スマホ所持率が知りたい!高校生のLINE利用率はどれくらい?

Q.png【質問】
中高生の、スマホやLINEの、使用状況を教えてください。私は、高校一年生の娘を持つ母親です。
娘のスマホのことで、質問します。娘は、中学時代は、古いガラケーしか使わせませんでした。
中学時代から、スマホを欲しいと言っていました。
部活の連絡がLINEだから必要だ、と言うのです。
でも、許可しませんでした。
家計のこともあるし、LINEの悪い噂も聞いたのです。
メールでいいでしょう、と言ったのです。
でも、そのため、娘にだけ、連絡が来なかったことが、ありました。
やはり、スマホを持たせるべきかな、と思います。

それで、娘は高校生になりました。
文化祭で、クラスTシャツ投票を、LINEでやっていました。
Tシャツは3種類あります。
その中で、自分がいちばん好き、と思うものに「良いね」を付ける。
これで、いちばん投票率が高かったものにする。
こういう投票です。

こういうことをするとは、つまり、全員がLINEを使っているのでしょうか?
皆様の周囲では、どのくらいLINEが使われていますか?
その他。
LINEが、ぜひ必要な理由。
LINEが、危険な理由。
こういうことを教えてください。
お願いします。

ちなみに、私が高校生の頃は、ガラケーもありませんでした。
時代を感じるこのごろです。

■中高生のスマホ所有率はどれくらい?

年々ユーザー数を伸ばしているスマホ。中高生たちはどれくらいの
割合の子達が持っているのでしょうか?

中学生ではスマホ所有率が51%であるのに対し、高校生は
実に83%がスマホを所有しています。

その中でLINEをしている高校生は81%に上り、半数以上の高校生が
スマホを持ち、LINEをやっているという実態が分かります。

高校生にとってスマホは生活の一部となっており、LINEは一番多く
利用する連絡ツールなのです。

さすがに100%ではないので、クラス全員がスマホを持っているわけ
ではありません。しかし、80%以上の生徒がスマホを持っています。

そして、スマホを持っている生徒の中でやはり80%以上の人が
LINEを行っています。

質問者様のお子様の中学校がそうであったように、ほとんどの
高校が連絡網はLINEで行っています。

しかし、中学から連絡網がLINEという学校はまだ半数に及んで
いないようですね。

どちらにせよ、中学生・高校生の間で急速に広がっているスマホやLINEに
戸惑っている保護者の方は多いです。

子供たちにとっても「みんな持っているのに自分だけ持っていない」
とコンプレックスに感じてしまっている子もいることも事実です。

■ケータイを持っていない高校生の割合は?

ケータイ電話を持っていない高校生は現在はほとんどいません。

その理由は連絡網です。現在、中学校はほとんどの学校で連絡網はメール、
高校はLINEなのです。

ケータイ電話を持っていないと、蔵明日の連絡網が回って来づらいと
いうことになります。

質問者様のお子さんも就学生の頃、経験されたように本人が困ってしまう
という事態になりますので、ケータイを持っていない高校生はほぼいないでしょう。

しかし、だからといってケータイをどうしてもお子さんに持たせないと
いけないということではありません。

そして、中学時代にお子さんにLINEをさせなかった質問者様の
判断は正しかったのではないでしょうか?

LINEには、連絡を簡単に取れるというメリットもありますが、
LINEでのいじめなどのデメリットがあります。

■高校生のスマホ事情

高校生になりほとんどの生徒がスマホを持って、LINEなどのSNSを行っています。
しかし、その中の50%以上の生徒が勉強時間に影響がないのです。

スマホを持つ前と盛った後の勉強時間に変化があったかという保護者向けの
アンケートで、変わらないと答えた保護者が半数以上なのです。

ですので、お子さんにスマホをもたせて、LINEをやらせても、
お子さんは保護者が心配するほど悪影響をうけないのです。

しかし、スマホのやり過ぎに悩んでいる保護者はとても多いですね。

ここからは、お子さんにスマホをやらせすぎないようにどのような方法を
とればいいのかご紹介いたしましょう。

■スマホを使う上でルールを決めましょう!

スマホをお子さんが使うのはリビングだけにする
夜21:00以降はスマホを使わないようにお子さんに指導する
1日に何時間スマホを使っていいか親が決める
スマホは親が買って、親がスマホの料金を払っているのだということを再確認する

このようなルールを親子で確認してお子さんがスマホを毎日正しく
使えるように指導していきましょう。

また、もし万が一、お子さんがスマホを破損してしまった場合、スマホの料金を
全額お子さんが負担するのか、半額で良いのか事前に決めておきましょう。

また、いつ、破損してもすぐに弁償できるように、バイト代や
お小遣いなどを貯金するようにお子さんを指導しましょう。

■スマホの電力節約方法

スマホの電力はすぐに消耗してしまいます。

まず、明るさやサウンドを自分で明るさを暗めに設定し、
サウンドは小さめに設定しましょう。

そして、電波が悪いところではスマホの電源をきりましょう。

電波は悪いところでは、スマホは電波をキャッチするために、
相当な電力を使います。

そして、夜寝る前には、スマホをスリープモードにしましょう。

スリープモードにすることでスマホの電源を切らなくても、スマホの
消費電力を必要最低限にすることができるからです。

そして、スマホに入っている写真や動画などのデータ量が多い時は、
無料のクラウドサービスを利用して、オンラインで管理しましょう。

こうすることによって、スマホの電力を消費するスピードを上げることができます。

データが大量に入っているスマホはそれだけで、消費してしまう電力が
大きくなってしまうのです。

このようにスマホの消費電力を減らすポイントを把握しておけば
節約しながら便利にスマホを使うことができます。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。