ガラケーから乗り換え!格安スマホは電話番号どうなる?

Q.png【質問】
現状のままで、格安スマホに移行したいのですが、出来ますか。もう長年、ドコモのガラケーを使っています。
主な使用目的は、メールです。
電話機能は、ほとんど使っていません。
現在、月々の支払い料金は、2500円ほどです。

スマホにして、いろいろな事をやりたいな、とも思います。
スポーツを見たり、電車の運行状況を調べたり。
便利な機能がたくさんあるのは、よく分かっています。
でも、値段が高いので、我慢しています。
ところが、最近、格安スマホが出ました。
これなら2000円くらい。
安い、と思います。

それで質問です。
次のような条件で、格安スマホに移行できるでしょうか?
* 家族割引、家族内通話料無料、をそのままにする。
* 電話番号を、そのままにする。
* スマホの本体は、ドコモのを使う。
(譲って貰ったのがあるのです。)

できるとして。
何か、縛りが出てきてしまうことは、ありませんか?
値段が安いだけに、それが心配なのです。

これまでスマホを使ったことはありません。
それに、機械オンチでもあります。
どうか、分かり易く教えてください。
お願いします。

■格安スマホ?それとも格安SIMカード?

質問者様は譲ってもらったドコモのスマホをお持ちということで
格安スマホをご希望ではなく格安SIMカードをご希望されている
のではないでしょうか?

格安スマホとは、スマホ本体の料金は通常のスマホとほとんど
同じ価格で月々の利用料が3,000円代のスマホのことです。

格安SIMカードとは、ケータイ・スマホに入っているカードのことで
これがないとケータイ・スマホは通信できません。

車というところのETCカードのような存在です。

通常はSIMカードというモノで、ケータイ会社の指定したものしか
利用できなかったのです。

しかし、2015年、SIMカードの規制が緩和され、好きな会社の
SIMカードを利用できるようになりました。

それにより、従来のSIMカードよりも遥かに通信料金の安い
格安SIMカードが一気に普及したのです。

格安SIMカードを質問者様の持っているドコモのスマホに入れる
ことでとても安くそのスマホを使うことができます。

格安スマホはお得ですが、現在お持ちのドコモのスマホは活用
出来ません。

ここでは、格安SIMカードについてお話ししましょう!

■格安SIMカードについて

格安SIMカードは初期費用3,000円代で月々の利用料は
安いものだと数百円です。

格安スマホのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット
・利用用が安い
・電話番号がそのまま使える
・2年契約がない

デメリット
・通信速度が遅い
・音声電話が使えないものがある
・デザリング機能が使えない

などです。通信速度の遅さはネットをほとんど使わない人には
問題ありません。

音声電話が使えない点は、LINEという無料のアプリをダウンロードして
そのアプリで無料メール。無料音声通話すれば問題ないです。

そして、デザリング機能ですが、スマホにあまり詳しくない方は
まず使わない機能ですので、心配ないでしょう。

機能より安さを追求したい方には、格安SIMカードはピッタリですね。

■乗り換えの時、電話番号はどうなる?

格安SIMカードでスマホを使いたい時、今までのガラケーで使っていた
電話番号がどうなるのか気になりますよね?

まず、ガラケーから持っているスマホに乗り換えをする時、
docomoショップへ行きましょう。

そして、「MNPで乗り換えをしたい」とスタッフに伝えてください。
するとMNP番号をもらうことができます。

その番号を使って格安SIMカードを契約すれば、電話番号は
そのままで使い続けられます。

また、家族内無料通話サービスは使えなくなることもありますが、
LINEでの音声電話は誰でも無料ですので心配いりません。

また、家族割りなども引き継げない可能性がありますが、
格安SIMカードの月々の利用料金が本当に安いので、
以前のガラケーよりお得になります。

では、ここからは、格安SIMカードを具体的にご紹介していきましょう。

■お得な格安SIMカード

DMM mobile 「データSIMプラン1GB」
月額712円ととてもお手頃な価格です。

初期費用は3,240円となっていますが、あとは月々712円です。
最低利用期間や違約金は一切なしですので、ご安心ください。

1ヶ月間試して良くなかったら解約という方法もあります。

freetel mobile 「ネットし放題プラン1GB」
月額723円です。初期費用は3,240円です。
利用期間の制限や違約金はありません。

オプションもありますが、オプション料金は月額162円です。

パナソニック「Wonderlink」LTE I-2シングル
月額756円です。初期費用は3.240円です。
こちらは最低利用期間が1年間と規定があります。
この間に解約をすると、違約金8,294円がとられてしまいます。

■違約金や最低利用期間がないことを有効活用しましょう!

格安SIMカードには、最低利用期間や違約金がありません。
ですのでそれを有効活用して1ヶ月間だけお試しで使ってみましょう!

実際に使ってみて良くなかった場合は、翌月から格安スマホにするか、
通常のスマホにするか、元のようなガラケーにするかを選択することができます。

また、格安スマホにも同様に最低利用期間や違約金がありません。
ですので、お試しをすることができます。

このように実際に使ってみることも出来ますので、是非試してみましょう。

また、最近は少し前の機種なら、0円で購入することができるスマホもあります。

お子さんやご家族でスマホを購入する機会があれば、そちらを活用すると
とてもお得に購入することができます。

かしこくスマホをやりくりする方法を実践しましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。