おススメの格安スマホが知りたい!何がいいですか?

Q.png【質問】
格安スマホについて、教えてください。私は、都内の大学に通っている男性です。
実家は名古屋で、現在は、都内に下宿しています。

これまで、私は、スマホを持っていませんでした。
持っていたのはガラケーだけです。
親に、欲しい、と言ったことは、何回もあります。
でも、高校生のくせに、持つ必要はない、と言われました。
どうせ、もっと安くなる。
大学へ進学したら、自分で買え、ということだったのです。

そして、大学生になりました。
自宅から出ています。
バイトもしています。
もう、正々堂々と、自分で買います。
それに、なんと、本当に、安くなってきました。

それで質問があります。
ヤフーや楽天、イオンで、格安スマホが出ていますね。
あれは、何で安いのでしょうか?
あんなに安ければ、誰でも、格安スマホへ変えると思います。
何か、デメリットがあるのでしょうか?

私がスマホを欲しいわけは、ネット検索とメールです。
それと、ときどきサッカーを見たいです。
通話は、しない予定です。
こういう場合、格安スマホで、大丈夫でしょうか?

格安スマホで、オススメの会社、機種を教えてください。
この方面に詳しい方、回答をお願いします。

■格安スマホのメリット・デメリットは?

最近何かと話題のスマホといえば、格安スマホですね。
しかし、本当に細かいところまでチェックしても格安でお得なんでしょうか?

お得な話程、実は落とし穴があるものですよね?ここでは、
格安スマホのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

まずは、格安スマホのメリットからです。
メリットはもちろん、その月々の利用料金の安さです。

本体価格は30,000円代と通常のスマホとほとんど変わりませんが、
月々の利用料金が3,000円代というのは、とてもお得です。

文句なしに安い金額ですので、安心してスマホを持ち続けることができます。

また、通常のスマホのように最低利用期間の制限がありません。
さらには、違約金も発生しないので、好きなタイミングで解約できます。

デメリットは、機種の少なさにあります。
格安スマホは、まだまだ登場したばかりです。

ですので、格安スマホの先駆け的存在であるイオンでも数種類しか
ありません。

通常のスマホの方が圧倒的に選択肢が多く、機能もさまざまです。
そして、デザイン性にも優れています。

さらには、格安スマホは通信速度が遅いので、YOUTUBEなどの動画が
見れません。

大容量の通信を普段しない方には、とてもいいスマホですね。

■おすすめの格安スマホ

格安スマホのメリットとデメリットが分かったところで、次は
おすすめの格安スマホをご紹介いたします。

イオン「ALCATL(アルカテル)」
端末価格は34,464円です。月1,436円を24回払いで支払います。

最低利用期間の縛りなし、違約金なしで初期費用は3,240円です。
月々の利用料金は3,218円となっています。

イオン「富士通 Arrows M01」
端末価格は39,657円です。月1,652円で24回払いでも
支払えます。利用期間と違約金はありません。

初期費用は3,240円となっています。
月々の利用料金は3,110円です。

以上の2つのスマホはどちらも契約期間中、公衆WI-FIが無料で使えます。

「UQ mobile 京セラ KC-01」
本体価格は32,140円です。月1,339円の24回習いでも支払えます。
初期費用は3,240円です。

最低利用期間の縛りは1年間で違約金は10,260円です。
またこれとは別にアシスト解除料金がかかります。

月々の利用料金は月額3,153円~です。

こちらの格安スマホはイオンの格安スマホと違い、最低利用期間の
制限と違約金があります。

「ヨドバシカメラ freetel XM」
本体価格は34,585円です。月1,441円の24回払いです。
最低利用期間は5か月ととても短く違約金も8,640円と端末残金です。

最低利用期間の縛りや、違約金がありますが、とても安いので、
安心して契約することができます。

こちらの格安スマホは、契約時の初期費用は0円です。

■多くの会社kら出ている0円スマホもおススメです!

docomo、au、softbankなど様々な会社から出ている0円スマホも
お得にスマホを購入する方法としておススメですよ。

購入時に実質負担額が0円のスマホは、2年前くらいのモデルで
あることがほとんどです。

最近のスマホは高機能すぎるくらい高機能ですので、2年位前の
スマホでも問題なく使用することができるのです。

楽しい機能や便利な機能が豊富にそろっていることには
変わりありません。

よほど、機械に詳しい方や、ビジネスでスマホを使っている方以外は、
問題ないかと思います。

■簡単に出来るお得術

では、ココからはスマホに詳しくない人でも簡単に出来るスマホの
お得な使い方についてご説明いたしましょう。

どのような方法があるのでしょうか?

まず、電波が悪いところでは、スマホの電源を切りましょう。
電波を探して捕まえるのには、大変な電力を必要とします。

電波が弱いところでスマホを使うのは避けましょう。

また、明るさとサウンドは自分で設定するようにしましょう。

自動設定にしていると、スマホは常にセンサーを働かせて、
周囲の明るさと騒音を完治しようとします。

そして、周囲の状況に合わせて、明るさ・サウンドを設定するのです。

また、夜寝る前に必ず、スリープモードに設定しましょう。
スリープモードはほとんど電力を使いません。

これらの節約方法を毎日行うことで、スマホの電力は長く持つようになります。

■simカードを活用しよう!

更に、2015年からsimカードに関する規制が緩和されました。

これにより、simカードのロックをかける制限がゆるくなったので、
スマホの会社に連絡をすれば、simカードを交換することができるのです。

格安simカードでお得に通信をしましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。