どう違う?キッズスマホとキッズケータイそれぞれの特徴を比較

キッズスマホとキッズケータイの違いを調査。機能性はスマホの方が上

・キッズスマホとキッズケータイはスマホとガラケー並みに違う
・キッズスマホはアプリやLINE、メールができて楽しい機能が多い
・キッズケータイは高機能防犯ブザーのようなもの

キッズスマホとキッズケータイは名前からしてあまり違いがないように思います。
しかし、調べてみるとかなりの違いがありました。

まずキッズスマホとキッズケータイは、ふつうのスマホとガラケー並みに違います。

スマホはカメラ、アプリ、メール、通話、LINE、ネットなど様々な便利な機能が使え
ますが、ガラケーは限られた機能しか使えません。

しかもキッズケータイは、通話が登録している数人にしかできない、ネットを観れない、
通話、SMS、防犯ブザーなどの機能以外ほとんどありません。

キッズケータイは高機能な防犯ブザーのようなものなのです。

キッズスマホとキッズケータイを比較してみると、キッズスマホの方が楽しい機能も
便利な機能も充実しています。

お子さんの年齢に合わせてキッズスマホとキッズケータイ、どちらをもたせるか
決めましょう。

キッズスマホとキッズケータイ。料金はどう違うのか調査

・キッズケータイは親とセットで契約すると月額1,000円以下
・キッズスマホは月額3,000円以上で本体代も高い
・費用の子とも考えてどちらかを選ぶ必要がある

キッズスマホとキッズケータイは機能だけではなく、料金も違います。

これくらい違うのか、ソフトバンクのキッズスマホとキッズケータイの料金で
比較してみました。

まず、ソフトバンクのキッズスマホ「シンプルスマホ2」の料金は

・機種代金 24回分割払い 2,970円
・基本利用料 通話定額ライト基本料 1,836円
・ウェブ使用料 324円
・データ定額サービス データ定額ミニ1GB 3,132円
・月月割 -2,520円
・合計 5,742円

一方、ソフトバンクのキッズケータイ「みまもりケータイ3 202Z」の料金は、

・機種代金 24回分割払い 637円
・基本使用料 みまもりケータイ3専用プラン 606円
・みまもりケータイ3基本料無料プログラム -606円
・合計 637円~

こんなに料金に違いがあります!
お子さんにキッズスマホをもたせるのは出来るだけ先延ばしにした方がいいでしょう。

キッズスマホとキッズケータイ。それぞれを持たせ始める年齢

・キッズスマホかキッズケータイかによって持たせ始める年齢が違う
・キッズスマホは小学校高学年~
・キッズケータイは幼稚園~

キッズスマホとキッズケータイは機能も料金もかなり違います。
それぞれをお子さんに持たせたい場合は、いくつから持たせればいいのでしょうか?

まず、キッズスマホは小学校高学年から持たせる保護者が多いようです。

塾に通い始めたり、部活で帰りが遅くなったり、保護者が共働きをし始める年齢に
なったら、キッズスマホを持たせるという家庭が多いみたいです。

一方、キッズケータイは幼稚園や小学校入学と同時に持たせる保護者が多いようです。
こちらも家庭の事情でお子さんの安全を守るために持たせるみたいですね。

ただ、教材を販売している大手企業のアンケート結果では、小学校4年生~6年生の
携帯所得率は平均約30%なのだそうです。

幼稚園からキッズケータイを持っている子は、意外と少ないみたいですね。

うちの上の子ももう中学生ですが、ガラケーさえ持ったことがありません。
下の子も小学校高学年ですが、キッズケータイも持っていないです。

子どもがいない大人からすると、「イマドキの子供はみんなスマホを持っている」
いうイメージなのでしょうが、実際は違います。

便利で子供の安全を守るためにもいいことはわかっているのですが、料金のことを
考えるとなかなか買ってあげられないという家庭は多いのです。

キッズケータイは管理しやすくてキッズスマホは管理しにくい。対策は?

・ごく限られた機能しかないキッズケータイは使いすぎることがない
・キッズスマホはネットができるので、使い過ぎに気を付ける必要がある
・スマホを使う時間を親子で決める、自室にもっていかないなどルールを作る

キッズケータイは通話とSMSなどごく限られた機能しか使えません。
ですので、親が特別なルールを作ったり注意したりしなくても使いすぎることがないです。

一方、キッズスマホの場合はネットが使えるのでネットサーフィンに夢中になってしまう
可能性があります。

中学生が1日のうちにスマホをいじる平均時間は、1.8時間。
意外と短く済んでいるのは、キッズスマホの時間制限機能と親のルールのおかげです!

親子でしっかりスマホに関するルールを決めておけば、「使い過ぎ」「睡眠不足」
「目が悪くなる」「スマホ依存」などのトラブルを解消できます。

具体的にはテレビゲームと同じように1日につかう時間を決めて、それ以上は
使わないようにさせましょう。

また、キッズスマホを自室にもっていかせないようにすれば、勉強中にスマホを
いじってしまうのを防ぐことができますよ。

このようにルール作りをして、キッズスマホの使い過ぎを防ぎましょう!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









どう違う?キッズスマホとキッズケータイそれぞれの特徴を比較 はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ