契約に必要な書類や費用は?キッズスマホを使いはじめる方法

キッズスマホの契約に必要な書類は?

・契約者本人の確認書類と親権者同意書が必要
・大手携帯キャリアのキッズスマホは現在発売していない
・ソフトバンクのシンプルスマホは、契約に親子の本人確認書類が必要

お子さんに「スマホ欲しい!」とおねだりされて、買うことになった場合。
契約のためにどんな書類が必要なのかわかりませんよね?

キッズスマホを契約する場合は、大人のスマホを契約する場合と必要な書類が違う
のでしょうか?

ここでは、キッズスマホの契約に必要な書類を調べてみました。
まず、大手キャリアから発売されているキッズスマホは現在ありません。

以前はドコモから「SH-03F」が、auから「miraie(ミライエ)」が発売されていました。
しかし、発売終了しています。

ソフトバンクから発売されているシンプルスマホがキッズスマホに近いので、
ここではソフトバンクでシンプルスマホを契約するときに必要なものを紹介していき
ましょう。

まず、契約者が未成年の場合は以下の書類のどれかが必要になります。

・運転免許証
・日本国パスポート
・個人番号カード
・健康保険証

こうした書類を用意しましょう。子どもの分と保護者の分、両方を用意してください。
子供本人の書類はコピーではなく実物が必要、保護者の書類はコピーでも可です。

これ以外には、親権者同意書が必要です。

キッズスマホの契約は親名義?親子そろって来店しなきゃだめ?

・子供名義でも親名義でも契約できる
・保護者同伴じゃなくても親権者同意書があれば契約できる
・保護者同伴でも親権者同意書が必要

キッズスマホの契約は親子で行かないと契約できないイメージがありますよね?
でも、実際は親権者同意書があれば、保護者同伴じゃなくても契約できます。

親権者同意書は保護者同伴でも必要ですが、店頭で用意されているから契約のときに
その場で書くことができます。

保護者が忙しい、親子で行きたくないなどさまざまな事情で親子そろって店頭に
行けない場合は、

・契約するお子さん本人の確認書類
・保護者の本人確認書類のコピー
・親権者同意書

この3つの書類が必要です。

キッズスマホの契約に必要な費用は?いくら用意していけばいい?

・キッズスマホ本体代と契約事務手数料が必要
・契約事務手数料は大人用のスマホと同じ3,000円
・契約事務手数料は初回の料金と一緒に請求されるから契約のときはいらない

キッズスマホを契約するときに必要な書類が分かったら、今後は費用がいくら必要
なのか知りたいですよね?

うちの子もスマホが欲しいとよく言ってくるのですが、まず契約のときにいくら
かかるのかが分かりません。

でも、子どもにスマホを持たせている友達に聞いてみたところ、「意外と安いよ」
と言われました。

そこで、調べてみると、「キッズスマホ本体代」「契約事務手数料」だけみたいです。
しかも「契約事務手数料」は初回の料金と一緒に請求されます。

契約のときに支払う必要がないから、本体代だけでOK。
本体代も分割で支払う場合は、1,000円以下で済むこともあります。

契約事務手数料は大人用のスマホと同じで3,000円(税別)。
キッズスマホだから特別に安いということはないみたいです。

格安SIMをキッズスマホで使うには?契約から使用開始までの手順。

・通販サイトで中古のキッズスマホを購入
・格安SIMをネットで購入
・契約から使用開始まで数日で済む

キッズスマホを契約するには必要な書類をそろえたり、費用を確認したりと大変です。

面倒な手順を踏まずに、お子さんにキッズスマホを持たせたい・・・。
そういう場合は、中古のキッズスマホを買って格安SIMを買いましょう!

中古のキッズスマホを通販サイトで買うと、例えばドコモの「SH-05E」なら、
本体価格7,400円。

格安SIMは「LINE」の「フリープラン データ+SMS+音声」だと月額1,296円。
初期費用は3,240円で最低利用期間は1年間です。

どちらも同じ通販サイトで買えるから、手間はかかりません。

・本体代 7,400円
・初期費用 3,240円
・月額 1,296円
・合計 11,936円

初期費用としては、結構かかってしまいますね。
しかし、最低利用期間が1年間であることと、月額が安いことを考えると総合的に
お得。

キッズスマホの月額は3,000円以上と意外と高いです。
最低利用期間も大人用のスマホと同じように2年間。

お子さんが飽きてしまったり、年齢的にキッズスマホよりも大人向けスマホの方が
よくなったりしたときに、すぐに変えられるので安心です。

格安SIMも中古のキッズスマホも、申し込んでから数日で自宅まで届きます。
手間もかからないし、すぐに使い始められるから、便利ですよ。

大人用の中古スマホだと制限機能がありませんが、キッズスマホなら中古でも制限
機能を使うことができます。

また、格安SIMは月間で使える通信量が少ないプランが充実しているから、お子さんの
ネットのし過ぎも防げていいですよね?

うちの子にスマホを持たせるときにも、こうしたお得で安心な方法でキッズスマホを
買う予定です。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









契約に必要な書類や費用は?キッズスマホを使いはじめる方法 はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ