MVNOとは?格安スマホの秘密がココに!

Q.png【質問】
MVNOについて、易しく教えてください。私は、20代後半の女性です。
まだ独身で、東京で1人暮らしをしています。
経理関係の仕事をしています。
ある事情で、別な会社へ移ることにしました。
それを機会に、スマホを買う予定にしています。
スマホがないと、今度の会社では、仕事にならないようなのです。
ちなみに、これまでは、ガラケーを使っていました。
それで十分だったのです。

そして、スマホを買うのですが。
何がいいでしょうか、というのが質問です。

私は、気楽に、ソフトバンクあたりのがいいかな、と思っていました。
でも、ある男性が、次のことを言いました。
どうせなら、MVNOが、安くていい。
パケットに余裕のあるプランがある。
SNSやメール中心なら、より安くなる。
IP電話アプリという選択もある。
こういうことを自慢気に言うのです。
でも、私には、何がなんだか、よくわかりません。

ともかく、MVNOなら、値段が安く済む。
これは魅力です。
そこで質問です。
MVNOとか、SNS、パケットとは何ですか?
なにしろ、文系の人間です。
易しく教えてください。

なお、その男性に聞けばいいじゃないか、と思われるでしょう。
でも、彼とは、もう話したくないのです。
お察し下さい。

回答を、よろしく、お願いします。

■みんな知ってるようで知らない「MVNO」

「仮想移動体通信事業者」なんて聞くと、
まるでSFの世界のような感じがしてしまうのは私だけでしょうか。

これは、回線網を自社では持たないで、
実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、
自社ブランドとして通信サービスを行う事業者のことです。

いわゆる『MVNO』というやつですね。

NTTドコモのように回線設備を自社で保有している事業者を「MNO」と呼び、
その回線をバーチャルに使用する事業者を「MVNO」としています。

ドコモのみでなく、auやソフトバンクなども日本の代表的な「MNO」です。

この、電気通信事業者から通信回線を安くまとめ買いして
自社と契約しているユーザーに提供する事により、
最近話題の格安スマホの料金は実現されています。

問屋が沢山1度に仕入れて単価を安くして、
小売店に卸すのと同じような仕組みですね。

MVNOの事業者で代表的なものだけ見ても現時点で10社程あり、
ビックカメラやイオンが独自に提供しているもの、

インターネットのプロパイダーが提供しているものなど、
月額1,000円前後で利用できる格安SIMが目白押しです。

見逃せないのは、ドコモやauなど
大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場している点です。

今回はそんな大手通信会社のMVNOについて調べてみましょう。

■ドコモのMVNO

まず、このMVNOのシステムですが、
回線自体は先駆者が一生懸命構築したものを借りて

安い料金で集客して利益を上げるというのでは
大手通信会社には不利益しかないんじゃないかなんて気がしますよね。

でも、大手通信会社もそのノウハウを受け
自身の企業の知名度・人気・安定性などを元に
子会社や系列会社を通じて格安SIMサービスを展開しています。

安定したサービス水準の格安SIMという事で、
MVONに若干不安を感じる方も検討しやすくなっているようです。

まずドコモからは、

・NTTコムの「OCNモバイルONE」
・NTTぷららの「ぷららモバイルLTE」

が提供されています。

もちろんドコモ回線を使ったサービスとなるため、
LTE対応機種であればLTE(Xi)で、
LTE非対応機種であればFOMAハイスピードでの通信が利用できます。

1番人気のOCNモバイルONEが提供する日あたりプランは、
LTE毎日70MBコースで月額972円です。

余った分の翌日繰り越し可能で、日ではなく月単位となる
LTE月2GBコースでも月額1,188円でプランが用意されています。

公式サイト以外に、ゲオや各家電量販店で購入できるのも好評です。

■auのMVNO

もちろんauだって格安SIM提供に乗り出しています。

auの大本、KDDIが100%出資しているKDDI直属の子会社が提供しているのが、

・KDDIバリューイネイブラーの「UQ mobile」

という、

データ高速プラン 2GB/月 1,058円~

の料金で利用可能な格安SIMです。

ただこちらは、基本的にau機種のみ対応となっており、
SIMフリー機種での利用は推奨されていません。

またネットはLTE通信のみの提供となるため、
LTE非対応機種では利用できません。

ソフトバンクもY!モバイルへの回線提供を開始していますね。

MVNOの熾烈な争いはこれからますます激化しそうです。

月額1000円で使えるスマホ


今時の中学生のスマホ利用はネットが中心ですので電話はIP電話で十分です!

LINE中心で通話はほとんどしません。
なので通話定額のあるプランは不要になります。
IP電話のアプリを入れておけば問題ないでしょう。


au,ドコモ、ソフトバンクのスマホにすると必ず通話プランをつけないといけないので
スマホ本体の価格と合わせて月額最低7000円位になってしまいます・・・
普通に通話すると30秒20円という高い料金が別途かかってきます。




中学生におすすめのスマホは?
テレビでもよく宣伝していますが、ツタヤがやっているTONEという格安スマホです。
月額なんと1000円で使えます。

最初に端末代を2万円程度支払う必要はありますが、月々の支払は1000円で済みますので家計にもだいぶ優しいスマホです。



>>月額1000円からの、はじめてのスマホ。









MVNOとは?格安スマホの秘密がココに! はコメントを受け付けていません。 DMMの格安スマホ