SIMフリーのキッズスマホの特徴はなに?どんな機能がある?

キッズスマホのSIMフリー端末はある?通常のSIMフリー端末との違いは?

・Polaroidから発売されているキッズスマホはSIMフリー
・それ以外のキッズスマホは回線が決まっている
・トイザらスでしか買えない

Polaroidから発売されているキッズスマホは、SIMフリーです。

他のキッズスマホは通信回線が決まっているので、SIMカードを入れ替える場合、
使える回線のSIMカードを選ぶ必要があります。

ふつうのスマホよりもキッズスマホは、SIMカードを入れ替えることが少ないです。
その理由のひとつは、格安SIMを使ってスマホを使う方法を知らない人が多いから。

自分が使う場合でもよくわかっていないのに、子どもに格安SIMのスマホを持たせるのは
心配という保護者が多いようです。

また、キッズスマホ自体の歴史が浅いので、機種が少ないです。
SIMフリーの機種3年前に一つ発売されただけです。

2014年に発売されたSIMフリーのキッズスマホは、トイザらスでしか発売していません。
他のキッズスマホのように通信会社のショップでは買えないのです。

SIMフリーのキッズスマホが他のキッズスマホといちばん、違うのはこのポイントですね。

SIMフリーのキッズスマホ 「PolaSma」 何が出来る?

・アプリやゲームの制限、ネットフィルタリング、利用時間の制限ができる
・許可された発信先にしか連絡できないように制限できたり、位置検索も可能
・LINEも使えるのでお子さんも満足できる

トイザらスから発売されているSIMフリーのキッズスマホは「PloSma」。
どんなことがで切る機種なのか、まとめてみました。

・アプリやゲームの制限
・インターネットフィルタリング
・利用時間の制限
・許可された発信先にだけ電話をかけられる「キッズダイヤラ」
・GPS機能で位置情報確認できる「モバみっけ」
・LINEも使える

このように保護者がお子さんにスマホを持たせるうえで必要な制限機能や位置検索
機能が充実していきます。

しかも、アプリのインストールの設定を替えることで、お子さんが欲しいアプリを
インストールできます。

うちの子にスマホを欲しがる理由を聞いたら、「友達とLINEがしたい」と言って
いました。

スマホを持つ楽しみの一つがLINEという子は、とても多いみたいです。
LINEには電話番号認証が必要なので、SIMカードは通話機能付きのものを選びましょう。

SIMフリーのキッズスマホ「PolaSma」を使うために必要なものと手続き。

・「PolaSma」標準サイズのSIMカードが必要
・動作確認してあるSIMカードはBIGLOBE、NTTぷららなど
・トイザらスで予約して自宅に届くシステム

トイザらスで発売されているSIMフリーのキッズスマホ「PolaSma」は、
標準サイズのSIMカードじゃないと使えません。

ですので、「PolaSma」を使うときは標準サイズのSIMカードを用意しましょう。
標準カードのSIMカードの中で「PolaSma」で使えるのは、以下のカードです。

・NTTコミュニケーションズ OCNモバイルONE
・IIJ IIJmio
・日本通信 b-mobile
・BIGLOBE BIGLOBE LTE、3G
・NTTぷらら
・U-NEXT U-mobile*d

これらのSIMカードなら、確実に使えますよ!

そして、「PolaSma」を買うのに気になるのは手続きの手順です。
「PolaSma」を買った人の体験談によると、トイザらスで予約して自宅に届く
システムみたいです。

通常のSIMフリー端末、キッズスマホとして使える?安全対策は?

・制限アプリをインストールすれば安全に使える
・親子でルールを作ることが大切
・使い過ぎが心配ならいちばん容量が少ないプランを購入しよう

「PolaSma」はキッズスマホである上にSIMフリーなので、安全に便利に使えます。
しかし、「PolaSma」が手に入らない場合は、通常のSIMフリーのスマホにするしか
ありません。

キッズスマホとは違い、制限機能も位置情報検索もついていないスマホをお子さんが
安全に使うには、どうすればいいのでしょうか?

安全対策の方法を考えてみると、まず、利用じかにゃアプリのインストールを制限する
アプリをインストールしましょう。

例えば、「まもるゾウ」などがあります。
「まもるゾウ」には、こんな機能があります。

・曜日ごとにアプリ利用時間を制限する
・通話発信時間を制限する
・月間の累計発信時間を制限する
・通話の発信先を制限する
・通話の着信を制限する
・使えるアプリを制限する

これだけの制限機能があれば、ほとんどキッズスマホと同じように使えます。
ただ、位置情報の検索機能がないので、別のアプリをインストールしましょう。

位置情報検索アプリには、こんなものがあります。

〇「Life 360」

・GPSを使って位置情報を共有できるアプリ
・メンバー登録をするとそれぞれの位置を把握できる
・困ったときに緊急通知を発信できる
・省電力設計だからバッテリーが長持ちする

このようなアプリを使えば、安全にお子さんがSIMフリーのスマホを持てますね!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









SIMフリーのキッズスマホの特徴はなに?どんな機能がある? はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ