格安simとキッズスマホはどっちがよい?人気や料金を比較

格安simとキッズスマホ。子どもに持たせやすいのはどっちか調査

・大手キャリアのキッズスマホは発売終了している
・格安simは月額2,000円以下で子供にスマホを持たせることができる
・最近はスマホを欲しがるお子さんに格安simを持たせる保護者が多い

大手キャリアから発売されていたキッズスマホはもともと種類が少なかったです。
ドコモは「SH-03 F」、auは「miraie」ソフトバンクはシンプルスマホ2、3。

このうちドコモの「SH-03F」とauの「miraie」は発売を終了しています。
ソフトバンクのシンプルスマホ2、3は現在も発売されていますが、月額が3,000円以上です。

年間にすると、36,000円以上。
かなりの出費になりますよね?

うちの子も中学に上がってから「スマホ欲しいんだけど」と毎日のように言ってきます。

「試験でいい点とれたら」「部活で活躍できたら」「英検合格したら」といろいろ条件を
つけて先延ばしにしてきたのですが、もうそろそろ買わないといけないみたいです。

そこで、格安simを子供にあげるのがどうかと考えてみました。
私のお古のスマホに格安simを挿して、子どもに持たせるのです。

この方法は多くの保護者が実践しているみたいで、「おさがりスマホ」というそう。
費用が掛からないから、安心ですがデメリットもあるみたいです。

格安simのデメリット。アプリや利用時間の制限がない

・格安simのデメリットはアプリ制限がなく、利用時間の制限がないこと
・制限アプリをインストールして、スマホを自室にもっていかせないようにする
・親子でルール作りをすればデメリットはカバーできる

格安simはデメリットはアプリ制限や利用時間の制限がありません。
しかし、こうした機能はアプリをインストールすればかんたんにできます。

アプリのインストールを制限するアプリを、お子さんのスマホにダウンロードしてください。
お子さんが勝手に有料アプリをインストールするのを防ぐことができますよ!

また、時間制限がないので、代わりに自室にスマホをもっていかないようにルールを作り
ましょう。

格安simは、例えば「OCN モバイル ONE」なら月間3GBで月額1,800円。
お子さんにかなり安い費用でスマホを持たせることができます。

月間3GBの通信量は少ない?中学生や高校生は足りない?

・月間3GBの通信量でも固定回線で通信すればいいので十分足りる
・通信専用simにして家電で電話させればますます節約できる
・中学生、高校生のほとんどが家でネットする

月間3GBしか使えないのでは、中学生・高校生のお子さんには足りないんじゃないかと
心配になりますよね?

しかし、スマホを持っている人の平均通信量は月間3GB以下です。
大人でも3GB以上使う人はほとんどいないので十分足りますよ。

また、格安simには音声機能付きと通信専用のものがあります。
通信専用にして通話は家電でさせれば、スマホ代をさらに節約できます。

中学生、高校生のほとんどが家でネットするので、家の固定回線を使います。
スマホでネットしないので、通信量が少ないのです。

家の固定電話と固定回線をフル活用すれば、通信専用の格安simの一番安いプランでも、
十分たります。

余計な費用をかけずに、お子さんにスマホを持たせることができますね!

うちの子の友達に保護者のおさがりのスマホをもっている子は、月額6,000円くらいかかって
いるそうです。

家庭によってはお子さんのスマホ代にこれくらいの費用をかけられるかもしれませんが、
ほとんどの家庭がきびしいですよね?

でも、イマドキの子供はスマホを持っているのが当たり前になりつつあるので、保護者が
いろいろ調べて安く持たせてあげましょう!

キッズスマホは小学生が持つのが大前提。中学生・高校生に向かない理由

・デザインが小学生の女子向けなので中学生、高校生は持ちづらい
・格安simは親のお古のiphoneにさして使える
・中学生、高校生はiphoneを持ちたい子がほとんど

キッズスマホはポップなカラーでコロンとしたかわいらしいデザインです。

女子小学生にはちょうどいいデザインですが、小学生の男の子、中学生、高校生には
ちょっと持ちづらいデザインです。

でも、格安simなら親のお古のiphoneにさして使えるので、中学生、高校生も気に入ります。
中学生、高校生のほとんどはiphoneを持ちたいと思っているので、ちょうどいいですね。

格安simは契約なしでネットで買えます。
スマホのようにショップに買いに行って、1時間くらい待たされることもありません。

忙しい平日でも買えるので、「急に子供にスマホが必要になった」という場合にも
ちょうどいいですよ!

格安simは最低利用期間が半年程度と短いか、ないものがほとんど。
あきやすいお子さんも持たせても、解約したいときにすぐに解約できます。

キッズスマホは普通のスマホと同じように最低利用期間が2年間あるので、デザインに
あきても解約できません。

契約だけではなく解約もしやすいので、キッズスマホよりも格安simの方がいいでしょう!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









格安simとキッズスマホはどっちがよい?人気や料金を比較 はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ