クレジットカードを使わず、口座振替で格安スマホを持つ

Q.png【質問】
格安スマホにMNPをしたいので、教えてください。私は、27歳の男性です。
私立高校の事務員をやっています。
普通の会社と違って、転勤などはありません。
公務員に近い仕事環境です。
そういうことでは、安定した生活が設計できます。
給料は安いですが。
生活設計の第一として、結婚することにしました。

今は、新生活に向けて、いろいろと計画をしています。
その1つとして、スマホを変えようと思います。
現在は、ソフトバンクのスマホです。
月々の支払いが、かなり高くなっています。
結婚したならば、そんなに出費をするわけにはいきません。
それで、格安スマホにMNPするつもりなのです。

このことで質問があります。
何よりも、MNPは、出来ますよね?

格安スマホで、使用容量制限は、どうなのでしょうか?
現在は、月に、ほぼ7Gを使っています。
これが、5Gしか使えない、などになると困るのです。

口座振替で支払いは出来ますよね?
ともかくも、クレジットカード以外の支払いをしたいのです。

こうした条件に当てはまる会社を、教えてください。
この方面に詳しい方、回答を、お願いします。

■ほとんどがクレジットカード払い

格安スマホにMNPをする場合、
音声通話付きのSIMがある格安スマホを探す必要があります。
この時点、データ通信専用SIMしかない格安スマホは除外です。

残念ながら、音声通話付きのSIMがある格安スマホは、
そのほとんどがクレジットカード払いです。

以前は、口座振替や銀行振込もありましたが、
今、現在はクレジットカードのみの支払いになっているところもあります。

■条件付きで、口座振替

その中、条件付きで、口座振替での支払いが出来るのは、
今、現在、BIGLOBEとmineoです。

BIGLOBEは、BIGLOBEのインターネット接続サービスを利用している事。
mineoは、eo光ネットを利用している事がそれぞれ条件です。

BIGLOBE
初期費用3,000円
通話料金20円(30秒)

音声通話付き1GB1,600円
音声通話付き5GB2,405円

端末代金33,120円
※無料のWi-Fiスポットを使用し、通信量を節約できます。

mineo
初期費用3,000円
通話料金20円(30秒)

音声通話付き1GB1,460円
音声通話付き4GB2,190円
端末代金33,600円~75,600円

毎月の料金は、両社、差がなく、音声通話、SMS、データ通信が出来ます。

■やっと見つけた口座振替

ぷららモバイルLTEは、口座振替が出来る様です。

ぷららモバイルLTE
初期費用3,000円
通話料金21.6円(30秒)

音声通話付き70MB1,600円(1日)
音声通話付き無制限3,459円
端末代金21,800円~49,800円

毎月の料金は、データ通信も求めるなら3,459円。
BIGLOBEやmineoと比較すると、1,000円くらい高くなっています。

逆に、料金が安くて、口座振替が出来るのは、
エイブルの格安スマホFreebitです。

初期費用3,000円
3G音声オプション953円
通話料金18円(30秒)

音声通話付き無制限1,000円
端末代金24,000円

IP電話を売りにしていて、
毎月500円のフラットパックを付けると
1,260円分IP電話で通話が出来ます。

通信速度が最大500Kbps~600Kbpsと物足りないので、
毎月300円で、高速チケットオプションを付ける必要があるかもしれません。

毎月端末代金込み2,000円で、音声通話も出来る、
データ通信も定額と安さを強調しています。

その割には、各種オプションが必要で、
結局、最低でも3,253円くらいでしょうか。

オンラインでの口座振替は出来ない様ですが、
エイブル店舗数店で、店頭販売をしています。
そこで購入すれば、口座振替に出来るという事です。

最後に、口座振替が出来るのは、
最近テレビCMで有名なY!mobile(ワイモバイル)です。

Y!mobile(ワイモバイル)
初期費用3,000円
通話料金20円(30秒)

音声通話付き1GB3,980円
音声通話付き7GB6,980円
端末代金0~54,432円

通話料金は、ワイモバイルの携帯との通話無料
(1回あたり2時間45分を越えると30秒につき20円)です。

更に、他社のスマホや携帯、自宅などの固定電話なども、
1回あたり10分以内の国内電話も(月300回まで)無料です。
しかも、1,000円追加すると、完全かけ放題になります。

音声通話付き1GB3,980円、音声通話付き7GB6,980円ですが、
最初の24カ月は、1,000円引きで、
1GB2,980円、7GB5,980円となります。

普通に、音声通話もデータ通信もするとなると、
最初の24カ月でも、5,980円~6,980円。

端末代金も実質0円、基本料金が割引される家族割と、
そのスタイルと料金を格安スマホと呼べるのか疑問です。

テザリングなどは、行わず、
あくまで携帯電話として利用したい人向けに、
ケータイプランというプランがあります。

毎月1,381円で、通話料金は、ワイモバイルの携帯との通話無料、
その他との通話は20円(30秒)です。
しかし、1,500円追加すると、こちらも完全かけ放題になります。

Eメールは、相手に関係無く、添付ファイルでも一切無料で送受信出来ます。
インターネットも使えない訳でなく、
パケット代金は、0円からで、最大2,667円です。

つまり、かけ放題の携帯電話が、
毎月2,881円ですので、やはり大手3社と変わりない様です。

■MNPで格安スマホ、支払いは口座振替で

口座振替で支払いが可能な格安スマホを考えた場合。
条件さえ合えば、毎月2,000円台のBIGLOBEとmineo。
料金優先ならmineo、データ通信優先ならBIGLOBE。

3,000円台なら、ぷららモバイルLTEとFreebitですが、
通信速度優先ならぷららモバイルLTE。

音声通話が多い人は、
6,000円台のY!mobile(ワイモバイル)という感じでしょうか。

テザリング出来る格安スマホはどこが良い?

Q.png【質問】
MVNOの格安スマホで、テザリング出来る会社を教えてください。私は、29歳の女性です。
都内の介護の施設で働いています。
もちろん、やりがいのある仕事です。
でも、正直なところ、きつい仕事です。
休みの日だからといって、遊びに出ることはありません。
家で、身体を休めるのが精一杯です。
(ちなみに独身で、1人で暮らしています。)
紅茶を飲みながら、スマホで動画を見ています。
スマホは、私の身体の一部になっています。

スマホは、ガラケー時代から、ずっとソフトバンクでした。
なんとなく、機種変更して続けていたのです。
現在は、iPhone5sです。

ところで、最近、MVNOの格安スマホのことを知りました。
これならかなり安くていいな、と思います。

それで、質問です。
格安スマホでは、何か制限があるのでしょうか?
月ごとの容量に上限があるとか、を心配しているのです。

格安スマホでは、テザリングは出来るのでしょうか?
メールアドレスや電話番号は、そのまま移行出来ますか?

ネットで見ると、いろいろと情報が出ています。
でも、ややこしくて、よく分からないのです。

この方面に詳しい方、易しく教えてください。
お願いします。

■パソコンとスマホをWi-Fiで繋ぎテザリング

パソコンとスマホをWi-Fiで繋ぎ、スマホをwi-fiルーターとして、
使用する事をテザリングと言います。
この場合、スマホのデータ通信回線を使用し、ネットにアクセスする事になります。

格安スマホの場合、その毎月の料金が安い事が魅力ですが、
テザリングする場合、1GBや2GBでは正直厳しいと思います。
映像を見たりする事がある人などは、多ければ多い程良いでしょう。

■格安スマホでテザリング

DMMmobile
7GBのテータ通信のみで毎月2,280円
更に音声通話を付けると2,880円

初期費用3,000円
7GBパック2,280円

通信速度最大150Mbps、上り最大50Mbps、通信規制後は最大200kbps
最初の数秒間だけ高速通信となるバースト転送に対応しています。

容量追加パック100MB200円、500MB1,000円、1GB2,000円
音声通話20円(30秒)
SMS送信3円(国内)、SMSオプション150円(月)

SIMフリーのiPhoneがあれば使える
高速データ通信量を超過した場合、

ニフティのNifMo
7GBのテータ通信のみで毎月2,600円
更に音声通話を付けると3,300円

初期費用3,000円
7GBパック2,600円

通信速度下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、通信規制後は最大200kbps
音声通話20円(30秒)
SMS送信3円(国内)

SIMフリーのiPhoneがあれば使える
ニフティのNifMoは、無料のWi-fiスポットサービスがあります。

格安スマホの欠点とも言える、
一か月の高速データ容量の上限を節約できるのは大きいです。

楽天モバイル
7GBのテータ通信+音声通話タイプで毎月2,960円
初期費用3,000円

7GBパック2,960円
通信速度下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、通信規制後は最大200kbps
容量追加パック100MBで300円

音声通話20円(30秒)
SMS送信3円(国内)
SIMフリーのiPhoneがあれば使える

Freetel mobile(フリモバ)
7GBのテータ通信+音声通話タイプで毎月2,880円
初期費用3,000円

7GBパック2,960円
通信速度下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、通信規制後は最大150kbps
音声通話20円(30秒)

SMS送信3円(国内)
SIMフリーのiPhoneがあれば使える

■格安スマホは一長一短

単純に料金で比較すると、DMMmobile、ニフティのNifMo、
Freetel mobile(フリモバ)、楽天モバイルの順番になります。

音声通話を入れると、DMMmobile、Freetel mobile(フリモバ)、
楽天モバイル、ニフティのNifMoの順番になります。

通信速度は、同じですが、
超過規制後が、Freetel mobile(フリモバ)は、厳しいです。

SMSをやりたい人にとって、
DMMmobileはオプション料金が掛かる為、一番安いという訳には、なくなります。

この4社だけでも、一長一短ですから、
各々が、自分に合ったものを探す事が大切です。

■大手3社との比較

Docomoでテザリングをした場合、
パソコンなどの外部機器を接続した通信となります。

その為、パケットを最大に使う事になると思うので、毎月の料金は6,700円。
カケホーダイプラン2,700円で合計9,000円。

auの場合、毎月500円プラスしてテザリングを行う事になります。
Docomoと同じ8GBで6,800円、
電話カケ放題プラン2,700円で合計9,500円。

ソフトバンクの場合、
毎月500円プラスして、テザリングを行う事が出来ますが、
スマ放題で無料になります。
10GBで8,000円、通話し放題の2,700円で合計10,700円。

これに各社割引もあると思いますが、
大手3社で、iPhoneでテザリングした場合の料金は、
9,000円~10,000円という事になると思います。

一番料金が高くなる、
ニフティのNifMoで、音声通話を付け3,300円と比較しても

3,300円×12カ月=39,600円
9,000円×12カ月=108,000円
その差は、一年間で68,400円です。

ですので、かけ放題の通話代金の差し引いても、
かなり安いという事が分かります。

この料金で、音声通話も出来ます。SMSの送受信も出来ます。
iPhone5でテザリングも出来ます。

もちろん、携帯電話会社のアドレスが使えなかったり、
電話がかけ放題でなかったりもします。
それでも、問題無いくらいの安さではないでしょうか?

mnpで電話番号を変更せず、格安スマホを使う

Q.png【質問】
格安スマホにMNPすることは出来るのでしょうか。私は、今年、大学生になりました。
東京にある、私立の商学部です。
実家は富山で商売をやっています。
現在は、学生専門マンションで暮らしています。

今度、スマホを買うつもりでいます。
富山では、ガラケーを使っていました。
友達と電話で話してばかりいたので、ガラケーで間に合っていたのです。
ゲームなどは、自宅のPCでやっていました。
光ファイバー回線です。

でも、東京では、PCはありません。
スマホ1台で、いろいろ賄おう、と思ったのです。
ちょうどいいことに、格安スマホが出ました。
これなら、安く済みます。
(商売人の息子で、商学部の人間として、金銭感覚は発達しています。)

それで質問です。
格安スマホで、オススメを教えてください。
それぞれの料金や、スペックなど、具体的に知りたいです。

格安スマホにMNPは出来ますか?
いままでの電話番号で通話をしたいのです。
この方面に詳しい方、回答をお願いします。

■SIMの種類について

今までの電話番号が、そのまま使える番号ポータビリティー(MNP)は、
格安スマホでも出来ます。

しかし、格安スマホと一言で言っても、使用するSIMによって変わってきます。
格安スマホが提供するSIMには、データ通信しかできないSIM、
音声通話SIM、SMS可能なSIMなどがあります。

データ通信しかできないSIMですと、LINEや、IP電話などは出来ますが、
携帯電話の番号と使用した通話は出来ません。

よく、1,000円以下のかなり安い料金が提示されているものは、
このデータ通信専用のSIMの場合がほとんどです。

SMS可能なSIMは、いわゆるショートメールが受信出来る様になります。
今の時代、いろんなアカウントを作成する時に必要になってくるものです。

データ通信しかできないSIMより、料金が高いですし、
オプションでデータ通信専用のSIMにつける事も出来る事もあります。

こうして、格安スマホの料金は高くなっていきます。
MNPをするには、音声通話SIMが必要になってきます。

■1GBタイプの音声通話SIM

音声通話SIMのある格安スマホを並べてみます。
まず、データ通信1GBもので、

DMMmobile、音声通話タイプ+データ通信1,280円
端末をまとめて購入する場合、一番安い端末で2,872円

BIGLOBE、音声通話タイプ+データ通信1,600円
端末をまとめて購入する場合、2,980円

U-MOBILE、音声通話タイプ+データ通信1,580円
端末をまとめて購入する場合、2,822円

Mineo(マイネオ)、音声通話タイプ+データ通信1,460円
端末をまとめて購入する場合、2,460円

Freetel mobile(フリモバ)、音声通話タイプ+データ通信1,270円
端末をまとめて購入する場合、端末代金一括の最安値タイプ9,800円
これを24回払いで計算すると409円となり、合計1,679円

端末を入れずに比較すると、1,270円~1,600円。
端末を入れても、1,679円~2,980円。

各社それ程差がなく、かなり安いです。
その中でもフリーモバは特に安い様です。

■2GBタイプの音声通話SIM

データ通信2GBものでは、

Niftyの「NifMo」、音声通話タイプ+データ通信1,600円
端末をまとめて購入する場合、2,697円

楽天モバイル、音声通話タイプ+データ通信1,600円
端末をまとめて購入する場合、端末代金一括の最安値タイプ26,400円
これを24回払いで計算すると1,100円ですから合計2,700円

UQ mobile、音声通話タイプ+データ通信1,680円
端末をまとめて購入する場合、2,940円

端末を入れずに比較すると、1,600~1,680円。
端末を入れても、2,697円~2,940円。
こちらも、それ程差がありませんでした。

楽天だと、楽天ポイントがプレゼントの様なキャンペーンがあるので、
そういう特典で比較しても良いかもしれません。

他は、データ通信1.5GBタイプ。
So-netモバイル、音声通話タイプ+データ通信1,890円
端末をまとめて購入する場合、2,480円

データ通信の提示がないタイプ。
フリービットモバイル、音声通話タイプ+データ通信1,953円
端末をまとめて購入する場合、2,953円

これらを加えて、全てを比較してみると、
端末を入れずに比較すると、1,270円~1,953円。
端末を入れても、1,679円~2,980円となります。

データ通信の関係で、
これだけの料金で終わらないかもしれません。
各種オプションもつけるかもしれません。

それでも、最低料金として、
MNPが、これくらいの料金で出来るという事です。

■考えて、上手に使用する事

MNPをするメリットは、移る事によって恩恵があるからだと思います。
機種代金が割引になったり、0円になったりする場合もあるでしょう。

解約の違約金も発生しない、機種代金の残金も無いという状態ですと、
事務手数料3,000円のみで、その恩恵があるという事です。

しかし、格安スマホの場合、その安さ上、
大手3社ほどのMNPに対する割引はない様に感じます。
それでも、格安スマホで、毎月の料金を抑えたい人はいるでしょう。

キャリアメールのアドレスが使えないなどの
格安スマホ自体のデメリットもあります。

音声通話はどれくらいするのかなど、使い方によっては、料金も変わってきます。
安かったはずの格安スマホが案外そうでもないという事になるかもしれません。

格安スマホのデメリットをしっかり理解する事。
その上で、自分に合ったプランを上手に選択する事。
考えて、上手に使用する事。

それさえ出来れば、大手3社の毎月の料金より安く、
今まで通りの電話番号を使う事が出来るでしょう。

エイブルの格安スマホは分かりやすい

Q.png【質問】
エイブルがやっている格安スマホの評判を、教えてください。私は、社会人になって4年目の男性です。
学生時代は、陸上の長距離をやっていました。
ほとんど勉強していませんでした。
でも、先輩からのツテで、就職できました。
文房具や日用品の販売の会社です。
今は、経理からマーケティングまで、一生懸命勉強しています。
学生時代より、よっぽど勉強しています。
もちろん、学生時代の運動も役立っていますよ。
仕事は、最後は体力ですから。

スマホは、ソフトバンクのiPhoneです。
仕事でもプライベートでも、手放せません。
月々の使用料が高くて、困っています。
まあ、通信業界サイドから考えれば、分かるのですがね。

最近、格安スマホが出ました。
個人的には、安い方がいいので、変更するつもりです。
どれにするか、いろいろ考えていました。

そのうち、エイブルが、格安スマホを出すと、聞きました。
個人的には、安くていいかな、と思います。
経済人として見ると、なぜエイブルが、と思います。
異業種転入で、気になるのです。

皆様の中で、エイブルの格安スマホを使った方、いらっしゃいませんか?
あるいは、評判を聞いたこと、ありませんか?

どうか回答を、お願いします。

■エイブルの格安スマホとは

エイブルやっている格安スマホというのは、
不動産会社であるエイブルの格安スマホです。
その格安スマホは、フリービットと業務提携をし、販売しています。

ですから、端末自体は、フリービットの格安スマホです。
それを独自にカスタマイズしたエイブルPandAが、
エイブルでやっている格安スマホという事になります。

基本的な端末のスペックや料金は、フリービットと同じです。
通信サービスもフリービットと同様、ドコモの回線を使用しています。
これは、多くの格安スマホでも見られる回線です。

■音声通話は、IP電話で

フリービットのPandAは、IP電話アプリが、
プリインストールされています。

端末ごとに050から始まる電話番号が割り当てられていて、
IP電話同士だと無料通話が出来ます。

その他、固定電話は3分13円や携帯電話1分21円で、
大手3社の通話料金よりも安くなり、
楽天の格安スマホが30秒20円ですので半額くらいになります。

大手3社の通話し放題ではありません。
IP電話以外の通話料金が、通話し放題の料金を越える様でしたら
安さのを感じられないかもしれません。

また、IP電話は、インターネット電話とも言われ、
遅延やノイズがある時があり、好みが分かれます。

そういった事が気にならない人にとっては、
使い方次第で、間違いなく通話料金は、安いと言えます。

しかし、コンサートのチケットを携帯電話から取っている方は、
取りたいと思った時に、IP電話からは取れないという事もなる事を
知っておいた方が慌てなくてすみます。

フリービットには、3G音声オプションというのがあり、
月額953円で、090、080、070での通話ができます。

その場合の通話料は30秒18円になりますが、
これを使えば、電話番号をそのまま使えるMNPを利用し、
今まで使っていた電話番号を引き継ぐ事が可能になります。

■データ通信のレベルは決して高いとは言えません

メールは、他の格安スマホ同様、
インターネットメールを使用する事になり、大手3社のキャリアメールは使えません。

基本料金1,000円で、データ通信、IP電話、SMSサービスが利用できます。
基本的なプランは、この一種類のみです。

これに、一種類のみの端末代金24,000円を24回払いの場合、
1,000円が加算され、毎月の料金は2,000円となります。

データ通信は、250~300kbpsで、高速とは言えないレベルで、
LTEの速さを知っている人には、厳しく感じます。
速度の遅さは、メールで資料などを、添付したりする時にも感じるかもしれません。

その場合、1GB当たり300円の高速オプションを付ける事が出来ます。
30日間で2回購入可能で、
2GB分速度アップし、端末代金込みで、最低2,600円です。

IP電話が有料だった場合の通話料金、
SMSを使用した場合は、それらの通信料が加算されます。
3G音声オプションをつけた場合と、毎月953円も加算されます。

楽天モバイルと比較してみると
最低料金のベーシックプランで1,250円の最大速度が200kbps、
2.1GBパックなら下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsで1,600円です。

これに端末代金が加わります。
最安値モデルには、一括払いしかありませんが、
最安値モデル26,400円で試算してみます。

24回払いと仮定すると、26,400円÷24=1,100円。
一カ月1,100円に、2.1GBパックを加算し、合計2,700円。

こちらの方にも、通話代金などが、この他加算されます。
それでも、毎月の料金自体は、それ程大きな差はないという事になりました。

■対面販売で購入できる

格安スマホは、店舗を持たず、
ネット通販で契約する事が主流になっています。

しかし、フリービットは、元々、アトリエという直営店を通じて
対面販売をしていました。

それがエイブルと提携した事により、
エイブルの店舗で購入可能になり、販売店はかなり多くなりました。

販売店で対面販売という事は、
契約、セットアップ、サポートがしてもらえるという事で、
それは、大手3社のキャリアと変わらなく感じます。

また、エイブルならではのサービスとして、
割引や特典のある会員制優待アプリや、
住宅に関するアプリなどがプリインストールされているそうです。

あくまで住宅に関する会社ですから、当然の事ですが、
関係の無い人には、ただのアプリでしかありません。

一種類しかない端末は、
いろんな物から選びたい人には向きませんが、逆に悩む必要がないです。
料金プランの方も一種類しかありません。

分かりやすい端末、分かりやすい料金設定、
店舗での対面販売、エイブルならではのサービスアプリ。

もっと高速で通信したい、もっといろんな人と音声通話がしたい、
もっと高価な端末が使いたいと、思う人には難しいかもしれません。
しかし、「初めての格安スマホ」には良いと思います。

メールアドレスの選択肢がある格安スマホの使い方

Q.png【質問】
MVNOの業者の格安スマホについて、教えてください。私は、20代の女性です。
もちろん、独身で、ボーイフレンドはあり、です。

現在は、ソフトバンクのスマホを使っています。
いちばんのお気に入りは、動物の動画です。
これを見ていると、本当に癒されます。
会社では、気の強い方だと思われています。
私も、そういうふうにふるまっています。
でも、結構、猫をかぶっているのですよ。
本当は繊細なの。
生活だって、プライベートは質素なのですから。

それで、いつも気になっていたのが、通信料金です。
もっと安くできないか、といつも思っていました。
でも、最近、MVNOの業者の格安スマホを知りました。
これなら、いままでの半額くらいになりそうです。

それで質問です。
格安スマホは、なぜ安いのですか?
安い分だけ、制限があるのでしょうか?
例えば、動画の再生速度が遅い、とか。
メールアドレスは、これまでのキャリアのが使えますか?
オススメの格安スマホがあれば、教えてください。

私は、機械オンチで、よく分からないのです。
ちなみに、現在のスマホは、元彼に教わったのです。

現在の彼は、やはり機械オンチで、聞くわけにいきません。

この方面に詳しい方、回答をお願いします。

■キャリアのメールアドレスは使えなくなる

MVNOの格安スマホは、@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpと続く、
いわゆるキャリアのメールアドレスは使えなくなると思います。
これが使えなくなるので、当然、他のインターネットアドレスを取得する事になります。

一番、ポピュラーなアドレスがGmailでしょうが、
今現在、スマホを使っている人は、既に取得している人も多いと思います。

そのアドレスを中心に使っている人にとっては、何らアドレスに変更は無いという事です。
まだ取得していない人は、新たに取得する必要がありまるす。

アドレスが新しくなると、
当然、周りの人に教えなくてはならないという面倒が待っています。

他にも、周りの人で、ガラケーを使っている人の場合、
メール受け取ってもらえないという不具合が起こる可能性もあります。

迷惑メール対策として、キャリアのメールアドレス以外のメールを
拒否するという設定になっている場合が多いからです。

その為、相手方に、自分のメールアドレスを、
受信出来る様に設定をやり直してもらわなくてはなりません。
この事を伝える面倒、また、相手方に手間をかけてしまうという面倒です。

今、現在、Gmailを取得している人も、
Gmailとキャリアのメールアドレスを使い分けている人もいると思います。
その場合も、当然、Gmailだけになると、同じ面倒が待っています。

でも、面倒なだけで、そこを乗り越えれば、
何の問題もなくGmailでメールをするという事になります。

そういう意味では、スマホを、今現在使っている方は、
Gmailを取得しておいて損は無いと思います。

■選択肢がある事が大事

私がS社のiPhoneを使い始めた頃、
アドレスは、キャリアのメールアドレス、iPhoneのメールアドレスでした。

家族もS社ですが、ガラケーで、しかもパケット定額をつけていませんでした。
その為、キャリアのメールアドレスだと双方無料だけど、
iPhoneのメールアドレスでメールを送ると、受信時に料金が発生するという事でした。

ですから、家族へのメールは、
キャリアのメールアドレスでメールを送る様にしていました。

その後、家族もパケット定額になった為、
どちらのアドレスでメールを送っても料金は発生しなくなりました。

次に、ガラケーからiPhoneになりました。
お互いがiPhoneになると、今度は、LINEで全ての連絡は済む様になりました。

そうなると、キャリアのメールアドレスも、
iPhoneのメールアドレスもほとんど使わなくなりました。

もちろん、全員に、LINEで済む訳でないですが、
メールに関して、いろんな選択肢がある事が、私にとっては大事な事です。

■キャリアメールのアドレスの必要性

何故、スマホを使っているかと言えば、一番の魅力はアプリだと思います。
そのアプリのLINEで、無料通話、メールの様な連絡も出来る事が
一番便利な状態だと思います。

しかし、周りの人全員がLINEなどをやっているはずもないですし、
日本では、アプリを全く使っていないスマホユーザーが、
ものすごく多いと聞きます。

最近では、そのユーザーがガラケーに戻って行っているそうです。
格安スマホが、次々と登場し、
スマホが持ちやすくなったのに、その様な現象が起きています。

そう考えると、やはり、キャリアメールのアドレスがあった方が
便利なのかもしれません。

■2台所持しても良い

大手3社の携帯も通話やメールアドレスの為に保持し、
データ通信は一切やらないガラケーとして所持した場合、
S社では、以下の通りです。

安価なPANTONEの場合
端末代990円、通話し放題2,200円
S!ベーシックパック300円、合計3,490円

これで、1通毎に料金が発生しますが、
キャリアメールのアドレスが使えますし、通話も全て無料です。

格安スマホを所持し、データ通信をやります。
構わない相手には、Gmailでメールも出来ます。

毎月の料金が安いfreebit mobileの場合
端末代1,000円、基本料金1,000円、合計2,000円

合計5,490円で、キャリアメールのアドレスも保持したまま、
格安スマホもゲット出来ます。

このfreebit mobileの価格は、最低の料金で、
快適に動画を見たいとかですと、オプションで、追加料金が発生します。

それでも、普通にスマホを持つには、毎月、6,000円以上は当たり前です。
端末代込みだと一万円近くなると思うので、それよりは安いのではないかと思います。

わずかですが、節約になるかもしれません。
スマホも持てます。今までの電話番号も使えます。
今までのキャリアメールのアドレスも使えます、2台持てばですが・・・

iPhone6を格安スマホで使う事によって

Q.png【質問】
格安SIMは、iPhone6でも使えるのでしょうか。私は、25歳のサラリーマンです。
現在は、ソフトバンクのiPhone6を使っています。
大学までは、ゲームや動画に夢中になっていました。
さすがに、現在は、ゲームの熱は、少し冷めました。
それより、仕事関係で使う事の方が多くなっています。

ともかく、スマホを、手放せないのです。
そして、月々の料金に苦労しています。

ところが、最近、格安のSIMを知りました。
DMMモバイルなどが有名ですよね。

それで質問なのですが。
格安のSIMは、iPhone6で使えるでしょうか?
音声通話に、使用制限など、縛りはあるでしょうか?
(仕事で、電話の通話が多いのです。)
ネットの容量に制限はありますか?
(まだ、ゲームもやっていますので。)
iPhone6には、仕事関係のデータが入っています。
このデータは、そのまま生かせますよね?

私的には、DMMモバイルがいいと思っているのですが。
オススメの格安スマホがありますか?

文系の人間なので、細かいことになると、分からないのです。
詳しい方、どうか易しく教えてください。

■まず手に入れるもの

格安スマホを契約するという事は、SIMを手に入れる事になります。
そして、そのSIMが使える端末は、それぞれ決まっています。

ですから、iPhone6を使うのであれば、
iPhone6で使用出来るSIMを用意しなければなりません。

でも、iPhone6で使用出来るSIMを用意出来たとしても、
iPhone6が使えるとは限ません。

これは、iPhoneに限らず、Docomo、auもソフトバンクも、
自社のSIMしか使えない様になっています。

ですから、格安スマホを使う場合、
SIMフリーの端末を用意する必要があるのです。

ですから、iPhone6を使うのであれば、
SIMフリーのiPhone6を用意する必要があります。

ここまで用意できて、初めて、iPhone6を格安スマホで使える様になります。
格安スマホで業界最安値と言われるU社でも、
iPhone6対応のnanoSIMがあり、使用できます。

■支払いのイメージ

そのU社のホームページを見てみると、
支払いのイメージは、基本使用料+通話料+SMS通信料となっています。

基本使用料は、1GB、3GB、LTE使い放題、
1GBを基準としたダブルフィックスというプランの4つが存在します。

データ通信をあまり行わないのでしたら、1GBを選択する良いです。
基本料金(データ通信)1,580円

通話料20円(30秒)
SMS通信料3円(通)

合計1,580円~

これをS社のホームページから、S社のiPhone6を使う場合で考えてみると、
基本料金(データ通信)5,000円

通話料2,700円(通話し放題)
SMS通信料0円
S!ベーシックパック300円
合計8,000円

U社の方が安いという事になります。
但し、通話代がかかるので、
一カ月に161分以上話すと、その差は無くなります。

また、通常、iPhoneなどを使う場合、5GBは欲しいもので、
その場合の料金は以下の通りとなります。

基本料金(データ通信)2,980円
通話料20円(30秒)

SMS通信料3円(通)
合計2,980円~

となり、一カ月に126分以上、通話すると、
その差は無くなります。

通話をする人には、悩みどころですが、
データ通信だけを考えればU社の方が断然安いです。

これに端末代金が加わりますが、
iPhone6の64GBがS社で83,280円、割引が70,320円で、

残り12,960円を二年間分割で支払っていくので、
毎月540円の支払いが加わります。

つまり、S社の場合、毎月8,540円支払ったとして、
二年間で総額204,960円を支払う事になります。

U社の方は、自分で、iPhone6を構えたという前提なので、
例えば83,280円を一括で支払っています。

2,980円×24カ月+83,280円で154,800円、その差は、50,160円となります。
50,160円を一カ月当たりの計算すると、2,090円ですので、
毎月の通話が52分までならU社の方が安いという事になります。

■普通に出来ていた事が出来なくなる

最近では、LINEなどの各種無料電話を使用している人が多いと思います。
メールも、同様で、携帯会社のキャリアメールをあまり使わない人が多くいます。

そういう人にとっては、格安スマホ(SIM)でiPhone6が使えたら最高だと思います。
もちろん、携帯のキャリアメールは使えなくなると困る人は、
格安スマホ自体を考え直さないといけません。

つまり、普通に音声通話をして、普通に携帯のキャリアメールを使っていた人には、
それ程、魅力的に思えない気がします。
普通に出来ていた事が出来なくなる事を自覚しないといけません。

■煩わしさからの解放

携帯電話が誕生した頃、端末料金もかなり高く、
毎月の支払いもとても高かったです。

それでも、ほとんどの人がポケットベルを使用し、
連絡を取っていた時代ですから、それは便利なものでした。

それが、進歩し、流通し、誰もが携帯電話を持つ時代がきました。
それによって、いつでも相手と電話が出来る、
いつでもメールが送れる様になりました。

それでも、毎月の通話料金を気にしながらだった記憶があります。
相手は家の電話だから、
どこの会社の携帯だから料金が高いとか考えたりもしていました。

メールも全部有料だから、今月は、あまり送らないとか、
相手からのメールを受信したくないと思ったりもしました。
そこまでして、毎月、料金の明細を見て、一喜一憂したものです。

それが、パケット定額となる事で、メールの料金を気にしなくて済む様になりました。
電話も、定額で、誰とでも通話が出来る様になりました。

それでも、あの料金を気にしていた頃と比べて、
毎月の支払い料金は安くなっているのです。

正に、いつでも相手と電話が出来る、いつでもメールが送れる様になりました。
その便利さが携帯電話の魅力であり、いろんな煩わしさから解放されました。

それが、格安スマホを使う事によって、通話時間を考えないといけないなど、
再び、煩わしさが戻ってくる様な気がします。

それでも、やっぱり、料金が安い方が良いと言う人は、SIMフリーのiPhone6を購入して、
格安スマホとして使用すれば良いと思います。

しかし、残念ながら、それまで販売されていたAppleでも、
販売が停止になっていて買えない状態です。

購入したい人は、楽天などの通販サイトや、
ヤフオクなどのオークションサイトで買える様です。

しかし、十万円以上する高値で取引されています。
十万円以上するなら、益々、意味が無いのでは?と個人的には思います。

お金の事は関係無い、iPhone6をとにかく使いたい人だけは別でしょうが、
それならわざわざ格安スマホでなくてもと思います。

一括0円の格安スマホを諦めても良い理由

Q.png【質問】
MNVNOの業者の格安スマホについて、教えてください。私は、今年大学へ進学しました。
実家は北海道です。
現在は、埼玉県のアパートから、都内の大学へ通っています。

これまで、スマホを持ったことがありません。
中学時代は、絶対に駄目。
高校時代は、連絡ならガラケーで十分。
こういうことでした。
両親が、厳格で、頭が固いのです。
でも、もう大学生。
親元を離れています。
自分で買うのなら、誰にも、文句は言わせませんよ。
でも、いざ1人暮らしになると、お金がありません。
仕送りは、家賃や生活費で消えます。
バイトで、どうやらプラスにしているのです。

ですから、普通のスマホは、高くて手が出ませんでした。
でも、格安スマホが出ました。
これなら、なんとか、買えそうです。
ただ、安い分だけ、デメリットがあるのか、心配です。

それで質問です。
MNVOの業者の格安スマホは、普通のスマホと同じですか?
ネットを見るなど、普通に出来ますか?

MNVOの業者の格安スマホの端末代です。
月々払いが普通のようですが。
一括0円、というのはないでしょうか?

MNVOの業者の格安スマホで、オススメを教えてください。

スマホ関係に詳しい方、回答をお願いします。

■MVNOとは?

MVNOとは、
「Mobile Virtual Network Operator」の略で、
「仮想移動体サービス事業者」の事です。

携帯電話回線などの通信基盤を、他の通信事業者から借り、
サービスを提供している会社を指します。

全国のあらゆる地域を網羅する通信に関する初期投資をしなくてよい点、
ショップなどが無く、ネット通販中心に展開している点、

国の政策で、回線の使用料が安くなった事などで、
大手3社よりも安い携帯電話を
提供できるという事になっている様です。

■一括0円は存在しない?

そのMVNO業者が扱っているスマホが、
一般的に言われる格安スマホという事です。

今、現在、DMM mobile、UQ mobile(UQモバイル)、
mineo、niftyのNifmo、楽天モバイル、So-net、

BIGLOBEスマホ、フリービットモバイル、イオンスマホ、
OCN、ヨドバシカメラ、NTTレゾナント、ユーモバイル、
freetel mobile、ビックカメラ、Amazon、

ハイホースマホ、エディオンセレクトスマホ、
SkyLinkMobile、ノジマスマホ、ヤマダ電機など、

多数の格安スマホがあります。
そして、格安スマホという訳ですから、料金は安い設定になっています。

データ通信のみだと1,000円を切るものもありますし、
音声通話ができるプランでも2,000円台までが多い様です。

ですから、安いと言っても、単純に価格を見るのではなく、
どういうサービスなのかを、判断材料にする必要が出てきます。

そして、端末代は、毎月の料金に加算される分割払いと、一括払いがあり、
なかなか、端末代金が0円というのは無いと思われます。

一時期、大手3社の携帯電話が、
「一括0円、更にキャッシュバック」などと銘を打ち、
販売競争が過熱した事がありました。

ユーザーは、何台もの携帯電話を買い、
それが儲けに繋がるという異様な姿が、
ニュースなどで話題になりました。

それは、そこまでやってでも、
ユーザーを獲得する事が最重要であった事を意味します。

それでも、毎月の使用料金で経営が成り立つから、
こういう事になったのだと思います。

端末0円の次は、毎月の料金を下げるしかなくなり、経営を圧迫し、
閉店に追い込まれる販売店も出てきたそうです。

その後、毎月の使用料金を高くしたいけど、
出来ない大手3社が出してきたものが、通話料金の定額だと思います。

最初は、希望者だけでした。それが加入者全員となり、
これにより、音声通話をあまりしない人にとっては、
かなりの料金値上がりとなったのです。

この様に料金が高くなった大手3社のスマホと比較すると、
毎月に使用料金が低価格の格安スマホでは、たとえ0円でなくても、
短期間で元を取るので、一括0円は、あまりないのではと思います。

■一括0円は存在する?

ツイッターで、「一括0円」と検索してみると、大手3社のスマホが、
一括0円という書き込みが東京、大阪を中心に多く出てきます。

一括0円だけでなく、毎月の割引も適応されるものだと思うので、
毎月の支払いは、かなりも安くなると思われます。

但し、一括0円の場合は、通常の割引より、割引が少ない事もある様で、
思ったより安くならないという事もあるので、注意が必要です。

また、ある程度、割引されたとしても、大手3社には、
電話のかけ放題というプランがついてくるので、
格安スマホより安くなる事は、ないと思います。

■何を諦めて、何を求めるか

私は、iPhoneを使っていて、毎月分割で払っていました。
インターネットをせず、電話もほとんどしないので、
毎月の支払いは、基本料金に端末代金だけでした。

二年間で、端末代金の支払いが終わり、毎月の支払いが安くなりました。
でも、ある月から再び料金が上がりました。
理由は、それまで使っていたプランが無くなったからという事でした。

しかも、毎年、プランを見直しているので、定額でない今のプランも、
いつか定額になるかもしれないと言われました。

更に、機種変更などをすれば、
間違いなく、今の定額プランになるとの事でした。

今の私の状態では、毎月6,000円以上は、かなり割高です。
それでも、今の古いiPhoneが壊れるまで使うしかない状態です。

ここで問題なのは、プランが簡単に、勝手に変更される事だと思います。
それでも、仕方ないので、大手3社でスマホを使用する場合、
毎月、高い料金を支払う事が、当たり前だと思って使わないと駄目だと諦めています。

その点、格安スマホは、毎月の支払いが、かなり安いものがあります。
それでも残念ながら、端末一括0円という店はなかなかありません。

ありませんが、料金だけにこだわるのでしたら、
一括0円にこだわる必要が、無いように思います。
何を諦めて、何を求めるかを一考してみる事です。

ヨドバシカメラの格安スマホはネットのものと何が違うの?

Q.png【質問】
ヨドバシカメラの格安スマホは、ネットのとは、どこが違うのですか。私は、看護師になる勉強をしている女性です。
母は、大阪で看護師をしています。
父は、いません。
私は、下宿をして、都内の大学へ通っているのです。

母からの仕送りは、下宿代で、ほとんど消えてしまいます。
バイトで、生活費を稼いでいるのです。
家庭教師を2つとコンビニのバイトをしています。
こういう現実なので、スマホの使用料が、重いのです。
でも、スマホのない生活も考えられません。
なんとか、食費を切りつめて、がんばっています。

ところで、ネットを見たらば、格安スマホを発見しました。
その後、ヨドバシカメラでも、格安スマホを見つけました。

格安スマホは、いいですね。
これなら、月々の使用料が、今までの半額に収まります。

それで質問なのですが。
ヨドバシカメラの格安スマホと、ネットのそれは、違うのでしょうか?
買うとしたら、どちらがいいでしょうか?

スマホの利用は。
電話とメールがほとんどです。
ネットを見るのは、1日平均1時間くらいです。
こういう使い方の場合。
どういう契約をすれば、お得になるでしょうか?

格安スマホを、実際に使われている方。
アドバイスを、どうかお願いします。

■ヨドバシカメラの格安スマホ

ヨドバシカメラの格安スマホは、ネットなどで話題となっている
格安スマホとどのような違いがあるのでしょうか?

まず、ヨドバシカメラの格安スマホは端末価格が34,585円
と他の格安スマホに比べると料金が高いのが特徴です。

そして、格安スマホは最低利用期間がないものや違約金が
ないものが多く、好きなタイミングで解約することができます。

しかし、ヨドバシカメラの格安スマホには5か月間の
最低利用期間があります。

そして、違約金は8,640円がかかります。また、端末代を
分割で払っている場合、支払中なら残金を支払うことができます。

初期費用はありません。月額3,579円~となっています。
ネットワークはDOCOMOの回線を借りて通信します。

他の格安スマホは、端末価格が10,000円台~20,000円台
のものが多く、利用料金は3,000円~3,200円です。

しかし、ヨドバシカメラの格安スマホの利用料金は他の
会社の格安スマホに比べて割高なのです。

ヨドバシカメラの格安スマホは、LTEとデザリングに対応しています。

そして、今ネットで話題の格安スマホは以下のようなものです。

「freebit mobile 」 本体価格 24,000円
月々1,000円の24回払いで支払うことができます。

そして、月々の利用料金は1,000円です。利用料金と
端末代を合計しても2,000円で利用することができます。

さらに2014年のグッドデザイン賞を受賞しているので、
かわいくて使いやすいデザインとなっています。

こちらの格安スマホはDOCOMOの通信回線を利用しています。
通話料金がお得なIP電話で、Gmailなどの好きなメールアドレスが
つかえます。

また、音楽プレイヤーも搭載されていますので、音楽を楽しむ
こともできます。

ヨドバシカメラの格安スマホは、他の格安スマホと通常の
スマホの中間くらいなのです。

利用料金についてもそうですが、機能、サービスについても
そうなので、充実したサービスを受けることができます。

また、通信環境も整っているので、他の格安スマホよりもいい
状態で通信できます。

格安スマホよりも、少し高めの料金で、少しいい機能やサービス
を受けることが出来るのが、ヨドバシカメラの格安スマホの
特徴なのです。

■SIMフリーのスマホなら

スマホの中には、SIMフリーというジャンルのスマホがあります。
SIMフリーとは、自分の好き案SIMカードに変更できる機種のことを言います。

しかし、何でもいいというわけではありません。
スマホには、それぞれ対応している通信回線があります。

DCOMOの回線に対応しているスマホなら、DOCOMO、
ソフトバンクの回線に対応しているならソフトバンク、auの
通信回線に対応しているのならauのSIMカードしか使えません。

そして、格安スマホのSIMカード版の格安SIMカードも登場
しているので、通信会社さえ合っていればそちらに変更
することも出来ます。

最近はオンラインでSIMカードを購入することができますので、
以前よりも手軽になっています。

■手軽に試せる格安プリペイドSIM

格安SIMや、格安スマホにしてみたいけど、踏ん切りがつかない、
もしトラブルがあったらいやだという人はプリペイドの格安SIMを
利用しましょう。

通常のSIMカードと比べるとすこし割高ですが、 一定期間
お試しが出来るというポイントは、料金を上回るメリットなのです。

格安SIMは、どのような電波状況か、どのような速度なのかを
チェックするにはうってつけなのです。

DOCOMOにも、ソフトバンクにもauにも数機ですがプリペインドの
SIMを使える物があります。

■格安スマホの電波状況

格安スマホは、通信制限があるので、通常のスマホ、キャリア
スマホとは全く違う通信状況なのです。

まず、ネットを利用する時の通信速度は、メール、SNSは問題
ない速度ですが、動画サイトなどは、読み込むのにとても時間
がかかります。

また、再生するのもスムーズとは言えない状態です。

格安スマホを利用している人は、メール、SNS、通話は
格安スマホで、動画サイトなどはパソコンやタブレットで、
と使い分けをしている人がほとんどのようです。

また、自分がどのような機能をお求めていて、どのようなネット
利用頻度なのかをしっかり把握することも大切になって来ます。

格安スマホはとてもお得で酢。しかし、便利とは言えないのです。

工夫次第でその不便な部分がカバーできますので、格安スマホ
の特徴をしっかり把握してから購入するようにしましょう。

そして、格安スマホは常に進化しています。
最新情報をチェックしましょう。

ビックカメラの格安スマホとネットの格安スマホの違いは?

Q.png【質問】
ビックカメラの格安スマホは、ネットのとは違うのですか。私は、大学生の男性です。
実家は、岐阜県です。
下宿をして、都内の大学へ通っているのです。

もちろん、仕送りだけでは生活出来ません。
家庭教師とコンビニのバイトで、生活をしています。
いちばんきつい出費が、スマホ代です。
それなら、スマホを止めればいいじゃないか、とは言えます。
でも、スマホのない生活は、考えられません。
ギリギリで、スマホ使用料を作っているのです。

ところで、この前、冷蔵庫が壊れたので、ビックカメラへ買いに行きました。
そうしたら、格安のスマホを発見したのです。
スマホ使用料が、今までの半額です。

ふと思いついて、ネットを調べました。
そうしたら、かなり、格安スマホの会社を見つけたのです。

それで質問なのですが。
ビックカメラの格安スマホと、ネットのそれは、違うのでしょうか?
買うとしたら、どちらがいいでしょうか?
私としては、ビックカメラで買おうかな、と思います。
店員と話しながら、現物を手に取れるのです。
安心感があります。

皆様は、どう思われます。
ネットの販売会社で買われた方、いらっしゃいませんか?

格安スマホを、実際に使われている方。
感想やアドバイスを、どうかお願いします。

■ビックカメラの格安スマホ

ビックカメラから販売されている格安スマホ「うれスマ」は、
ネットなどで販売されている格安スマホと何が違うのでしょう?

一番は、価格と機能です。格安スマホの月々の利用料金は
3,000円~3,200円程度なのです。

しかし、ビックカメラは月額3,467円となっています。
ですので、格安スマホにしては料金が割高ですね。

そして、機能とサービスですが、基本的に格安スマホは
通信制限があり、通信速度が遅くデータ量もすくないのです。

しかし、ビックカメラの格安スマホは1GBまで高速データ通信
をすることができます。

これは、1世代前のガラケー並みのサービスですので、
とても満足できる内容となっています。

普通の利用料金のスマホをキャリアスマホといいますが、
ビックカメラの格安スマホはキャリアスマホと格安スマホの
中間地点にあるといえます。

スマホの性能も欲しいけど、月々の利用料金も下げたいと
いう方にピッタリのスマホなのではないでしょうか?

また、ビックカメラには、うれスマ以外の格安スマホもあります。
これらはネットで売られている格安スマホとほとんど変わらないです。

機種によって機能が違い、プランによって、通信出来る
速度、容量が違うので、自分に合っているものを選びましょう。

また、ビックカメラの格安スマホはDOCOMOの通信回線を
利用しています。

格安スマホはキャリアのスマホと違い、専用の通信回線を
もっていません。

ですので、大手の通信会社から回線を借りて通信を
行っているのです。

ビックカメラの場合は、DOCOMOの通信回線ですので、
日本全国を対象としている通信エリアは、安定した通信を提供します。

■ネットで話題の格安スマホ

では、ここからはネットで今話題になっている格安スマホを
ご紹介いたします。

イオン「ALCATEL(アルカテル)」 本体価格 34,464円
月1,436円は24回払いで支払うことができます。

最低利用期間はなし、違約金なしとなっています。
初期費用は3,240円で済みます。

月々の利用料金は、3,218円~となっています。
契約期間中は公衆WIFIを無料で利用することができます。

機種変更の場合は、MNP番号を利用することができるので、
気軽に機種変更できます。

こちらの格安スマホもDOCOMO回線を利用して通信をします。

UQ mobile 「京セラ KC-01」 本体価格 32,140円
月1,339円の24回払いで支払うことができます。

最低利用期間は1年間となっています。

違約金は10,260円とアシスト解除料金は2年以内で
解約した場合のみ発生します。

初期費用は3,240円となっています。
月々の利用料金は3,153円~です。

一部の家電量販店でですが、MNPが可能となっています。
こちらの格安スマホはauの通信回線を利用して通信を行います。

■最安値の格安スマホ

ビックカメラの格安スマホとネットで紹介されている格安スマホ
の違いが分かったところで、次は業界最安値の格安スマホを
ご紹介いたしましょう。

「freebit mobile 」 本体価格24,000円

本体価格は24,000円と安くはありませんが、月々1,000円
の24回払いで支払うことができます。

利用料金は、月々1,000円となっています。

本体価格と月々の利用料金で2,000円で利用すること
が出来るスマホなのです。

中学生や高校生のお子さんに持たせるスマホとしても、主婦の方が
自分で持つスマホとしてもとても人気のある格安スマホです。

■スマホの電力を長持ちさせるには?

便利な機能を持っているアプリは起動しているだけで、
電力を消費してしまいます。

ですので、使っていない時は、アプリは閉じておきましょう。
小まめに終了させることで、スマホの電力は長持ちします。

また、電波が悪いところでは、スマホの電力を一番
消費してしまいます。

ですので、電波が悪いところにる時は、スマホの電力をオフに
するようにしましょう。

電波をキャッチしようと必死になり、スマホの電力がどんどん
減ってしまうのです。

また、夜寝る前にはスリープモードにするようにしましょう。
スリープモードにすることで、電力をほとんど使わないで節電になります。

また、スマホを長時間いじらない時などもスリープモードに
するとわざわざ電源を切らないでも電力を消耗しないで済みます。

常にスマホを触っていないと気が済まないという人も
いるかもしれませんが、そうでないのなら1日のうちに、
数回スリープモードを利用するようにしましょう。

また、明るさとサウンドを自分で小さめに設定をすることで、
電力の節電になります。

中学生に向いている格安スマホはありませんか?

Q.png【質問】
毎月の支払いが安い格安スマホを、教えて下さい。私は、私立高校へ通っている高校生です。
名前は出せませんが、けっこう有名な受験校です。
私の成績は、まあまあです。
日東駒専なら大丈夫、ということです。

出来るなら、公立の大学へ行きたいです。
これ以上、親に負担をかけさせたくないのです。
現在も、学費やスマホ代で、かなり大変だと思います。
両親は、何も言わないけれど。

ところが、最近、格安スマホが出ましたね。
これにすれば、親も、喜ぶと思います。

それで質問なのですが。
格安スマホにすれば、月々の使用料は、いくらくらいで済むでしょうか?

私が知っているのは、イオンとヤフーですが。
格安スマホの会社は、他にもいろいろあると思います。
いちばん、安い会社を教えて下さい。

なお、私は、ほとんどネットは見ません。
家族間の電話とメール、それにLINEくらいです。
こうした使い方では、どういう契約をすればいいのでしょうか?

スマホとかパソコンなど、IT関係は、苦手です。
この方面に詳しい方、どうか易しく教えて下さい。
回答を、お願いします。

■中学生に向いている格安スマホ

通常のキャリアスマホの半額以下の料金で利用できる
格安スマホは、節約志向の強い人、スマホをあまり使わない人、
そして、お子さんにスマホを買い与えたい人に人気です。

ここでは、格安スマホの中でも、特に格安な機種を
ご紹介いたします。

「freebit mobile 」 端末価格 24,000円
端末価格は24,000円ですが、月々の利用料金は1,000円
ととてもお得な料金です。

さらに、端末価格は月々1,000円の24回払いで支払うことが
できるので、月々総額2,000円で利用できます。

2014年のグッドデザイン賞を受賞している機種ですから、
とてもおしゃれでかわいらしいデザインです。

女子中学生にピッタリの格安スマホですので、お子さんも
気に入ってくれることでしょう。

また、月々500円で端末の破損、紛失、盗難などに対応
してくれる安心オプションがあります。

初月は無料ですので、加入することをおススメいたします。

イオン「ALCATEL(アルカテル)」 本体価格 34,464円
月々1,436円を24回払いで支払うことができます。

最低利用期間はなく、違約金も発生しません。
初期費用は3,240円となっています。

月々の利用料金は3,218円~となっています。

契約期間中、公衆WIFI「Wi2 300」を無料で利用することができます。

機種変更には、MNP番号という電話番号をそのまま使える
番号が適応されますが、少し時間がかかります。

イオン「富士通 Arrows M01」 本体価格 39,657円
月々1,652円の24回払いで支払うことができます。

最低利用期間はなく、違約金はかかりません。
初期費用は3,240円となっています。

月々の利用料金は3,110円~となっています。
契約期間中、公衆WIFI「Wi2 300」が無料で利用できます。

こちらの機種もMNP番号が利用できます。
公式サイトから申し込み、数日後に完了します。

■お子さんにスマホを持たせるなら

お子さんにスマホを持たせている保護者のほとんどが
お子さんとスマホの使い方について、ルールを決めています。

「夜寝る前には、親にスマホを預けてから寝る」
「スマホをいじる時はリビングでいじる」
「スマホを壊してしまったら、自分で弁償をする」

このような簡単にルールで構いませんので、親子で話し合い、
事前に決めておきましょう。

また、夜何時以降はスマホをいじらないなどのルールも作って
おくとお子さんが深夜まで、スマホをいじるのを防ぐことができます。

■学生のスマホと勉強時間

中学生がスマホを持つと、勉強時間が減ってしまうのではないか
と保護者の方なら誰でも思うはずです。

中学生のお子さんを持つ保護者を対象にとったアンケートでは、
以下のような結果となっています。

中学2年生のスマホを持ている生徒の勉強時間が以前に
比べて減った割合は34,2%です。

増えた割合は0%で、変わらない割合は65,8%です。

私たちが抱くイメージほど、勉強時間にはスマホは影響を
及ぼさないということが良くわかります。

また、スマホ依存症になっている未成年者の割合は9%となっています。

保護者がシッカリとお子さんのスマホの使う頻度をコントロール
しているし、お子さん自体もスマホを使いすぎないように注意を
しているのです。

基本的なルールを決めて、後はお子さんに任せているという
家庭も多くあります。

お子さんの様子を小まめにチェックして、どのようにするのが
一番いいかを判断しましょう。

■格安SIMでお得にスマホを持つことも出来ます!

スマホの中には、SIMフリーと呼ばれる自分の好きなSIMカード
をさせるスマホもあります。

SIMカードとは、スマホの中に入っているとても小さな
カードのことで、スマホの電話番号やメールアドレスなどの
個人情報を所有しているカードです。

このSIMカードを自分の好きなカードに変更することができるのが、
SIMフリースマホと呼ばれるものです。

最近は端末価格がとても安いSIMフリースマホも販売
されているので、是非チェックしてみましょう。

SIMカードの中にも格安SIMがあり、月々数百円で理由
することができます。

格安スマホで良い機種が見つからなかったら、SIMフリーの
スマホで格安SIMを利用する方法もあります。

スマホを持つのはお子さんですが、購入するのは保護者
ですので、お子さんに、「親のスマホを借りているだけだ」と
いう意識をしっかり持たせましょう。

また、スマホの利用料金の節約も必要ですがスマホの電力を
節約することもとても大切です。

スリープモードなどを積極的に活用して、電力を消耗しないよう
にお子さんに指導しましょう。