通信制限は?通信料は繰り越せる?DMMの格安スマホ

Q.png【質問】
DMMから発売されている格安スマホについて、教えてください。
私は、都内の私立大学へ通学している大学生です。
実家は岡山です。
今は、池袋のマンションで、1人暮らしをしているのです。
1人暮らしは初めての経験です。
実家からの仕送りは、家賃を払うと、ほとんど残りません。
バイトを、2つ掛け持ちして、なんとか、がんばっています。
それで、携帯電話の話ですが。
中学時代はガラケー、高校からスマホを使っています。
ゲームに、かなりはまりました。
高校時代までは、通信代は、親が金を出していました。
でも現在は、大学生です。
仕送り以上に、親に負担をかけられません。
それで、自分で払っています。
かなりの負担です。

友達から、格安スマホのことを聞きました。
彼の話では、DDMモバイルがいいんじゃないか、とのことです。
もっとも、友達も、詳しくは分からないようです。

それで、質問なのです。
DDMモバイルは、どうでしょうか?
値段が安い分だけ、デメリットがあるのでしょうか?

さすがに、無制限にゲームが出来るとは思いません。
でも、容量が、いちばん心配なのです。
通信制限は、ありますか?
使い切れなかったデータ通信量は、繰り越せますか?

格安スマホ、とくにDDMモバイルに詳しい方。
回答を、お願いします。

■DMMモバイルの安さの秘密、1GBはこんなに使える

ネット利用の契約のみとなる
「データSIMプラン」なら『1GBの月額使用料660円』

という安さで話題のDMMモバイルですが、
その安さの秘密ってご存知ですか?

NTTドコモの回線を借りて運営している為、
基地局の設置や維持管理等のコストがかからない事、

一度に大量の通信量を購入し単価を下げることで、
低価格な料金プランでのサービス提供を実現しているそうです。

これだけ安くて繋がりやすさや品質は
NTTドコモと変わらないというんだからスゴイですよね。

確かに、音質が悪い・通信速度が遅いなどの声も聞かれる
格安スマホの中でもDMMモバイルの格安スマホに関しては
通信速度の快適さや音質でも高い評価を受けています。

では、月660円の1GBでどれくらいネットが利用できるのか。

パケット数は1パケット=128バイト、
1MB=8,192パケットになります。

例えばDMMで約5分間の動画を見るなら94回、
およそ470分の視聴が可能です。

ネット利用もDMMのトップページを表示する事を1回と数えるなら
約4236回、300文字程度のテキストメール送信なら約200,000通・・・

非常にデータ量を必要とする利用をしていない限り、
ほとんど問題はなさそうです。

DMMモバイルでは通信量も1GB/月から10GB/月までの6種類から選べるので、
自身の利用頻度に合わせて選択ができます。

DMMモバイルでの通信料や接続環境に関して
もっと詳しく見てましょう。

■データを無駄なく使える嬉しいプラン

毎月のネット通信量はまちまちで、
よく利用する月もあればあまり利用しない月もあるという方も
多いのではないでしょうか。

そんな時も、DMMモバイルは
余った通信量を翌月に繰り越しできるので心配無用です。

また、追加チャージも可能なので今月はちょっと
使いすぎてしまったなんて時も、DMM mobileマイページから
必要な通信量を簡単に追加購入できます。

もしそれで余ってしまってもやっぱり繰り越しがあるので、
本当に無駄なく利用できるのが嬉しいですよね。

もちろん繰り越された分から消費されていきます。

DMM mobileマイページでは現在どれくらいのデータ量を使用しているか
などの確認もできるようになっているので、通信量の管理も簡単です。

もうひとつ、魅力的なのが
8GB/月および10GB/月のプランから選択できる「シェアコース」です。

これは複数SIM(最大3枚まで)で容量を共有できるプランなので、
家族間などでデータ量をシェアして使用する事も可能ですし、

スマホ2台にタブレットというような
自身で複数機器を使用している場合も
全体でのデータ量シェアが可能です。

データSIMプランの10GB/月でも3,680円なので、
大手通信会社のパケット使い放題と比較する価値は
大いにあるのではないでしょうか。

■契約使用量を超えた際の通信制限

契約の通信量を超えても、
ネットへの接続がまったくできなくなるわけではありません。

高速データ通信ができなくなるだけで、
最大200kbpsという速度でネット通信の利用は可能です。

でもここにもDMMモバイルの強みが!

通常、高速データ通信を超過した場合や高速データ通信を
OFFに設定している場合には200Kbpsの低速通信になるのですが、

その救済策として「バースト機能」という
最初の一定量に関しては高速通信できる機能があります。

通信制限がかかり読み込みに時間がかかっていたデータも、
このバースト機能があるのでテキスト主体のSNS程度なら
ほぼ支障なく閲覧できます。

知れば知るほど、魅力的なDMMモバイルですね。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









通信制限は?通信料は繰り越せる?DMMの格安スマホ はコメントを受け付けていません。 DMMの格安スマホ