通常のテザリングでキッズスマホは使える?デメリットは?

通常スマホのテザリングを利用した通信、キッズスマホは快適?

・メールやSNSをする分には問題ない通信速度が出る
・動画の再生や音楽の視聴をするには足りない通信速度
・インターネットで動画を楽しみたいときには不便

キッズスマホは契約をしないでも使うことができます。

お子さんの「スマホを持ちたい」という要望と、親の「余計なお金をかけたくない」
という要望を両方かなえるためには、契約なしでキッズスマホを使うといいでしょう。

でも契約なしでキッズスマホを使う場合、どうやればいいのでしょうか?
その方法と注意点を調べてみました。

まず、キッズスマホは中古で安く購入しましょう。
そして、設定のメニューで「WIFI」をオンにしてください。

こうすることで、家の固定回線の電波をキッズスマホがキャッチして、契約なしで
インターネットできるようになります。

これなら、月額の利用料が0円でお子さんがキッズスマホを使えます。
でも、家の固定回線がないとインターネットできません。

そこで、外出先では、親のスマホのテザリング機能を使いましょう。
テザリング機能とは、スマホをモバイルWIFIルーターにする機能のこと。

この機能を使えば、外出先でもキッズスマホでインターネットできます。
しかし、通信速度が速くありませんので、LINEやメールなどしか快適に
使えません。

動画を観る場合には、通信速度が足りなくて、読み込めないこともあります。

親スマホのテザリングでキッズスマホを使いたい!料金プランはどうする?

・親のスマホの通信プランの容量を増やさないといけない
・月間7GBの制限にひっかかりやすくなるので注意
・通信量が多い動画は家で見るようにしよう

親スマホのテザリング機能を使って、キッズスマホでインターネットする場合、
親スマホの通信量が増えてしまいます。

テザリングは親スマホを経由してキッズスマホでインターネットするので、親スマホ
の通信量としてカウントされるのです。

大手キャリアには月間7GBという通信制限があるので、動画を外出先で長時間
観てしまうと、通信制限に引っかかってしまいます。

通信制限に引っかかると、その月の終わりまで昔の携帯電話並みの速度でしか
インターネットできません。

メールやLINEには困りませんが、外出先でちょっと調べ物がしたいときにかなり
不便になります。

ですので、通信量が多い動画は家の固定回線がある環境で見るようにお子さんに
言いましょう。

また、外出時にオンラインゲームなどをしても通信量がかなりかかってしまいます。
外出先ではLINEやメールだけにしましょう。

注意!回線や端末によってテザリングが使用出来ない場合も。

・親スマホとキッズスマホが同じ通信回線じゃないと通信できない
・親スマホがテザリングに対応していないとそもそもテザリングできない
・キャリアによっては利用料がかかることがある

親スマホのテザリング機能を使ってキッズスマホを使う場合は、親スマホとキッズ
スマホが同じ通信回線じゃないと、使えません。

ですので、親スマホに合わせてキッズスマホを選びましょう。

また、親スマホが古すぎてテザリングに対応していない機種のものだとそもそも
テザリングができません。

例えば、ドコモの場合は2013年夏以前に発売されたスマホは、テザリングに対応
していないです。

iphoneでも5s/5c以前の機種は、対応していません。
親スマホの機種をまず確認してください。

また、大手キャリアごとにテザリングでかかる料金が違います。

・ドコモ 月額300円
・au 無料
・ソフトバンク 月額500円

このように、親スマホでテザリングをする場合は、条件をクリアしている必要が
あります。もしクリアしていないようなら、キッズスマホを契約して使いましょう。

また、もし親スマホの通信量が外出先で切れてしまったときは、キッズスマホで
テザリングできると安心ですよね?

キッズスマホでテザリングするには、格安スマホがいいでしょう。

キッズスマホ側でテザリング機能を使いたいなら格安スマホに注目!

・SIMフリーの格安スマホならどのキャリアのスマホのテザリングでも使える
・ほとんどの格安スマホはテザリングに対応している
・ドコモのスマホに格安SIMを入れている場合はテザリングできない

テザリングはスマホ自体の機能だから、スマホがテザリングに対応していれば
格安SIMでもできます。

今発売されているほとんどの格安スマホでも、テザリングすることができますよ。
SIMフリーの格安スマホにすれば、どの機種のテザリングの電波も使えて便利です。

ただ、一つだけ気を付けてほしいのは、ドコモのスマホです。
ドコモのスマホに格安SIMを挿している場合は、テザリングできません。

SIMロック解除をしてもできないみたいなので、ドコモのスマホの場合は他のスマホに
乗り換えましょう。

楽天モバイルがスマホと格安SIMで月額1,980円~と、かなりコスパがいいですよ。

このようにテザリング機能や格安スマホを活用すれば、余計なお金をかけないで、
お子さんにスマホを持たせることができます。

子供にスマホは贅沢と思うかもしれませんが、よく調べてみると安くなる方法がある
のです。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









通常のテザリングでキッズスマホは使える?デメリットは? はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ