スマホを子供に買うならいつからがいいのでしょうか?

Q.png【質問】
中学生の子供にスマホを持たせたいのですが、どう思いますか。私は、中学生の息子を持つ母親です。
息子にスマホを持たせるべきかどうか、悩んでいます。
現在、息子は、携帯電話も持っていません。

息子の友達は、かなりの人たちがスマホを持っています。
友達どうしの話題にも、スマホのゲームが出てきます。
それに、LINEもやっています。
こういうのを見ていると、息子にも持たせるべき、と思うのです。
友達どうしの話に入れず、いじめられるのが心配です。
みんなと一緒に、同じ機種を持たせよう、と思います。

ただ、ニュースを見ると、どうかな、とも思うのです。
ゲームをやりすぎて、膨大な請求書が来たり。
詐欺に引っかかって、お金を取られたり。
教育上、よくないサイトを見たり。
こうしたことが、怖いのです。

主人とも相談するのですが、いい案が浮かびません。

せめて、高校生になるまで、禁止しておくのがいいでしょうか?
それとも、何か、条件付きで、持たせればいいでしょうか?

なお、主人の携帯電話は、ソフトバンクです。
もし息子に持たせるとして。
同じソフトバンクにすると、割引とか、ありますか?

こういう方面を経験されているお母様、回答をお願いします。

■中学生・高校生のスマホ所持率を見てみましょう!

現在の中学生・高校生は、どれくらいの割合の人がスマホを
もっているでしょうか?

その数字を具体的に知ることができれば、判断材料になります。

小学生のスマホ所持率は38%、中学生は55%、高校生は88%です。

現代の中学生でスマホを持っているのは半数ほどなのです。
ですので、スマホを持っていないというだけでいじめにはなりません。

しかし、高校生になるとクラスの連絡網や部活の連絡網がLINEと
いうシステムをとっている学校も増えてきます。

いじめにまで発展するとは思えませんが、連絡がスムーズに回って
こないという事態にはなります。

「中学1年生からガラケー」「高校1年生からスマホ」というパターンが
一番多いようですね。

しかし、子供に対して厳しくしつけをしたい保護者は「高校生までガラケーも
スマホも買わない」という姿勢をとっています。

こういった家庭は意外と多くあります。現代の風潮に流されることなく、
本当にお子さんのためになるように厳しくするという方法もあります。

大切なのは、周囲のお家庭のお子さんとのバランスよりも、
親御さんたち本人がお子さんにスマホを持たせたいかどうかです。

スマホを購入し、毎月の利用料金を支払うのは親御さんです。
しっかりご本人で判断しましょう。

■スマホを買うならルール作りを!

いつからお子さんにスマホを買うのかに関係なく、スマホを買うなら
ルールを作りましょう。

思春期のお子さんは失敗してしまうものです。ですので、しっかりとして
ルールを事前に作り、その失敗を最小限に抑えてあげましょう。

ここからは、いろいろな家庭で実践されているスマホのルールを
具体的にご紹介いたします。

これをもとに親子で話し合いをし、スマホのルールをつくってください。
ルールを作る時は、関らずお子さんにも同席してもらいましょう。

スマホを買う側と使う側、両方の意見が大切だからです。

・スマホを使う時は必ずリビングで使う
・夜寝る時もスマホはリビングに置いていく
・1日に何時間スマホを使っていいか事前に決めておく
・スマホの本体価格だけでも子供が自分で払う
・LINEでのいじめや悪口に参加しない

このような基本的なルールをスマホを購入する前に親子で話し合い
決めておきます。

その時に、「あなたのすまほの使い方次第ではルールを追加する」と
伝えておきましょう。

そして、お子さんがスマホの使い方で間違ったことをしたら、その都度、
話し合いの場を設け、ルールを改善していけばいいのです。

■中学生にスマホを買うならジュニアスマホがおススメ!

親子で話し合いをし、もし中学生のお子さんにスマホを買うことに
なったら、ジュニアスマホがおススメです。

「miraie」
こちらの機種はauから発売されています。ジュニア向けのスマホでは
ありますが、4G LTE、防水、バッテリー節電、デザリング、GPSなどの
基本的な機能を搭載しています。

デザインも子供じみていないので、中学生でも問題なく持つことができます。

「DOCOMO スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」
こちらのジュニア向けのスマホもシンプルで空きのこないデザインと
なっています。

深夜の利用制限や、1日に利用できる時間を決めることができる
機能もあります。また、通話時間などを制限することも出来ます。

保護者の方がお子さんの利用状況を管理するのにとても適している
スマホです。

■節約を意識してスマホを使えるように指導していきましょう!

スマホはとても多くの電力を使うものです。

だからこそ、しっかりと節約をして、賢くスマホを使えるように
なるためにお子さんを指導していきましょう。

まず、メイン画面の明るさやサウンドの音量は自分で必要最低限に
調節するようにしてください。

自動設定にすると、常にセンサーが起動して、周囲の明るさや
騒音に合わせて、設定を変えることになります。

これはとても電力を使うのです。
また、電波の悪いところでは、スマホの電源を切る習慣をつけましょう。

電波が悪いところで電波をキャッチするのは、相当な電力を消耗します。

寝る前には、すりープモードにする習慣をつけましょう。
スリープモードはほとんど電力を使いません。

このような簡単な工夫だけで、かなりの電力を節約することができます。
出来れば親子で一緒に行い、お互いを注意し合うようにしましょう。

スマホはとても危険が潜んでいるものです。

しかし、親子で協力をして、それを乗り越えることができれば、
安心してお子さんにスマホを持たせることができます。

始めは大変なこともあるかと思いますが、しっかりとお子さんを
指導していきましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。