キッズスマホはワイモバイルでも買える?料金や機能は?

ワイモバイルにキッズスマホ専用機種はある?オススメ機種は?

・キッズスマホ専用機種はない
・防水、防塵、耐衝撃仕様のスマホ3機種が向いている
・子供がよく物を落としたり、外で遊ぶことを想定してスマホは選ぼう

子供に「スマホ欲しい」と言われると、親としては「お金がかかるんだけど」と
思ってしまいますよね?

大手キャリアのキッズスマホは、なんだかんだで利用料金が高い。
料金プランのキッズ割も小学生以下の子までにしか適用されません。

うちの小学生と中学生の子にも、「スマホが欲しい」「パスドラがやりたい」と
言われているので、大手キャリアのキッズスマホについて少し調べてみました。

その結果、大手キャリアのキッズスマホはGooglePlayにアクセスできないことが
分かりました。

利用時間制限などの機能がついていて安全性は高いですが、アプリがインストール
できないので、子どもたちの楽しみに答えることができないですね。

そこで、GooglePlayにアクセスできて、料金が安い格安スマホはどうなのか調査
してみました。

例えば、ワイモバイルを例にお話しすると、キッズスマホ専用機種はありません
でした。

これは格安スマホによくあることで、自力でキッズスマホ仕様にするしかないです。
でも、防水や防塵、耐衝撃仕様のものはあるので、そういうスマホを選びましょう。

・Android One S2 防水、防塵、耐衝撃
・DIGNO E 防水、防塵、耐衝撃

この2機種がキッズスマホに向いています。

キッズスマホを安心スマホにするなら「スマホ安心サービス」をチェック!

・安心サービスは3種類ある
・フィルタリング、位置検索、みまもり、安心遠隔ロックなどのサービスも充実
・自力でキッズスマホにすることができる

キッズスマホを安心スマホにするなら、「スマホ安心サービス」を活用しましょう。
ワイモバイルには、こんな安心サービスがあります。

・スマートフォン基本パックS 月額500円

ウイルス対策、詐欺サイト警告、紛失検索サービス、留守番電話プラス、位置ナビ、
見守りマップ、安心遠隔ロックがセットになったサービス。

・安心保障サービス プラス 月額500円

スマホをなくしたときや故障させたときに保証してくれるサービス。

・あんしん基本パック 月額500円

故障安心サービス、端末の保証期間延長、パソコンセキュリティ、スマートセキュリティ、
データ復元支援サービス、気種変更時の割引提供、アウトレット品 特別価格提供がセット。

このようにワイモバイルの安心サービスは、子ども向きのサービスがいくつかセットになって
います。とくに、スマートフォン基本パックは子供向けですね。

他にも、フィルタリングサービスや遠隔操作サービスの単品などがあります。
格安スマホでもお子さんが安心して、使える仕様にできますよ。

ワイモバイルの料金プランを確認!キッズスマホに最適な通信容量は?

・スマホプランSは月間2GBと子供向きの通信容量
・WIFIをオフにすることで動画を観すぎたり、ゲームのやりすぎを防げる
・容量が多すぎると子供がスマホ依存になる

ワイモバイルの格安スマホには、「スマホプランS/M/L」の3つの料金プランがあります。
お子さんに適しているのは、スマホプランSですね。

スマホプランSは月額1,980円で通話料無料、通信容量が2GBまでです。
2GBというと、これくらいの通信ができます。

・300文字のメール 約400万通
・500文字のLINE  約1,000万回
・ヤフートップページ 約87,000回
・YOUTUBE 約11時間

このように子供が使う通信容量としては十分といえます。

また、他社へのスマホやケータイへの通話が有料になる格安スマホが多いですが、
ワイモバイルはどの会社のスマホにも固定電話にも1回あたり10分以内の通話は無料。

他の格安スマホは、同じ通信会社同士でも無料になるのは5分まで。
ワイモバイルは通話がとても充実していますね!

ワイモバイルのキッズスマホ、月々いくらの支払いになる?

・スマホプランSとスマホ基本パックで月額2,480円
・2年目は月額2,980円になるので注意
・本体代はDIGNO Eだと月額1,980円~

ワイモバイルのキッズスマホは、月々いくらの支払いになるのでしょうか?
ここで具体的に計算してみましょう。

・スマホプランS 1,980円
・スマホ基本パックS 500円
・DIGNO E 本体代 月1,980円~
・合計 4,460円

契約2年目以降は月額の利用料が2,980円になります。
合計5,460円になるので、格安スマホの割にはあまり安くない印象です。

大手キャリアのキッズスマホでも月額3,000円代。
本体代が高い分、割高になるのでしょう。

でも、親子で格安スマホに替えて家族の通信費合計金額で節約することができます。
そうすればお互いのスマホの操作方法もわかるし、通話もしやすくなります。

我が家も子供にスマホを買うときは、親子で格安スマホにしようと思っています。
今は夫婦でソフトバンクのiphoneを使っていて、二人で14,000円代の料金を払っています。

通信費を総合的に節約できれば、家計は助かりますよ!

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









キッズスマホはワイモバイルでも買える?料金や機能は? はコメントを受け付けていません。 キッズスマホ