スマホを持っている中学生は34%!この所持率をどう思う?

Q.png【質問】
中学生がスマホを持つことについて、教えてください。僕は、中学3年生の男子です。
僕の周辺では、みんなスマホを持っています。
でも、僕は持っていません。
親が、許してくれないのです。
これでは、いまどき、厳しすぎると思うのです。
皆様の家庭では、どうでしょうか?ともかく、何とか説得したいのです。
聞いた話ですが。
中学生のスマホの所持率は34%ということです。
これ、正しいですか?

iPod touchやウオークマン所持者をプラスする。
そうすると、過半数を超えるそうです。
これ、正しいですか?

僕は、スマホがありません。
しかも、iPod touch、ウオークマンも持っていません。
ほとんどの中学生が持っているのだから、僕も欲しい。
こういうふうに、親を説得するつもりなのです。
どうでしょうか?
もっといい説得方法があれば、教えてください。

念のため、お聞きしますが。
iPod touchやウオークマンでも、LINEは出来ますよね?
LINEがやりたいのです。

どうか、回答をお願いします。
それと、下手な文章でごめんなさい。
国語は、いちばん成績が悪いのです。

■中学生がスマホをもつということ

中学生はまだ未成年ですし、高校生と違い自分でお金を稼ぐことも出来ません。
ですので、スマホのような月々の利用料がかかる電子端末を所持するには親の同意が必要です。

そして、他人と簡単に繋がることができるスマホやライン機能はさまざまな犯罪の温床と
なっているのも現実です。

中学生がスマホを持つというのは、メリットだけではないのです。

■中学生のスマホ所持率が34%

現在、中学生はスマホを所持している確率は34%なのですね。
私は率直に「意外と少ないな」と思いました。

現代っ子なら、所持率50%は超えているのかとイメージしていました。

保護者の方々が現代的な犯罪からお子さんを守りたいという気持ちのあらわれでもあり、
また、お金の無駄遣いを覚えさせたくないという親心なのではないでしょうか?

中学生を狙ったサイバー犯罪(インターネット上の犯罪)は年々増えているので、「スマホ=危険」
と認識する親御さんがいるのも、当然なのではないでしょうか?

私もそのイメージがとても強いので、中学生がスマホを持つことには反対です。
しかし、親子間でしっかりとしたルールを作ることでスマホのメリットを正しく活用できます。

スマホのメリットは以下のとおりです。

・友達とコミュニケーションが増えて、今まで以上に仲良くなれる
・勉強や受験などに必要な情報をその場ですぐに検索できる
・興味のあることの情報を手に入れやすいので、学校で教わる以外のことを追求しやすい

上記のモノ以外にも、さまざまなメリットがあります。
そして、デメリットは以下のとおりです。

・ワンクリック詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性がある
・見ず知らずの人でもコンタクトをとれてしまうので、ストーカーや連れ去りなどの危険がある
・ポルノなどの教育上よくない情報も簡単に手に入れられてしまう

親御さんが心配をするのはこの3点ではないでしょうか?

大切なのは、当の親子同士でしっかりと話し合い、スマホを持つうえでルール作りをすることです。
質問者様の親御さんと質問者様ご自身が納得した上でのスマホ所持なら問題ないですよ。

■中学生の半数以上がLINEをやっていること

中学生の半数以上がLINEをやっているということについて、スマホ所持率と同じように
イメージよりも少ないと感じました。

スマホ同様、LINEにも安全に利用する上で気をつけたいポイントがあります。
ここで、ご説明いたしましょう。

まず、LINEにはスマホのアドレス帳の情報から自動的に「ともだち登録」する機能があります。
この機能の他にも、「ともだち候補」を上げる機能もあります。

いちいち、自分でともだちを追加しなくて済むので楽なのですが、同時にLINEのサーバーに
個人情報がおくられることになりますので、「不許可」に設定した方が防犯性は高まります。

■未成年の自分専用のインターネットツール

現代の日本では、未成年の38,7%が自分専用のインターネット接続ツールを持っています。

家族で使っているノートPCが一番多く、実に半数以上の割合を占めますが、
携帯ゲーム機、音楽プレイヤーと続きます。

中学生で自分専用のインターネットツールを持っていない人は意外と多くいるので、
質問者様のご家庭が特別厳しいというわけではありません。

また、高校生のスマホ所持率は88%と大変高いので、質問者様も高校生になってから持てると思います。
高校に入学するタイミングで初めてスマホを持つことも遅くはありませんよ。

他の家庭に比べて、早いか遅いかはあまり問題ではありません。
大切なのはさっきほどもお話ししたように質問者様と保護者様の考え方が合致していることです。

■アメリカの親子が作ったスマホの約束

今年の1月にアメリカの親子が作ったスマホに関する約束が日本の新聞に載り、とても話題となりました。
ここでその中から特に多くの方に共感を呼んでいるポイントをご紹介しましょう。

・スマホは親のものです。親が料金を払っています。あなたは親からスマホを借りているのです。

・パスワードは親に必ず報告すること

・スマホは平日は19:30に、週末は21:00までに親に返却してください。
翌日の朝7:30まで電源はオフになります。

・スマホでやり取りをすることは直接話もしなさい。

・万が一、壊してしまったら、自分でお年玉で弁償してください。

・友達や親の前で言えないようなことをスマホを使って発信視野いこと。
人に面と向かって言えないことも発信しないこと。

・スマホの使い方を間違えたら、スマホは取り上げます。そして一緒に話し合いをしましょう。