも、キッズスマホ用のdメニューからゲームをインストールできるので、他のゲームで
代用することができます。

キッズスマホで出来ない機能で困るものはありません。
子どもの安全を守るための制限なので、必要な機能はそろっていますよ!

wifiができるメリット。契約なしでもドコモのキッズスマホが使える

・wifiができるから契約なしでも使える
・制限などは使えないので、制限アプリをインストールしよう
・家でしか使えないので遠出するときは不便

ドコモのキッズスマホはwifiができるので、契約なしでも使うことができます。
使い方は、ドコモのキッズスマホを中古で入手してwifiをオンにするだけ。

たったこれだけで家の固定回線を使って、ネットできます。
でも、キッズスマホの制限機能は使えません。

家の固定回線でネットしているのと同じ状態になりますので、GooglePlayから
アプリのインストールもできてしまいます。

それを制限したい場合は、制限アプリをインストールしましょう。
また、制限する前にLINEをインストールすれば、wifiを使って通話することもできます。

ただ、家でしかネットも通話もできなくなるのでお子さんが友達と遠出するときは
使い物になりません。

塾などの帰りにも使えないので塾に通っていない子、あまり遠くに外出しない子じゃないと
契約なしでキッズスマホを使うのは不便ですね。

この条件に当てはまっている子なら、契約なしのキッズスマホでも問題ありません。
また、スマホ自体はキッズスマホじゃなくてもいいので、保護者のおさがりでもいいでしょう。

wifiできるメリット。パケットパックの容量を買える必要がない

・契約者が一人増えてもパケットパックの容量はそのままで大丈夫
・固定回線のwifiを家族でフル活用すれば通信費節約になる
・家族4人でも5GBで足りる家庭は多い

ドコモのキッズスマホがwifiできるメリットは他にもあります。

ドコモのデータ通信はパケットパックを家族でシェアしますが、この容量が少なくて
済むのです。

例えば、家族4人の家庭はシェアパック15(標準)(15GB)を選ぶ人が多いです。
しかし、実際のスマホの平均通信量をみてみると、こんなに容量はいりません。

スマホを持っている人の平均データ通信量は月間2~3GB。
家族4人でも12GBくらいです。

しかも、1日にスマホでネットする時間の60%は家でするという人がほとんど。

固定回線のwifiで60%は足りるので、家族4人でもシェアパック5(小容量)(5GB)
で十分足りてしまうのです。

お子さんがキッズスマホを持つときに、シェアパックを見直してみましょう。
家族全体で通信費を節約するチャンスですよ!

シェアパック15は月額12,500円ですが、シェアパック5は月額6,500円。
通信費が半額以下になりますよ。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









wifiできる?ドコモのキッズスマホの機能を調査してみた! はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ