楽天電話やlineって格安スマホでもできる?できない?

Q.png【質問】
格安スマホで、楽天電話などは、普通に使えますか。私は、スマホ初心者です。
これまでは、ずっとガラケーを使っていました。
ゲームなどは、家のパソコンでやっていました。
携帯電話は電話。
コンピュータは、大きなパソコン。
こう思い込んでいたのです。

それで、スマホを知り、びっくりしました。
スマホ1台あれば、何でも出来るのですね。
早速、スマホに変更しました。
ちなみに、ソフトバンクです。

でも、毎月の支払いが、かなりきついです。
そして、最近、格安スマホを、広告で見るようになりました。
これは、安くていいじゃないですか。
ただ心配もあります。

そこで質問なのです。
格安スマホは、なぜ安いのですか?
普通のスマホと、機能は同じなのですか?
格安スマホでは出来ないゲームは、ありますか?
それと、電話です。
楽天電話やLINEは、普通のスマホと同じに出来ますか?

なお、格安スマホは、これこれの制限がある。
でも、こういう裏技がある。
というのがありましたならば、教えてください。
回答を、お願いします。

■楽天でんわとLINE電話の違いはなに??

楽天でんわとLINE電話、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、楽天でんわはスマホのアプリケーションですが、電話をする
システムは電話回線を使用します。

ですので、通信速度や環境には一切左右されません。
通常通り、快適に電話をすることができます。

一方、LINE電話ですが、LINE電話は通信回線を使っての電話です。
しかし、それほど速い通信速度が必要というわけではありません。

格安スマホ、格安SIMカードでも快適に通話をすることができます。

格安スマホのほとんどが電話サービスがありません。
楽天でんわやLINE電話などのアプリを使うことが必要不可欠となります。

■楽天でんわのメリット・デメリット

楽天でんわとは無料でダウンロードできるアプリケーションのことで
たった1分間で簡単に登録することができます。

そして、初期費用、基本利用料は無料です。
通話をするとそのたびに半額の通話料がかかります。

しかし、通話をするたびに楽天ポイントがたまりますので、
ポイントをもらえるというところを考慮すれば、ほとんど無料に
ちかい通話料といえます。

さらに、他の電話アプリと大きく違うポイントは相手が楽天でんわを
ダウンロードしていなくても通話できるというところです。

メリットは登録が簡単、初期費用・基本利用料が無料、ポイントがつく、
相手がダウンロードしていなくても使用できるところです。

デメリットは、毎回通話料がかかるところです。

完全無料のLINE電話がありますので、料金がかかるだけで
なんとなく損をしたような気分になってしまいます。

■LINEのメリット・デメリット

では、LINEにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

まず、LINEはメールも通話も完全に無料です。
また、無料でもらえる可愛いスタンプや絵文字も豊富です。

そして、何より通話・メールアプリのユーザー数が他の通話アプリに
比べて圧倒的に多いです。

LINEが入っているというだけで簡単にさまざまな人と連絡を取りやすくなります。
最近の学校は連絡網をLINEでするというところがあるほどです。

デメリットは、ユーザー数がとても多いものの、お互いがLINEを
ダウンロードしていないと通話もメールも出来ないというところです。

LINEをしていないというだけで、連絡が取りづらいイメージを周囲に
持たれてしまうこともあります。

■格安スマホの契約事項に注意しましょう!

格安スマホは基本的に2年契約や違約金などがありません。
しかし、どんどん新しい機種が発売されています。

新しい機種の中には1年契約や2年契約、違約金がある
格安スマホもあります。

「格安スマホは違約金がないから」と安心しないで、
しっかりと本当に契約金がないか確認をしましょう。

また、初期費用なある格安スマホとない格安スマホがあります。

一口に格安スマホといっても料金システムや契約のシステムは
それぞれ違うのです。

契約を結ぶ前にしっかりと確認をしましょう。

■格安スマホと格安SIMカード

格安スマホに乗り換えを考えた人なら誰でも、一度はこのままの
スマホで格安SIMカードに変更したいと、思ったことがあるはず。

しかし、格安SIMカードはさまざまな注意点があるのです。
ここからは格安SIMカードを契約する時の注意点をお話ししましょう。

・格安SIMカードにはそれぞれが対応しているケータイ会社が決まっている

まず、格安SIMカードが対応しているケータイ会社のスマホでないと
通信サービスを利用することができません。

しっかりとお手持ちのスマホがどのSIMカードに対応しているのか、
もしくはお目当てのSIMカードが自分のスマホに対応しているかチェックしましょう。

・自分がどれくらい通信環境を必要としているか把握する

毎月自分がどれくらい通信をするのかをしっかり把握しましょう。
自分が使いたい通信料とSIMカードがあっていない場合、
ストレスを感じてしまいます。

自分にちょうどいい格安SIMカードを使うようにしましょう。

・さまざまな格安SIMカードを比較して一番条件のいいものを選びましょう!

SIMカードに関する規定が緩和され、さまざまな格安SIMカードが
登場したのは、今年2015年です。

ですのでまだまだ格安SIMカードに関する情報が十分に行きわたっていません。

いろいろなサイトに格安SIMカードの比較表が掲載されていますので、
そういった比較表を見てどの格安SIMカードが良いかチェックしましょう。

また、スマホとSIMカードがセットになっているものもあります。
そういった商品も比較の対象にしましょう。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。